スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ハネムーンとワニ

 2010-05-21
先週、ブルターニュに住む友達カップルがパリに上京していたので、一緒にご飯を食べに行きました。そこでお互いのバカンスの話に。
インドのどこやらに行った二人に「どうだった?」と聞くと、彼女は首を横に振って渋い顔。彼はケロっとしながら「いやあ、よかったよ」と言いつつ、彼女の顔色をみて苦笑い。肘でこづいて「僕が話すよ」とフォロー。
何かあったのか?と思ったら…。

まあ、彼らのいた間は何事も起こらず、ココヤシのある素敵なビーチで最高だったらしい。
事件は、彼らがフランスに帰った後に起こった。

ある日、アメリカ人夫婦がハネムーンでそのビーチに訪れた。奥さんがひとりで海に入って行った。旦那さんが海の方を見やると、彼女の姿がすっと消えた。彼は「海に潜ったんだな」と思った。ところが、いっこうに帰ってこない。すると、近くで景色をビデオにおさめていたイタリア人観光客が、「あなたの奥さん、ワニに食べられましたよ!」と教えてくれた。アメリカ人男性は驚いて、警察に事情を話に行ったが信じてもらえず、「ああそう、あんたが奥さんを殺して海に捨てたんだろ」と逆に留置所に入れられてしまった。そこで、イタリア人男性が、アメリカ人妻が4メートル(!)ほどもある大きなワニにぱくっと食べられたところを偶然撮影したビデオを持っていき、なんとか釈放された。翌日、彼女の損傷した遺体が発見され、男性の無実は明らかになった。

…という話を聞いて、超びっくり。

友達の彼女の方は「もう絶対あそこには行かない!」と蒼白。
少し離れたところにあるビーチは、マングローブなどがあってワニもいっぱいいて危険なのは知られていて、そこでは誰も泳がないそうだけど、友達の行ったビーチはそれまで全然ワニが出たことがなかったそうです。もしかしたら汚染などでワニが棲みにくくなって移動してきたのかも…というのが友達の推測。後日、漁をしている人たちが4匹も大きなワニを見つけたのだとか。

そのあと、いろいろと考えてしまいました。

ハネムーン先でパートナーを失うなんて、なんて悲劇…。
なのに警察には信じてもらえず自分が逮捕されてしまうなんて。
しかも、彼女はワニに食べられたなんて…信じられない!
狐につままれたような心持ちだろうなあ。
にわかに現実として受け入れられなさそう。

それと、遺体があがったのは、ワニはすぐに食べてしまわないからなのだそうです。ワニは、捕まえた獲物を自分の巣にもっていって、しばらく腐らせてから食べるのだそうです。
Eによると、実際にワニに食べられそうになって生還した人がいるとか(片腕は失くしたそうだけど)。
だから、ワニに食べられそうになったら、巣に連れていかれるまで気をしっかりもって、すきをみて逃げる……って、かなり無理だよなあ。かまれて大量出血だし、痛いのとびっくりするのとで気を失いそうだし…海の中、そんな状態で息つづかないだろうし。
本当かどうか知らないけど、Eが言うには、ワニは口を開けるのにすごい力が必要だけど閉じるのには力を使わないから、閉じさせないようにするのは難しくないのだとか。
しかし、後ろから襲われたらどうしようもないし…。

それにしても4メートルってすごいなあ!
めちゃくちゃ大きい!!

…と、そんなしようもないことを、その日は寝るまでずっと考えてました(笑)。
スポンサーサイト
コメント
うわ~こえ~~~~。

夢に出そうな話。
【2010/05/24 00:32】 | kaichi #- | [edit]
ねーー怖いでしょ?

でもついつい「もしワニに食べられそうになったら…」と考えてしまう(笑)。
【2010/05/24 12:51】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/739-5ee1b5cc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。