スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

てんとう虫の幼虫

 2005-06-17
夕方、園芸ショップ「Truffaut」にてんとう虫の幼虫を買いに行きました。

この季節、も~うアブラムシがすごいですから。で、数日前に、Truffautでてんとう虫の幼虫を売っていることを知り(売っているなんて思ってもみませんでした!)購入を心に決め、その餌にするためアブラムシを野放しにしていました。「ふっふっふっ、今にみておれ、お前達はみんな食べられてしまうのだ。」と余裕をみせていたのですが、しかしきゃつらの繁殖力はすごい。さすがの天敵でさえもかなわないかもしれないほどに増えてしまった。とりあえず、花もついてしまったし収穫を諦めたロケット菜はアブラムシの住み処となっております。

さて、お店の中の適当な売り場をのぞいてみましたが、どうも見当たりません。店員さんに聞いてみたら、切花の売り場にあるとのこと。何故切花の売り場?と不思議に思いつつ、頼んだら冷蔵庫から出してきてくれました。成長が進みすぎないように冷蔵庫に保管してるんですね~。
てんとう虫の幼虫たちは、ポップコーンと一緒にプラスチックケース(3cm×5cmくらい)に入れられていました。お店で見たときはあまりたくさんいるように見えなかったのですが、帰りの地下鉄の中でレシートをみたら「てんとう虫幼虫60匹」と記載されていました。えっ、60匹!?と、袋に閉まったケースをのぞいてみると…うようよ。ポップコーンに隠れていたのが、冷蔵庫から出されて活動的になったのでしょうか。ぎょえ~。

ま~、虫です。見て嬉しがる人も少ないと思いますので、写真は省略。

うちに帰って早速アブラムシ軍団の中へ放してみましたが、アブラムシに全く興味を示さない…。しばらく観察していたのですが、幼虫たちはアブラムシを乗り越えたり、出会い頭に方向転換したりしている。お腹一杯なの??
まあ仕方ありません。明日以降に期待です。てんとう虫がアブラムシを捕獲して食べる様子をじっくり観察するつもりです。ふふふふ。

園芸:事の始まり

 2005-06-16
先だってうちの植物たちをご紹介しましたが、去年、突然園芸に目覚める前は全く草花に興味がありませんでした。

avocat.jpgきっかけはアボカドです。めっちゃのびるのが早いのです。特に春。2月の終わりから3月にかけて、2週間不在にして戻ってきてみたら驚愕の生長ぶりでした。同居人が種から育ててかれこれ3年目なのですが、今では私の背よりも高い。来年は天井に届いてしまいそうです。困った。ちなみに、これも食べた後のアボカドの種からです。

というわけで、日に日に成長する植物をみて「おもしろい!!」となり、食べられるものを育てて実利も得ることを考え、手始めにサラダ菜4種類の種、ハーブなどを買ってみました。しかし、全く無知の初心者。土は何でもよいのか?肥料は?など、色々と調べるうちにはまっていきました。そして、鉢を増やし出したら止まらなくなり、バルコンは鉢でいっぱいに。特に種から育てると、発芽した苗をもったいなくて間引いて捨てることができなかったりして…。無理やり人にあげたりしました(迷惑)。
しかし、植物の手入れって結構時間がかかるんですよね。鉢を増やした分、手がまわらなくて、虫がつきまくり。なるべく薬剤を使いたくなかったので、唐辛子スプレーとか、アルミホイルでアブラムシ除けを作ったりしてみましたが、完全駆除はムリでした。虫に敗北。今年はなんとかしたいものです。

結局、植物を観賞して愛でるというより、成長させる知識の吸収と実践にはまったわけなのですね。なので、最終的に口に入らなくても、園芸の楽しみは減りません。味わえたら尚良し、という程度です。
実際、ほんっとに植物観賞にはあまり興味が薄くて、お花を愛でるとかそういう感性に欠けてます。いいまだに切花はあまり好きではありません。好きな花もありますが、かなり好みが偏っているうえ、数が少ない。「花は嫌いって言ってたのに?」と旧友には不思議に思われたかもしれないのですが、そのへんは変わっていないんですよ~。鉢植えでも花ものだと気に入らないものの方が多いです。
cafeier.jpgで、園芸熱に動かされてインターネットにかじりついて検索したりしているうち、自覚したのですが、どうも私は木が好きみたいです。うちの植物たちも、木ものが多い。





←コーヒーの木

木が好きとなれば、将来は盆栽をやるようになるかもです。
でも優柔不断な性格が災いしてなかなか剪定できない(切り落とす枝を選べない)からなあ…どうだろう。

うちの植物たち

 2005-06-09
狭いながらも楽しいバルコン。
昨年、突然目覚めたガーデニング熱で、バルコンは鉢でいっぱいになりました。冬の間にその数は減り、今年は自制中。

miniserre.jpgといいつつも、種蒔き。
京都の友人が送ってくれた唐辛子、そしてバジリコとベルガモットを育成中。

01062005olivier.jpg去年は衝動買いが多かった…。この鉢もそのひとつ。小さなオリーブの木です。
今の季節、花が満開。
それにしても花つきが良すぎ…。花粉がすごいですよ。
去年はたくさん実がつきましたが、ほったらかしておいたらちっとも大きくなりませんでした。今年は、間引いて幾つかだけ大きくしてみようかと思っています。食べられるかな~。

01062005ciboulette.jpg食べられるかな~…って、実はそれが目当てのガーデニングなのです。
でも去年は虫がつきまくりで、育てただけで終わってしまった。(食べられなかった。)
今年は植え替えて元気に花までつけてくれたチャイブ(フランス名はシブレット)、虫がつきにくいのでたくさん収穫する予定。

01062005lavandes.jpg実用性重視、ってことで、香るものも。
種から育てたラベンダー。種からは難しいと聞いていたので、今年はたくさん花が咲いて嬉しい。しかし肝心の香りが弱いのが残念。

citronnieretpamplemousse.jpgなんといっても種から育てるのが楽しいのです。
で、自分が食べたグレープフルーツ(上)とレモン(下)から種をとって発芽させてみたり。
っていうか、種が欲しくてグレープフルーツを買って食べたんだけども。

今年はなんと!バルコンにミニ温室を設置してしまいました。
そのうち写真をアップしま~す。
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。