スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

サルコジ家のヴァカンス

 2007-08-07
フランス人にとっては長いヴァカンスの季節。大統領も家族揃ってヴァカンスに出かけた模様。

大統領選直後にとった短い休暇に、マルタ島で豪華なクルーズを楽しみ、早速物議をかもした新大統領。ボロレ財閥の社長から受けた招待だということで、国家予算からは一銭も使っていないと明言、何もスキャンダルになるようなことはないと主張していましたが…とりあえず、大統領がメディア・グループを含む財閥の大金持ちと仲良しなことは公然の事実に。

そして今夏のヴァカンスは…アメリカ。ニューハンプシャー州にあるウルフボローの湖畔で、妻セシリアと息子ルイを伴なってヴァカンスを楽しんでいるそうな。

Wolfeboro (New Hampshire, nord-est)で、ゴージャス&セレブが大好きな大統領のこと、今回の休養の地もやっぱりお安くない場所らしい。仏語版ウィキペディアの項目(日本語項目はなし)によると、アメリカの女優ドリュー・バリモアが別荘を持っているとか、蒋介石のご夫人、モナコのレニエ公とグレース妃、作家のカート・ヴォネガットJr.(!)もヴァカンスを過ごしたことのある地。(ウィキのこの項目に、早速サルコジのことが追加されているのはさすがだ。)サルコジ一家が借りているコテージは、寝室を8部屋も備えており20人ほどが泊まれる広さで、レンタル料は週3万ドル(約21700ユーロ、日本円に換算すると約353万円)。早速、このヴァカンス代がどこから出ているのか、疑惑が投げかけられています。

ちなみに移動は、エール・フランスの通常便のチケットをちゃんと買ったらしい。とはいえ、サルコジ一家が使ったパリ-ボストン便往復の正規料金は、ビジネスクラスなら5800ユーロ(約92万円)、ファーストクラスなら13200ユーロ(約211万円)。

大統領に関する公費に通じている社会党のルネ・ドジエールは、このヴァカンス費用が大統領の年俸を上回ると計上、「サルコジ氏のヴァカンス代は誰が払っているのか?」と問い掛けています。

vacances de la famille sarkozyコテージをレンタルした不動産屋によると、借りたのは別の人らしい。そして、この広大なコテージをサルコジ家を含めた3家族で使っているとのこと。これはサルコジ本人の口からも認められています。

…で、本当に誰が払っているのかしら?
もしこれが「プレゼント」なら、やっぱりちゃんとお返ししなくちゃ不義理ってもんでしょ。でも誰にどんなお返しをするのやら…。

さて、またもやヴァカンスにいちゃもんをつけられたサルコジの方は、「友達に招待されたから来た。私だって友達を持つ権利がある」と反論。ぶーたれてんのか?「90万ものフランス人が毎年アメリカに来ている。私はそのうちのひとりにすぎない」「若い頃はアメリカに来る機会がなかったからね」とのこと。えっと…国家元首でしょ、「90万人のうちの一人」とか数えられないでしょ、あなたの場合。

そして、サルコジ一家がアメリカに上陸してから、本国フランスではリビアとの取引に関する疑惑が浮上、急遽ヴァカンス先での大統領記者会見などもありました。そんなこんなで、ヴァカンスといえどマスコミからはちっとも姿を消さないサルコジ。ネタになるということでしょうか、ヴァカンス先でもスター並にカメラマンに追われているようです。最初はそれも喜んでいたようですが…ついにキレた。

日曜、記者陣に対して、そろそろそっとしておいてくれとお願いしたらしい。この発言は非公式、しかもフランス語でなされた。共同通信の記者がこれを英語に翻訳したみたいだけれど、全ての記者の耳に届いていなかったようで、湖でサルコジにカメラを向けていたカメラマン二人が彼の逆鱗にふれてしまった。

20070806171408.jpgこのカメラマンらは、湖を警備する海浜隊に身分を明かし、許可をとってボートで航行、湖上に出て楽しんでいるサルコジの写真を撮っていたとのこと。そのうち、サルコジがカメラマンらに気づき、指をさして近寄ってきたので、カメラマンも彼が怒っていることを察知。サルコジはカメラマンのボートへ飛び乗ってきて、フランス語で怒鳴りつけたそうです。しかしフランス語を解さないカメラマンたちは困惑。サルコジと同乗していた人たちに、誰か英語を話せないかと助けを求めたが、無反応。ついに彼の妻と思われる女性が、彼の言い分を英語で伝え、カメラに追われることのないよう既にマスコミ関係者と合意していたので怒っていると教えてくれたそう。カメラマンらが、フランス語がわからないのでその合意のことを聞いていなかった、もう写真を撮らないと約束すると、ついに怒りを鎮めて去っていった…とのこと。

またキレたのか。大人になれよ、いい加減。おめー大統領だろー。

っていうか…ほんとに英語ができないのね、ニコラ。

参照:
Yahoo Franceより

「Sejour aux Etats-Unis: Sarkozy souligne avoir ete invite par des amis」(AFP)
「En vacances aux Etats-Unis, Nicolas Sarkozy s'en prend a deux photographes apres sa rencontre "informelle" avec la presse(AP)
Le Mondeより




スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/592-a2884994
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。