スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

バディウが売れに売れているらしい

 2008-01-19
以前、ちょこっと触れたアラン・バディウの本が、いつになく売れに売れているらしい。

先週、ル・モンドでも取り上げられていました。
この記事によると、すでに1万7千部が売れたのだとか。ちなみに、バディウの今までの本は、通常一冊につき3千部だそうです。

これだけ売れているということは、バディウの名前だけは知っていた人とか、もしかして名前すら知らなかった人とかも買っているのかも?

かくいう私も実はバディウの本を読んだことがないので何とも言えんのですが…。やっぱり入門書(?)シリーズから出ている「Ethique」くらいは読んでおくべきか(邦訳も出てます)。

で、今回の「 De quoi Sarkozy est-il le nom ?」は あまりに有名になってしまい、それだけ批判も多く出ているようです。
まあねえ…うーん……。なんか色々勘違いされているような気もするんだけど。

リベラシオン紙にも批判的記事が。
「De quoi Badiou est-il le symptôme ? 」
「Chiens, rats, anticommunistes…」
そして、バディウがそれに返答。
「Badiou répond aux «tontons flingueurs»」
そして昨日、またそれに返事が。
「Precision」
記事以上に読者のコメントの応酬も熱い。
(このテの応酬をみるたびに、気力と時間が要るだろうによくやるなあと感心します。)

ところで、バディウがテレビに出たときの映像がデイリーモーションにアップされています。
日本語字幕つきヴァージョンも。

ALAIN BADIOU (SUB)
Uploaded by -clope


このテレビ出演を教えてくれた友人から、「バディウがフィンケルクロートと対談するらしい」と聞いて「いつなんだろー」と思っていたところ、先日その友人に久しぶりに会ったので聞いてみたら、結局バディウはこの対談に参加しなかったらしい。で、バディウ抜きで行われたのが、上のと同じくフレデリック・タデイの「Ce soir ou jamais」での討論会だと教えてもらいました。バディウの代わり…というわけではないですが、ダニエル・ベンサイド(バディウの話題の本と同じ出版社、「Lignes」から本を出している)が出演しています。見逃した私にはありがたいことにデイリーモーションにアップされています。

Alain Finkielkraut chez Taddeï - 1/5
Uploaded by prince_de_conde

以下、2~5まではリンクだけ貼っておきます。
Partie 2 : http://www.dailymotion.com/video/x3t1ie_alain-finkielkraut-chez-taddei-25_politics
Partie 3 : http://www.dailymotion.com/prince_de_conde/video/x3t0yo_alain-finkielkraut-chez-taddei-35_politics
Partie 4 : http://www.dailymotion.com/prince_de_conde/video/x3t0mx_alain-finkielkraut-chez-taddei-45_politics
Partie 5 : http://www.dailymotion.com/prince_de_conde/video/x3t0gz_alain-finkielkraut-chez-taddei-55_politics

おまけ:
上のバディウの記事と同時にル・モンドで見つけたのですが、サルコジが引用した「politique de civilisation」で一躍注目を浴びることになったエドガー・モランの略歴的記事↓
エドガー・モランの「politique de civilisation」の本は、発売当時別段話題にもならなかったのに、ここへ来て売れに売れ、こちらも増刷の勢いだそーです。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/648-3e4b0c12
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。