スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「アメリカの友人」

 2005-08-24
仏独合同芸術系インテリ系TV局、ARTEで、8月はヴィム・ヴェンダース映画を毎週放映しています。「ベルリン・天使の詩」など見逃してしまった。
先日「Dead man」を観たときにヴェンダースのことなど思い出してしまったので、記憶が薄い「アメリカの友人」を、良い機会なのでもう一度観なおしました。

20050824232052.jpgストーリーは、ハンブルグに住む、血液の病気に侵された額縁作りの職人が、アメリカ人の美術商と知り合ったことから始まります。そのアメリカ人、トム・リプレーはマフィア絡みのフランス人、ミノから殺人の相談を受け、余命少なく金が入用であろう額縁職人、ヨナタン・ジンメルマンに依頼することを提案、接触をはかります。ミノはヨナタンを病院で検査をするという口実で呼び出し、殺人を実行させようとします。そこからジンメルマンとリプレーの奇妙な友人関係(?)が発展する、という、まあFilm noir(んんん、日本語でこういうのなんていうのだっけ??)というやつですね。

しかしね、やっぱりイマイチでした。「面白い!」とは言えない…。
デニス・ホッパーは出色でしたけれども。
どうもたらたら長いんです。ヴェンダースの他の映画もそういうのあるけど。
それから、フランス人の役者(ジェラール・ブラン)、英語の発音が悪すぎ!聞いているのが辛かった。

「アメリカの友人」 の続きを読む

「黒い雨」、「L'ARBRE DE NOEL」、つまり原子爆弾のこと

 2005-08-11
今日はちょっと帰りが遅く、ご飯を食べながらTVをみよー(お行儀が悪いですか)とチャンネルをまわしたら、ARTEで「黒い雨」をやっていました。もう始まっていたので、なんとなくちゃんと観る気がしなくて、他を探すとFRANCE3でも映画。「L'ARBRE DE NOEL」(監督:テレンス・ヤング)というフランス-イタリア映画でした。
「黒い雨」は以前に観たことがあるのですが、あまり印象に残っていません。田中好子(スーちゃん!)がなかなかの好演だと思ったのと、「笑っていいとも」でロケが山奥だったので撮影中は生活が不便で大変だったと話していたなあということくらいしか覚えていない。あと、鯉がはねて気が狂うとこ。なぜそれほど印象に残らなかったかというと、自分が知っている反戦思想の範囲・その視点でしか観ていなかったからだと思います。それと深夜で眠かったから…。今村昌平のあの淡々としたリズムは眠い時には辛い、と言い訳。
「L'ARBRE DE NOEL」の方は、もう…最初から「なに、このわざとらしい演技?」と思いながらも観ていたのですが、とうとうつまらなくなってチャンネルを替え、でもやっぱりちょっと続きが気になる、ってことで、結局「黒い雨」と交互に観ていました。(こういう映画の観方って間違ってるよなあ~と思いつつ。)ストーリーは、母を亡くし、父親とコルシカ島へ夏のヴァカンスに出かけたパスカル少年が、海で遊泳中に軍用機の事故を目撃、そこに積まれていた原子爆弾が爆発し放射線を浴びて不治の病になってしまい、父親はパスカルを連れて田舎のお城にひきこもって最後の日々を送る、というものでした。
なるほど~、「黒い雨」も「L'ARBRE DE NOEL」も原爆関連なのか、もしかしてフランスもちょっと関心度を高めようとしてるのかな?なんて思いました。
しかし、「L'ARBRE DE NOEL」は「子供可愛い」ばっかりで、あんまり原爆に関係がなかったなあ。一応、番組宣伝はそれに出ているブールヴィル(Bourvil)という俳優の映画をやりますということだったし。
この二つの映画の違い、「黒い雨」がユーモアを交えながらそれで逆に物悲しさがじんとくる現実味のある映画なのに対し、「L'ARBRE DE NOEL」は不治の病の子供とそれを見守る父親という悲劇なんだけど「物語り」でしかない映画。両者の共通点は原爆による被害にあるのですが、前者は原爆と戦争そのものを問うのに、後者にとって原爆は物語の単なる契機でしかない。ここに原爆被害を実際に受けた日本と、原爆実験を続けていたフランスの姿勢の違いが現れているような気がしました。勿論、アラン・ルネの「ヒロシマ・モナムール」のようなフランス映画もあるわけですが。

「黒い雨」、「L'ARBRE DE NOEL」、つまり原子爆弾のこと の続きを読む

「Dead man」 追記

 2005-08-02
観てから時間が経っちゃいましたが、「デッド・マン」再考・追記です。

ジム・ジャームッシュの映画、考えたらあんまり観ていない。でも思い起こすと、なんとなくヴィム・ヴェンダースに近いものを感じます。と思ったら、ジャームッシュはヴェンダースの助手を務めていたらしい。
何が近いかというと、「異邦人」感。主人公たちが、なんとなくその土地、周囲に馴染んでいない、どこか浮いているような存在。ヴェンダースはフランスに留学して映画を勉強していたときに異邦人体験をしていると思うのですが、ジャームッシュは??アメリカ生まれのアメリカ育ち、学校もニューヨークですよね。まあアメリカっていってもめっちゃ広いわけだから、ニューヨークで異邦人体験をしたのかも?
そうでなくても、多分、生まれながらにして、どこか世間と馴染めない、なんとなく自分は周囲から浮いている、と感じる人はいると思います。それが性格や気質のせいだったり、家族の歴史のせい(移民家族であるとか)だったりするかもしれませんが。
私は、そういう異邦人感のある作品って結構好きみたいです。他に?と聞かれるとぱっと思い出せませんが…。そういえば大好きなジョン・アーヴィング、小説家ですが、オーストリアだったかドイツだったかに留学した体験が作家としての自分に大きな影響を与えたと言っていました。(「ホテル・ニューハンプシャー」ではウィーンに行くし、「ウォーター・メソッド・マン」でもたしかそっちの方へ行く。そして乗るのはルフトハンザ。)

そしてもうひとり、「デッド・マン」を観ていて思い出したのがアキ・カウリスマキ。なんかユーモアセンスがすごく似てる気がしました。たしか「ナイト・オン・ザ・プラネット」では、ヘルシンキ編でアキ・カウリスマキが出ているのではなかったっけ。なんとなく気が合いそうな二人。

「Dead man」 追記 の続きを読む

ヴィレット野外映画上映:「Dead man」

 2005-07-29
ヴィレット公園での野外映画上映、先週から今夜の上映を心待ちにしていました。ジム・ジャームッシュ監督の「Dead man」です。

同居人が不在なので、ひとりで行ってきました。いちゃいちゃカップルや、ピクニックの若者グループに囲まれつつ、後方に場所をとったので大人しい雰囲気。でも映画が始まったら、やっぱり前の方で観たかったなあ~と思いました。画面が遠いよぉ~!
それに、自分自身、書いたことですが、映画館で観るのと違って集中できない。移動する人(トイレに行ったり途中で帰ったりする人)が結構いて、邪魔!画面がさえぎられます。

さて、始まったのは10時半。ヴィレット公園に向かう途中、黒い雲の塊がせまってきていて、ぽつぽつと来たので「やばいなー」と思ったのですが、結局降りませんでした。よかったあ。でも風が吹くとやっぱり寒いです。長袖2枚着込み、首にはスカーフ。

20050730011802.jpgで、映画。
最初の30秒で「これはちょっと辛い」という予感。白黒だし、画面が遠くて見づらい。こういう状況の問題、集中できるかできないかで感想が左右されえる映画だということも含め、ちょっと辛い映画かもしれないなあと思いました。
しかし、最初の数カットで「ナイト・オン・ザ・プラネット」を想起。やっぱりジム・ジャームッシュ節みたいなものがあるのでしょうか。
淡々と流れていくストーリーと映像にマッチした音楽(ニール・ヤング!)がかっこよく、ラストシーンでは詩的な美しさにじーんときました。
若輩の頃、評判になったので観てみた「ストレンジャー・ザン・パラダイス」、妙に面白かったことを思い出しました。何がと言われると困るんだけど。
そう、「何が?」と問われると何とはっきり具体的に言えない面白さ。「面白さ」というのもぴったりこないんだけど。
それから、今まで読んだ記事やあらすじの中で覚えているのは「詩人」というキーワード。そしてジム・ジャームッシュだしロード・ムービーのイメージを持っていました。しかし、これってウエスタンだったのね。いや、わからないけど、ジム・ジャームッシュはウエスタンを撮りたかったんじゃないかなという感想を持ちました。早撃ちとかね。それともジム・ジャームッシュがウエスタンを撮るとこうなる、というか。私はウエスタンって全く観ないのでわからないのですが、何かへのオマージュが入ってたりするのでしょうか。

それにしても、ジョニー・デップ。
やっぱりなんとなく印象薄い!!

ティム・バートンとジョニー・デップ

 2005-07-19
「Charlie et la chocolaterie」の感想再考です。

ジョニー・デップがなぜティム・バートン映画の中ではまり役なのか。

ジョニー・デップって端正な顔立ちだけど、ただでさえ人の顔を覚えるのが苦手な私にとって、彼の印象って薄いんです。多分、街で会っても気付かない。(←これはすごく自信があります。カトリーヌ・ドヌーブすら分からなかったんだもの。)
だから他の映画に出ているジョニー・デップって、まあほとんど観ていないけど、存在感が薄い感じ。
「ショコラ」も、前もってジョニー・デップが出ていると知らなければ「へー、まあまあかっこいい俳優さんじゃないの、このジプシー役のひと」ぐらいにしか思わなかったと思います。(ジョニー・デップファンにとび蹴りくらいそうだなあ…。)

しかし、「シザー・ハンズ」でジョニー・デップがブレイクした理由、なんとなく分かります。生みの親である発明家以外の人間を知らなかったエドワード、外の世界を知らなかったエドワード、しかも発明家が急逝して以来ひとりでお屋敷の中で生きてきた彼は、ナイーブな心をもっている。知らずに他人を傷つけた自分の罪の深さと、周囲の人間の冷たい視線に傷つき、どうしていいかわからなくなるエドワード。もう「かわいそう!」っていうか「かわいい!」っていうか。
また、「スリーピー・ホロウ」では、幽霊なんかいるわけないじゃん!僕が真相究明してあげますよ!って自信満々、科学的精神をもって不可解な事件が次々と起こる古い村に乗り込むクレーンは、どこか子供っぽい探究心と熱心さをもっている。そしてある秘密を探りあてた彼は、子供みたいに誇らしげ。か、かわいいよ、やっぱり!

そう、ティム・バートンの映画に出てくるジョニー・デップは、どこか「かわいい」のです。子供っぽさ、純真さがにじみ出ている感じ。
「チャーリーとチョコレート工場」(という邦題なのか知りませんが)の中でも、ジョニー・デップの役どころは、長い間チョコレート工場にひとり閉じこもってきた世間知らずなウィリー・ウォンカ。
ティム・バートン監督作品のなかで、ジョニー・デップが魅力的なのは、ジョニー・デップからにじみ出るナイーブさと、ティム・バートンの無邪気さ、子供っぽさがマッチするからではないか、と思いました。
↓「Charlie et la chocolaterie」のウィリー・ウォンカ(ジョニー・デップ)
johnnyinwilly.jpg


とかいって、感動の名作という「ギルバート・グレイプ」やら「カリビアの海賊」やら観たことないんですけどね~。あははは。
ものすごい限られたサンプルからこんなこと考えてみました。(ジョニー・デップファンに首を締められそうだなあ…。)


いつまでかわかりませんが、予告編がみられるサイトがあります。
(サイトはフランス語、予告編は英語にフランス語字幕)
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。