スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

マクドナルド

 2011-06-19
先日、ツイッターでつぶやいた(ここにアーカイブなし)のですが、先週、仕事先で同僚がファーストフードの裏側潜入ルポみたいなのをテレビで見たという話をしてくれて、さむ~くなりました。
ねずみの肉…とかそういうんではなくて、衛生上の問題なんですが。

そのテレビ番組って、France2の「Envoye Special」だったらしいのですが、検索してみたらHPで7日間だけネット上で見られるということで、早速見てみました。
いやあ、まあ、ありえるなあ~…という気もしました。

マクドナルドとケンタッキーフライドチキンに雇用された二人のジャーナリストが隠しカメラでルポしてるのですが、
トイレを掃除した後、手を洗うヒマなし→そのままポテト用意
とか、
期限切れのサラダは、日付貼りかえて売る
とか(この辺はどこもやっていそうな気もするけど…パリの某日本食料品店なんかよく日付消してたしな)、
鶏肉が腐ってても揚げて売っちゃう→客にわからなければセーフ
とか、
5分で廃棄しなければならないハンバーガーも、夜は売れないから作り置き→45分後でも平気で売る
とか
ポテトの揚げ油がどろっと黒くなってきても、丸一日交換せず
とか…。

とにかく利益第一。
販売員は、「客一人当たり30秒」というノルマ。(31秒かかると注意される。)

うーん、パリのファーストフードで感じの悪い店員が多いのも納得。

日本のマクドナルドとかはどうなんでしょうか?
やっぱり「迅速第一」みたいなプレッシャーとかすごいのかな?
でも日本人って迅速第一が当たり前だからなあ。

っていうか、ファーストフードってアメリカ発祥なわけだけど、本国ではどうなんだろう?

もしかして、フランス的な解釈の問題、精神性の違いの問題などもあるのではないか?と思いました。
大体、フランスでは一般に「迅速第一」っていう考えがない。フランス人には、多分、スピード性よりも大切なものがある。だから、そもそも迅速に動くことに慣れていない。スピードを求められると、それが強迫観念となって、余計に取り付かれてしまう。
そして、監視システムに頼るような、どこか封建的なところがある。監視されていなければさぼる、というような。(「さぼってもいい」とすら思っているような気がする。)で、逆に言うと、監視する側は権力があって、威張るのが当然…というイメージが無意識にあるのでは?だから、ファーストフード店のようなところでは、若くて未熟な従業員に対してマネージャーがやたら威張る=やたらプレッシャーが与えられる=雰囲気が悪い。労働環境が悪かったら従業員もロクに働かないのではないかと思う。
それに、利益追求って、アメリカ的ビジョンのように言われるのですが、実はフランスにもすんごい利益追求型な部分があると思うんです(カルフールとか、ひどい)。ケチな人、多いし。そして、フランスでは「利益のみ追求」って悪徳なイメージがありますが、そのイメージ被ってか、「ヒューマニティより利益」っていう利益追求になってしまう。この二項って両立しないんでしょうか?ってか、なんで両立させようとしないんでしょうか?

そういえば、「フランスにファーストフードは向かない」って、ずっと言われていたような…。

これは衛生面も問題ですが、やっぱりグローバリゼーションの問題でもあるのでは。
うーん、やっぱりファーストフードには行くべきではないんだろうなあ。
(でも、小腹がすいたときとか、つい寄っちゃうんだよなあ~。あと、ときどき、マック・フルーリーが食べたくなる。)

ちなみに、ブルターニュの田舎のマクドナルドは、いつも清潔で、販売員さんも親切です。うふ。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/776-a35f74e5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。