スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

夏休みの音楽

 2009-08-26
昨日、ブルターニュから帰ってきました。
夏休みももうおしまい。

結局、全く勉強せずに終わってしまった…。
今回のブルターニュは、お天気に恵まれたりして(北ブルターニュの海岸が一日中晴れるなんて私にとっては貴重な体験)、そうなるとつい「人生は一回きりだから」とかなんとか言って、太陽の下に出てしまったのでした。

というわけで、気ままに遊んだ夏休み。
小舟で海に出たり、暮れてゆく日を惜しんでテラスで野菜の皮をむいたり、自然発酵のシードルや発泡ワインの栓をぬくたび寿命が縮まる思いをしたり(自然発酵ものは時にめちゃくちゃガスがたまっていたりして危険なことがある。ちなみにうちでは滅多に飲まないが、シャンパンも、あの「ポンッ」という音が心臓に悪くて嫌だ)、ゆるゆるな毎日でした。

そんななか、なぜかヘビーローテーションだったのが、友川かずき。
近頃(数年前から?)の私は全く音楽ツールがなく、日頃うちで流れる音楽はEの選択なのですが、最近、Eが或るサイトを見つけてからインターネットで色んなものをダウンロードしまくっていて、バカンス中はパソコンに蓄積されている音楽を聞くことに。

そのサイトというのが、アンダーグラウンド系の音楽を紹介しているとかいう米人ブログ、「mutant souds」(ttp://mutant-sounds.blogspot.com/ 直リンしないのでhつけてね)。Eによると、このサイトで紹介されている好きなアルバムは無料でダウンロードでき、ちょっと支払うと数倍のスピードでたくさんダウンロードができるのだとか。Eはここにはまって、一時、一度に50アルバムとかダウンロードしていた。そして最初はジャパニーズ・アンダーグラウンドを中心に引っ張ってきていて、カオス化してきたiTuneをのぞくと、「おーなつかし」というものがあったり「何、ソレ??」というものがあったり。前者だと、ハルメンズ、戸川純とか、アーント・サリー、あとINUってのもあったかな?

それはともかく、友川かずき。
実は私、知らなかったのね。名前を聞いたことがあったような気はしたのですが。三上寛とかその辺でしょ、という程度。

で、初めて友川かずきの歌を聞いたときは、筋肉少女帯とか竹中直人とか思い出してしまいました。イヤ勿論、大槻モヨコが影響されてるわけだ(と思う)けど。
友川かずきさん、ごめんなさい。
顔を知らなかったので、音楽を聞きながら、頭の中には竹中直人がフォークを歌っているイメージがどうしても浮かんでしまってました。

そして、「なんだコレは…ちょっとジャック・ブレルみたい」とE。どれだったか忘れましたが、一曲、「Dans le port d'Amsterdam」をちらっと彷彿をさせるものがあったらしい。
Eが友人に聞かせたら、彼も同じことを言っていたので、やはり相似点があるのでしょう。Eの友人も結構気に入っていました。

live2005よく聞いていたアルバムの一つが大阪バナナホールのライブで、何が歌われているのか全くわからないEの横で、私はMC聞いてウケたりしてたのですが、いやあ「サトル」という歌はすごいですね。脈絡のない俳句(?)の羅列。しかもほぼ意味がない(ように私には思われる)。その辺のシュールさが、「まぼろしとあそぶ」のカバー絵(本人筆?)とあいまって、なんとなくしりあがり寿に通じるものがあるようなないような…という勝手な連想。「あやかしの月」も好きです。

なんだかんだいってフォークは通ってきていない私(研究会員とは名ばかり)。若い頃はどうもなじめなかったのです。でも今、友川かずきを聞いたら、すごく良いなーと思いました。

そういえば、書きそびれましたが、7月に灰野敬二のライブをパリ郊外で見ました。実は灰野敬二のライブを見たのは初めてです。灰野敬二と言えば、私にとっては学館なんですが…なぜかそこで見たことがなかったです。のちに精神に病をきたした友人が、学館で灰野敬二(か、不失者)のライブの後で「オーラが見えた」と言っていたことが忘れられません。うーむ。私は「この暗い照明であのサングラスで、本当に楽譜が見えてるのか??」とか「あの髪型はカリスマティックだけど、夏は暑くないのかな~」とか考えてましたけど。あと、音がでかすぎるので耳栓してました。余談の余談ですが、ライブ会場であったInstants Chabiresはモントルイユ市の援助削減のあおりを受けてしばらく閉鎖されるようです。灰野敬二のが一時閉鎖前の最後のライブでした。10ユーロ以下でライブが見られる良いハコだったのですがねえ。

(とりとめなく、このへんで。)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/715-e5e1e752
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。