スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

彼岸花

 2012-07-19
半分疑わしいメールがきて、なんだか変だと思ったら、悲しい報せの前ぶれだった。

どうしてもっと連絡をとってあげなかったんだろう、とか、どうして相談してくれなかったんだろう、とか、ありきたりのことだけど、やはりそういう疑問が頭に浮かんでしまう。
きっと家族や彼氏ならもっともっと自分を責めたり問いつめたりするだろう。
「助けられなかった」自分のふがいなさや、自分が彼女にとって大した存在ではなかったのではないかという裏切られたような気持ち…自責と怒りもわくだろう。
もっと生きたいと望みながら死んでしまう人もいるのに、どうしてわざわざ…と叱責したい気持ちにもなる。でも、それとこれとは別なのだ。死にたい人と生きたい人の違いは大きすぎる。

きっと誰のせいでもない。
それはいつもエゴイストな行為だ。

よく笑う可愛い子だったのに。
と、彼女の笑顔を思い出すと泣けてくる。

夫がかけた工藤礼子の音楽が今日の午後には悲し過ぎた。


Reposes-toi en paix, G.
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/782-80bdd178
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。