スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

メトロのピアニカ

 2007-12-28
昨日の仕事帰りのこと。

ヴァカンスの雰囲気が漂うメトロの中、端っこに空席を見つけて座り、本を読んでいました。
二つ目の駅を発車すると、向こうの方で音楽が鳴り始めました。これがなつかしい音色…
一瞬、耳を疑ったけれど、やっぱりピアニカの音!そしてクラッシック・ギター。

クラッシック・ギターは、時々、駅構内の乗り換え通路でかなり上手な人をみかけることがありますが、ピアニカはいまだかつて見たことがありません。
っていうか、フランスでピアニカってよく知られた楽器なのかどうか??

車内はなかなか混んでいて、演奏者たちが見えなかったのですが、もしやピアニカ前田がフランスに上陸したか!?と思ってしまいました。

曲も馴染みのあるメロディ、「マイナー・チェンジ」とか、選曲もピアニカ前田っぽい。

ワクワクするような曲と心地良い音色、そしてなかなか上手な演奏で、しばらく本を閉じて聞きほれてしまいました。

やがて演奏が終わって、お金を集めにまわってくる気配。
もし前田さんだったらどうしよ~~
「前田さんじゃないですか!」って声かけちゃおうか~~~
(実はえらい昔、国分寺の公園でピラニアンズの練習を見学させてもらったことがある。)
…なんて思いつつ、ドキドキしながら演奏者がまわってくるのを待ち構えていました。
そうしたら、なんと中近東系の男性でした。トルコ出身とか?

彼が近づいてきたとき、私は小銭を出そうと財布の中をさぐっていたのですが、彼は気がつかずにさっさとその場を離れてしまいました。

久しぶりにハッピーな気分にさせてくれた演奏だったので、どうしてもお金を渡したいと思い、次の駅で急いでホームに降り(ちょうど自分の降りる駅だったので)、演奏者を追いかけました。「ムッシュウ」と声をかけたけれど、向こうも隣りの車両に移るので急いでいてなかなか追いつけない。肩をたたいて、「これ、取り損ないですよ」と小銭を手渡しました。ムッシュウも「メルシー・ビヤン!」と笑顔で受け取ってくれました。

うちに着くまで、ずっとあの演奏が頭の中でリピート。
気持ちがとってもあたたかくなりました。

またこのピアニカ演奏に会ったら、今度はもっと大きいコインを渡したいなあ。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/642-9197a474
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。