スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ラーメンとフランス人

 2009-11-25
最近、買い物して料理して…っていう時間がないとき、外食で済ませてしまうことが増えました。片付けもしなくていいし、ほんとラク。

といっても、パリの外食は高くて、話題のビストロとかレストランには当然行けず、いつもベトナム料理かラーメン屋です。
共通なのは、どちらも丼ものということでしょうか。ベトナム料理の方だと、たいていフォー(牛肉と平たいライス・ヌードルのスープ)、またはボ・ブン(春雨みたいな細いライス・ヌードルに揚げ春巻きがのった丼もの)で、その後にココナツ・ミルクと餅米のデザートかバナナとタピオカのデザートというのがお決まりのコース。ベルヴィル界隈だと、これで一人10ユーロだからとても助かる。
ベトナムが植民地だった歴史のせいか、ベトナム料理はフランス人の間でもポピュラーな気がします。フォーのような麺ものでも、お箸と一緒にフォークやスプーンが置いてあるせいか、フランス人が悪戦苦闘している雰囲気もあまりない。(というか、そういう自分も、正しい食べ方しているのだろうかといつも疑問。)
ラーメン屋は、やっぱりオペラ界隈なのですが、最近はもうどこもすごく並んでますね。でも、結局私たちがいつも行くのは「ひぐま」かな。最初、Eはうどんの「国虎屋」がとても気に入っていたけど、量が少ないので、そこで延々並ぶよりも、近頃は専ら斜め前の「ひぐま」。ひぐまは国虎屋よりも庶民的だし、ラーメン屋なだけあって、入れ替えが早い。
というのは日本人的な感覚であって、中で食べているフランス人を見ていると、そうとも言えないのです。なぜラーメンのような、フランス人の食文化にとってまったく異質なものがこんなに流行ってしまったのだろうか、と不思議になってしまいます。
まず、フランス人は熱いものが食べられない人が多い。いわゆる猫舌。「出来立てアツアツをすぐ!」とか無理っぽい。
そして麺。箸を使うのに慣れている人が増えたとはいえ、スシやサシミと違って、ツルツルでなが~い麺を液体スープの中から箸でたぐって食べるという高度な技に達している人はまだ少ない。一度口に運んで済むものじゃないですからね。これは箸というより、唇を使ってたぐりよせる技でしょうか。ここで、麺が熱ければずずーっと音を出してすするのが日本人。しかし、そんな食べ方、フランス人が知るわけない。焼きそばですら時には難しいらしく、箸を頭の上まで持ち上げて、下から口に入れようとトライしていた女の子をこの前見ました。
その上、おしゃべりなフランス人。食事中の会話が途切れない。それがたとえラーメンを目の前にしていても。だから、麺がどんどんどんどんスープを吸ってふくれる。いつの間にかスープが麺より少なくなっていたりします。食べても食べても減らない不思議なラーメン。先日は、隣の男の子が箸を持ちつつも、ずーっと連れの人に話していて、私はその間にふくれあがるラーメンが気になって仕方がありませんでした。他人事ながらひやひや。そして、時々会話を切って箸で麺をたぐるたび、「あっ、とうとう食べ始めたか」と思いきや、口に入れる前にまた話し始める…という繰り返しで、ラーメンがものすごいのびていて、そこまでいくと「本当はラーメンが食べたくないのではないか?」とちょっと勘ぐってしまった次第。
でも、これだけブームになると、ラーメン屋通っぽい人がちらほら見受けられるようになりました。しゃべりながらも、ラーメンは結構すばやく食べてたり。食べ終わったら、だらだら長居しないでさっと帰る、とか。(お皿をさげられても、おしゃべりに夢中で居座るという人が多いのです。)
そこであまのじゃくな私は、ひぐまの中を見回して、のびきったラーメンを食べているフランス人がまだいるのを確認すると、内心なんとなくほっとする今日この頃です。
スポンサーサイト
コメント
へ~。おもしろいね。

フランスとラーメンってまったく繋がらないけど、そんなに流行ってるんだぁ。しかもおいしいみたいね。
【2009/11/26 00:21】 | kaichi #- | [edit]
フランス人の友人は前菜のようにラーメンの汁だけ最初に食べて、その後だらだらと話しながら麺を食べていました。
私も猫舌で食べるのも遅いので、こういう人がいるとホッとします。
で、私もひぐまのカウンターで天丼なんか食べたりするし。
日本のようにラーメン通ばかり、食べるの早い人ばかりのお店よりも、好きなように食べられるこちらのラーメン屋はホッとします。

最初に餃子とビールで飲んで、その後ラーメンなんか食べている、正しいラーメン通のフランス人なんかたまにいるけど怖い。
【2009/11/26 02:07】 | もも #- | [edit]
ラーメンはフランスのコース料理が一つの丼の中におさまっている

とかなんとか言ってた人がいた。誰か忘れたけど。

それにしてもフランスの外食って10ユーロでも安いんだ。高円寺相場に換算すると丸一日分かもw.
【2009/11/26 15:03】 | kazz. #- | [edit]
>kaichiさん
いやあ、まずくはないけど、そんなにおいしくもないんだよね…。

>ももさん
私も食べるのはめっちゃ遅いですけど、ラーメンをあそこまでのばすほどではないなあ。
私は、小さいとき、母に「早く食べないとラーメンがのびちゃうよ」と言われ、「のびる」ということがわからなくて説明を聞いたら「麺がふくれること」と教わり、「麺が増えるなら嬉しいじゃん♪」とのほほんとしていたら、のびた麺は本当に全然おいしくなかった…という経験をしたので、フランス人がラーメンをのびるままにしているのを見ると、あれで本当においしいのかな?と疑問なのです。一度、試しに同じくらいのびるまで放っておいてから食べてみようかな?とも思うのですが、10ユーロ払ってそこまでやる勇気なし。でもリピーターがいるのだから、おいしいんだろうなあ。ま、フランス人はパスタもかなりゆでるみたいだから、それくらいゆるいのがおいしいという味覚なのかも?

>kazz.さん
んでも、デザートまでは入ってないのではwww
日本のラーメン屋とか定食屋の値段で食べられて、しかもおいしいっていうところはなかなかないですねー。
ちなみにひぐまでラーメン+餃子7個のセットで10ユーロちょっきりです。
【2009/11/26 19:42】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
フランスの友人に日本にきたら一度「ラーメン二郎」という店に行くようすすめてみてください。かるいカルチャー・ショックをうけると思います。とくに松戸店をおすすめします。私語禁止(暗黙のルール)、2ロット分の調理時間内(約14分)で食べて出て行く、というような店をどうおもうでしょうか。
【2009/11/27 02:03】 | pianoman in Matsudo #- | [edit]
私も昔はひぐま派だったけど、フランス人お客が増えてから麺が柔らかくなったような・・・。で、手打ち麺風のKADOYAへ行くようになったけど、あそこもフランス人が多く段々と柔らかくなってきた。パスタと同様、フランス人はかためは苦手なのかな?
最近うちの近くにも一軒出来て、おお、ラーメン屋も寿司・刺身同様パリ中に広まるか?と思ったけど、ここがなかなかおいしい。日本人経営じゃないけどちゃんと日本風のメニューと味で、オペラ界隈のどこかで修行したのかな?YOYOっていうとこです。
【2009/11/28 11:21】 | Miel #pAcMFups | [edit]
>pianomanさん
フランス人にそれは無理(笑)
いや、フランス人でもラーメン屋通だとそれくらいが嬉しいかもしれないけど。

>mielさん
今週末、リールに行ってました(さっき帰って来た)。そこでラーメン屋を発見。彼が入ってみようというので、あまり気が乗らなかったけど試してみたら、やっぱりまずくて、ちゃんと手作りしてる「ひぐま」がいかに安いか…ということがわかりました。
…って、下と比較しても仕方ないか。
ひぐまは、もうメニューが全部当たり前のようにフランス語だよね。一応日本語のもあるらしいけど、頼まないと持ってこない。
私は以前、mielさんとは逆に、ひぐまのラーメンは固めになったような気がして、「これって食べるのが遅いフランス人用に固めにゆでてるのかな?」って思ったことがあります。日によって違うかも。
YOYOって聞いたことがある気がするけど、チェーン店かな?
【2009/11/29 23:56】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/724-198ea59d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。