スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

メトロでギィ・モケへのオマージュ

 2007-11-07
ギィ・モケがシャトーブリアンの仲間と共に銃殺されたのが10月22日。この日、ギィ・モケにオマージュが捧げられましたが、その後、10月25日にパリのメトロのギィ・モケ駅を通ったら、ホームは一面ギィ・モケのポスターになっていました(と、同居人が報告してくれました)。

quai4.jpg

このポスターは、ギィ・モケのポートレートに、彼の書いた最後の手紙が透かしで入っています。

lettre+portrait.jpg



そして反対側のホームにも。

quai2.jpg

こちらはギィ・モケが最後の最後に残したという文句、「残った友よ、僕たちに負けないくらい立派であってくれ!死にゆく27人。ギィ・モケ」(かなり意訳)と書かれています。

20071106223732.jpg

仏語ウィキペディアによると、これは家族に宛てた手紙には書かれたのではなく、銃殺に処される前に入れられた小屋の壁に書かれていたそうです。

ホーム中ほどには、ギィ・モケについての説明コーナーが。

hommage7.jpg

捧げられた花束は、労働組合CGTや政府から。
また、こちらにもギィ・モケの手紙の写し(の抜粋)。

20071106223604.jpg

ギィ・モケに関する説明コーナーは以前からありましたが、たしかもっと小さかったような…。それに、こうした一面のポスターといい、献花といい、メトロのギィ・モケ駅で今までこのような催しはなかったような気がするのですが。まあ結局、なんだかんだいってやっぱり大統領の影響力は大きかったですよっつーことでしょうかね。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/624-31eef42a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。