スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ドン・キホーテの子供たち、新たな活動

 2007-12-17
この週末から、気温がぐっと下がりました。
日曜日、天気がよかったのでちょっと散歩に出かけてみましたが、寒さが皮膚の下まで伝わってきて、血が凍るかと思った…。公園の芝生は霜が降りてところどころ白く、池も氷が張っていた。久々の厳寒です。

さすがにこれくらい寒くなると、厳寒注意報が出るのですが、一番問題なのが路上生活者の避難所。
特にパリでは地価高騰に伴う住宅難が社会問題になっており、定職についているのにSDF(ホームレス)という人もいるほど。中には簡易ホテル住まいという人も多く、電気プレートなどを持ち込み、狭い部屋に一家数人で暮らしていたりして、衛生や安全面で問題があります。そして、こうした場合、ホテル側は知らん顔をしていることが多い。(アパートよりもホテルの方が数倍値段が高くつきますが、市としても社会住宅が足りず、仕方が無いので多額の住宅手当てを出しています。こうしたホテルはmarchand de sommeilと呼ばれていますが、この呼称には軽蔑的な意味合いがあると思います。)以前、こうしたホテルや不法居住されていたアパートが火災にあい、数家族が命を失う事故もありました。

こうした住宅問題に直面して、自分のアパートの下に路上生活者を毎日見ることに怒りを感じたオーギュスタン・ルグランが、昨年、「ドン・キホーテの子供たち」という団体をつくり、パリのサン・マルタン運河沿いにテントを張るデモを行いました。(彼らの昨年の活動については、以前のこちらの記事や、こちらの記事を参照ください。)政府に対して具体的な措置を要求するためのこうした行動は、かなり長いこと続きました。最終的には、政府が「ドン・キホーテの子供たち」の代表者らを話し合いに招き、提示された約束に満足の意を示したオーギュスタン・ルグランは、テントの撤退を発表しました。

しかし、その後、政府による約束は守られていないとして、オーギュスタン・ルグランはこの冬も抗議行動をおこなう意向を見せていました。彼によると、前社会統合相であるジャン-ルイ・ボルローは、ホームレスのために2万7千人分のベッドを確保すると約束したのに、現在のところ、1万4千人分しか利用可能となっていないとのこと。

ところで、「ドン・キホーテの子供たち」の他にも、住宅難について政府の努力の欠如に非難の声をあげる団体がいくつかあります。そのうちの一つ、「住宅の権利」という団体は、10月初めからパリ2区のバンク通りにて抗議デモを行っていました。これは、先述したようなホテル住まいを強いられている人々が、住宅問題省の建物付近にテントを張ったもの。この抗議行動には、有名女優のキャロル・ブーケやエマニュエル・ベアール、ジョジアンヌ・バラスコ、俳優のジェラール・ドパルデューらが参加し、マスコミに大々的に取り上げられました。(反面、有名人を使った宣伝手法や、実際には住宅難には合わないスターたちの非現実性などを批判する声もありましたが。)警察によって何度かテントが撤去され、そのたびに戻ってきてテントを張りなおし、ついに72日を経て、政府が彼らに新しい住宅(2008年を予定)を約束。

このバンク通りの問題解決に際し、先の金曜(12月14日)、住宅相のクリスティーヌ・ブタンは、「これ以降、都市内でテント張りデモが新たに行われたとしても、いかなる場合も、国家はこうした類の譲歩を二度と行わない」と発表し、前もって抗議行動を予告していた「ドン・キホーテの子供たち」を牽制。

1713118951-operation-avortee-des-don-quichotte-pres-de-notre-dame-de.jpgそれにも関わらず、翌日の土曜(12月15日)の朝、「ドン・キホーテの子供たち」はノートルダム寺院近くのセーヌ川沿いにテントを設置。

しかし、すぐに警察がやってきてテントの撤去が行われました。この撤去の際、警察と市民の間に小競り合いが起こり、セーヌ川に落ちた人も。

公館の庭にテントを張るのはいいのに、ノートルダム寺院の近くにテントを張るのはいけないらしい。

ブダン住宅相は、パリのホームレス避難所にはまだ空きベッドがあるが「個人の自由を重んじる」ことから、強制収容はできないと主張。つまり、「寒さに凍えるのは入りたがらない人の自由、こっち(政府)の責任ではない」ということらしい。

個人的に、大統領選挙運動のとき不思議だったのは、サルコジの住宅難対策案といったら、「住宅ローンの金利軽減化」で、「全てのフランス人が大家に」ってことだったけれど、アパートを買う以前の問題の宿無しの人には何の問題解決にもならないじゃん?ってことだったのですが…。フランス人の大半は、そのへん、なんとも思わなかったみたいだな。冬になるとこれだけ問題提起する人がいて話題になるのに、春になると忘れちゃうのかなあー?軽薄だ。

参照:
Yahoo Franceより

「Logement: accord rue de la Banque à Paris, mais le gouvernement ne veut pas d'autres campements」 (AFP)
「Operation avortee des Don Quichotte pres de Notre-Dame de Paris」 (AFP)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/638-9f32343e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。