スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

サルコジの新しい恋人…っていうか

 2007-12-18
レクスプレス誌がスクープしたところによると、サルコジが元トップ・モデルで歌手のカルラ・ブルニとディズニーランドでデートをしていたらしい。

まあ、このニュースは日本でも報道されていると思いますが。

sarkobruni2.jpgこのデートは、レクスプレス誌に限らず、パリ・マッチやクローサーなどといったスターのゴシップ誌でもスクープしているそうで、今週の各誌の表紙を飾る予定とのこと。ただ、レクスプレス誌は、日曜、いち早くインターネット上で公開。一夜明けて月曜、各新聞がこのスクープを取り上げることとなりました。

このスクープについて、色々と意見(というか疑問点)が出ているわけですが、共感するものをいくつか。

まず、サルコジがこういうスクープをすんなり許すとは、どういう心境の変化があったのか?
今まで、セシリアの不倫だの自分の浮気だの二人の離婚の噂だの、マスコミにスキャンダルをすっぱ抜かれるのを嫌っていたようなのに、今回はカメラマンにポーズまでとったらしいサルコジ。そんなの、なんかおかしくないか?
私生活の中で、カメラに撮らせて文句を言わないところ(大統領選出後の豪華ヨットのヴァカンスとか、ニュー・ヨーク市警のTシャツ着用ジョギングとか、夏休みのブッシュ家訪問とか)と、ある程度のラインを超えると激怒するところ(セシリアの不倫旅行とか、夏休みのボート遊びとか)があったわけで、つまり、売りたいところと売りたくないところがあったらしい。このように、彼が自分のイメージ・アップと人気取りのためにマスコミをうまく利用しようとしているのは、すでに多くの人から指摘されているところ。
今回もきっとそういうマスコミ宣伝が目的なのでしょう。

実は、この二人の噂は報道関係者の間で広まっていて、カメラマンがカルラの近辺をはっていたのだとか。それを聞く前、私はサルコジがカメラマンをディズニーランドに連れて行ったのではないかと疑ってしまいました。でもまあそれもあながちハズレていはいないようで、サルコジも報道関係者も、公表の仕方を探っていたらしい。

さて、日曜、ケーブルテレビ局LCIでは、このニュースを扱い、レクスプレス誌の編集長に電話インタビューを行っています。インタビューに答えたクリストフ・バルビエは、カルラ・ブルニとお友達だそうで、彼女の口から交際を認める発言を聞いたとのこと。
しかし、このインタビュー中でおかしかったのは、LCIのジャーナリストが「サルコジ氏は、今までの恋の噂と違って、今回は何故明かしたのでしょうか?」と質問、クリストフ・バルビエが「今回は、二人が別々の世界で活躍していることと、相手が有名人だからではないか」と答えていて、この問答、素人にはちょっとよくわからないだろう内容だったこと。
これを読み解くと、まず、あまり公にはならなかったけれど、「今まで恋の噂」がいくつかあったということがジャーナリスト間で了解されています。たしかに、ル・フィガロ紙の記者、アンヌ・フルダとの噂もあったし、最近はどこへでも同行する法務相のラシダ・ダティとの間も怪しかった。(追記:もうひとつ、TVジャーナリストのローランス・フェラーリとの噂もあった。彼女は10月、同じくTVジャーナリストのトマ・ユーグと離婚したとか。)…とはいえ、これらは、知らない人は全然知らない噂。また、今までこれらの噂の信憑性が疑われていたとしても、マスコミ関係者のバルビエが「二人が別々の世界で活躍している」と答えているのを聞けば、やっぱり同じ政界の女性(ラシダ・ダティ)、または有名ではない女性(ジャーナリストのアンヌ・フルダ)がお相手だったことがわかるというもの。サルコジってあんな顔して結構女たらしなわけぇ~~。

carla bruniそれにしても、政治家のショー・ビジネス化もよいところで、クローサーのような雑誌に政治家の噂話まで載るっていうのはどうしたもんか…。相手が元トップモデルで有名歌手だから、それもアリ?

ところで、リベラシオンやアレ・シュール・イマージュなどのサイトで、このニュースに関連した記事の読者のコメントをいくつか拾い読みしましたが、カルラ・ブルニって、移民法改変に伴なったDNA検査導入に反対したコンサートに参加していたとか…。また、左派を自認しているシャルル・ベルリングとつきあっていたとか…。カルラさん、サルコジとは政治的方向性がだいぶ違うようなんですが?まあ世の中には色々な関係があり、色々な恋模様があり、色々な人がいると思うけれど、とりあえず私はこんなに観念の違う人間となんか付き合うのは絶対無理だし恋にも落ちないと思うんだけど。わからん。

ちなみに、このカルラ・ブルニは一児の母なのですが、子供の父親は、BHLの娘の夫。ジュスティンヌ・レヴィは、彼女の小説の中で自分の夫がカルラに横取りされたことを綴っているそうです。

ところでこのひと、なんとなくセシリアに似てるような…。


っていうか、っていうか!とにかく一番全然わからないのが

なんでディズニーランド??

38歳の女と52歳の男がディズニーランドでデート……。
これってフツーに考えてどうなんだろ。
うーむ。
スポンサーサイト
コメント
私は何故
FuturoScopeでないのか?
もしくは、PARC ASTERIXではないのか?
と驚きました。
【2007/12/18 05:20】 | Simon #NwqzF3Bo | [edit]
あははは、
それ、うちの同居人も言ってました!
【2007/12/18 17:04】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
ごぶさたです(よね?)
私、最近ネットラジオでカルラさんの歌をよく聴いてたとこだったのでお相手が彼女と知った時はびっくらしました。
AFPBB(日本語)ニュースでは「私がもしフランス人だったら、セゴに投票してた」とまで言ってると紹介されてました(ついでに1月前にプロポーズ済みだとも)。なんじゃそら。よっぽど誰かさんが男性的魅力に満ちた人だってこと?
信じられない、、、裏があるに違いない、、、と思いたい。
【2007/12/19 01:03】 | imasaru #6ilpfs42 | [edit]
どうもお久しぶりでっす。
私はカルラ・ブルニの歌って聞いたことがない(多分)のですが、どんな音楽なのか聞いてみたいような気がしつつ、こんなんで聞いたら思う壺になってくやしいので、結局まだ聞いたことがありません。
先日、まだ会社に残っていた火曜日付けのル・フィガロをを読んでみたら、関連記事には「セゴレーヌ・ロワイヤルに投票した」と書いてありました。それと、ディズニー・ランドの謎がとけました。子供とお母さん(カルラのかな?)も一緒だったそうです。
子供の顔は掲載しない約束で写真をがんがん撮らせていたらしいですが、その注目の浴び方は「ディズニーの出し物と競っていた」そうで、思わず笑ってしまいました。
プロポーズは、他のサイトでもみましたが、彼女が返事に躊躇したので、ultimatumを12月31日にしたとか…。
【2007/12/20 23:14】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/639-a1cfbaf3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。