スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「vigneron」または「winemaker」

 2008-06-01
カリフォルニアワインを世界的な地位に高めたロバート・モンダヴィがとうとう世を去られたそうで。5月16日午前9時に死去、享年94歳。

ロバート・モンダヴィは、フランスのボルドーの超有名シャトー、ムートン・ロットチルドと共同開発し、その成果である「Opus One」で世界に名を馳せました。

といっても、正直、ボルドーにはあまり興味がなく(だってグラン・クリュなんて買えないし)、ひたすらナチュラル・ワインに傾倒する身としては、この「Opus One」なるものの存在も別世界のもの(見たことない)なのですが。さすがにムートン・ロットチルドは知っているけど、「Opus One」ってそんなに有名なんですか?

いや、「Opus One」の名前は知っていましたけどね。というのも、ジョナサン・ノシターのドキュメンタリー映画「モンドヴィーノ」の中で、モンダヴィにかなりの部分が割かれているので。

その「モンドヴィーノ」で焦点の一つになっているのが、モンダヴィ対エメ・ギベール。言い換えば、アメリカ合衆国カリフォルニアの「winemaker(ワイン生産者)」対フランスラングドック地方の「vigneron(ワイン生産者)」。この対立は、モンダヴィがラングドックに葡萄畑を開拓したいという計画から始まったもの。モンダヴィは、ラングドックに足を踏み入れることで、フランスのワイン生産技術を学べると同時に、現地に経済的援助をもたらすことができると考え、当時の市長の合意を得てその計画が進められました。しかし、モンダヴィが森を伐採するつもりであるということがわかって、現地生産者が猛反対、その末にローカルな政治的権力関係も絡まって、結局はこの計画がオジャンになったという経緯があるのです。「モンドヴィーノ」では、こうした生産者の異なる姿勢を軸に、ワイン市場にまつわる問題(グローバリゼーションや、単純に投機の対象となるワイン、いわゆる「テロワール(地方色)」など)について展開されていきます。

ところで、ロバート・モンダヴィ死去のニュースを知ったのはRue89の記事。これはブログ形式で書かれたものがRue89の一面にアップされていた記事でした。書いた人は、元ジャーナリストで、現在はワイン生産に携わるカトリーヌ・ベルナール。彼女はテロワールの擁護者であるようで、彼女が英語とフランスの「ワイン生産者」の違いについて説明しているところが面白い。

「『ワイン生産者』("Producteur de vin")?フランス語では、つまり私たちの文化、私たちのワインにおける感覚としては、次のようなカテゴリーがある。まず、ブドウ栽培者(viticulteur)、ブドウを栽培する人。それから、ワイン生産者(vigneron)、ブドウを栽培し、醸造して売る人。ワイン商、ネゴシアン(negociant)、ブドウ又はワインを購入して調合、熟成させて売る人。仲買人(courtier)、最終購入者のためにワインを探してあげる人。酒倉係、カヴィスト(caviste)、ワインを卸または小売する人。つまり『ワイン生産者』("Producteur de vin")というものは存在しない。それは、上記に述べた全ての役割を少なかれ包括する一語、『ワインメーカー』("winemaker")の一番マシな翻訳なのだ。」
「『ワインメーカー』("winemaker")が働く場所は『ワイナリー』("winery")と呼ばれる。『ワイナリー』では、ブドウ、酒蔵、一連の瓶詰め作業、貯蔵などが集約されている。植民地主義的なスタイルの家族経営を彷彿とさせる形態の会社である(…)。」

「『ワインメーカー』( "winemaker")、それは言葉の厳密な意味において、『ワインを作る人』( "faiseur de vin")である。しかしフランス語では、(…)、それはどちらかというと『堕胎業の女』("faiseuses d’ange")とか(…) バルザックの『山師メルカデ』("Mercadet, le faiseur")を想起させる。それらはあまり魅力のある人物ではない。」
「『ワイン生産者』( vigneron)の中には、『ブドウ』(vigne)がある。『ワインメーカー』(winemaker)の中には、『作る』行為がある。それは言葉でしかないが、意味論的な挿入を考えれば、ワインに対する関係の大切なことを言葉は言い表わしている。すなわち、前者では原材料の、後者では作ることの優位性を。そうして、ワインは大地からの、気候からの、また人間の労働からの、すなわち私たちがテロワールと呼ぶものの生産物ではなくなり、人間の労働を虚無的なものにするほど革新的な製品、人間が用いる技術の完遂となるのだ。」

(一部フランス語訳をとばしました。あと、意訳が多いですが悪しからず。)

これぞ翻訳の難しい言語分析なのですが、言語の中では意味論的な解釈というのは重要だし、面白いものだと思います。

こうした考察の源泉に、フランスのワイン生産者(全体とは言えないけれど)における確固とした信念を感じます。それは、必ずしもビオディナミとか完全有機栽培までいかなくとも(リュット・レゾネでも)、商業的な成功としての数字だけを頼りにした自由経済主義的なものさしではない、物事の計り方をする人々が少なからずいることを表してもいると思います。

ロバート・モンダヴィは、たしかにカリフォルニア・ワインの知名度向上に貢献した人物であり、努力した人だったと思います。合掌。

それでも、私はやっぱりテロワールを擁護するワイン生産者たちを応援したいです。

いやあ~~~ナチュラル・ワインってほんとに美味しいですよ~~!!(←酔っ払い)
(ちなみに今飲んでいるのはグラムノンのコート・ド・ローヌ、ロゼ。)
スポンサーサイト
コメント
「モンドヴィーノ」って映画をBSでしていて、面白いかな?と思いつつ
気になり録画しました。
まだ観てないけど、消す前にちゃんと観ようっと。
(最近録画しては観る前に消して、の繰り返しなもので)
「ワイン生産者」の英語とフランス語の言語からの意味の違いって興味深いです。
根底に流れる意識の違いがでてきているのでは??と想像します。
「文化」や「農業」に対する意味・意義の違いにも繋がっていくんではないでしょうか。
英語から考えていくと結局、「効率」や「お金」に繋がっていくんだ。
絶対それだけじゃないと思います。

【2008/06/02 04:02】 | yuko #- | [edit]
言葉って面白いですよね。言葉そのものや言葉の使われ方を分析すると、その文化の精神がみえてきたりして。というか、そうした精神性が言葉を作っていくのだから当然なのでしょうけれど。

ときどき、一つの言語には、あるカテゴリー内のボキャブラリーがめちゃくちゃ豊富なのに、他の言語ではそれを表す言葉は一語しかない、とかいうことがありますよね。そうした違いに、その文化にとって何が大切かが透けてみえるときがあって、言語ってつくづく面白いなあと思います。

ワイン産業に関わる職業について、フランス語では細分化されているのは「なるほど~」と思いました。フランスのワイン産業の歴史がいかに古いかということもあるのでしょうね。
【2008/06/03 11:11】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/689-2ec47be4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。