スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ポンペイ

 2007-06-07
さて、続いてポンペイです。

エルコラーノからソレント行きに乗って約20分…のはずだったのですが、なんか電車を間違えました。
分岐点から先の駅が違う!?どうやら行き先の違う電車に乗ってしまったようです。時刻表で確認し、「時間通りに来た」と思った電車に乗ったのですが、なんと前の電車が(多分20分くらい)遅れていたのでした…。
しかし、乗り間違った電車は、幸いにしてポッジオマリーノ-サルノ行き。路線図を見たら、ポンペイという名の駅がありました。Pompei Santuarioで下車。
(本当はソレント行きに乗りPompei-Villa dei Misteriで下車するつもりでした。そうするとメイン・ゲートから入れます。)

私たちと同じく、電車を間違ったらしいフランス人女性二人組みもいました。私たちだけじゃないのね~、とわずかながら安心感を抱きつつ、駅前の地図を確認して出発。彼女達とは言葉は交わさないまま、別々に同じ方向へ歩き出したのですが、ちんたらしていたら遅れをとってしまいました。しかし、ずんずん歩いていく彼女たち…なんか道、間違ってない?不安になったので、魚屋の店先で水を流しているお兄さんに聞いてみました。結構暑い日だったのですが、「えっ、遺跡?歩いて行くの?ひえ~~、2キロあるよ」…。まじ!?いや、駅前の地図で見たところではそんなはずないんだが??お兄さんの後ろからおじさんが出てきて、英語で「そこのスクエアを曲がって真直ぐいきなさい」と教えてくれました。ちなみに、フランス人が行っちゃったのと逆方向…。
駅のすぐ近くに大きな教会があり、その前を進んでいくと商店街が続いていました。こちらの駅は街の中心の近くみたい。ミシュラン・ガイドには、ポンペイでの食事は期待できないのでピクニックがオススメと書いてあり、エルコラーノでサンドイッチを買っておいたのですが、こちら側なら食べ物の心配はなさそう。呑気に途中でジェラートを買い食い。魚屋のおじさんにも「遠いよ」と言われたけれど、10分ほど歩いたら遺跡入り口の看板発見。
どこをどうやって辿り着いたのか、先のフランス人もそこまで来ていました。迷わなくてよかったね。

見つけた入り口は闘技場横のPiazza Anfiteatroというところ。門は大きいのですが…これって裏口?なんかガランとしてるし。地図はもらえましたが、エルコラーノと同じような小冊子は置いていませんでした(メインの入り口にはあるはず)。
この入り口横に、ピクニックエリアがあります。芝生の上でお昼ごはん…と思ったら、子供の集団に占領されていたので、木陰のベンチにしておきました。

というわけで、ポンペイ遺跡見学は、ひっそり裏手の墓場(Necropoli)から始まりました。

necropoli.jpg


街はずれということもあるけれど、そこはかとない静けさを感じます。隅々にしみ込んでいる長い時間がこの場所の空気を侵食しているみたい。大きな敷石の道に吹く乾いた風が、古代ローマへ誘います。

IMGP2578.jpg


いまでも亡霊が人々の間にまぎれていそうな気がする。

墓場の近くには、大きな闘技場が。催し物があったときの騒音を考慮して、街の中心から離れたところに建設されたそうです。保存されている古代ローマ闘技場の中で最古のもの(紀元前80年頃)。観客20000人(!)が収容可能。

anfiteatro.jpg



廃墟とはいえ、ふいに噴煙に飲み込まれた街。捨てられたのではなく、生活がある日突然途切られた街。人々の生活が残されていて、古代ローマ人の日常をうかがい知ることができます。

オリーブを潰す器械がそっくりそのまま残っていたり。

moulin.jpg




下の写真は、今で言うカフェ・レストランのような店(Termopolio)。古代ローマでは、お昼は外食する習慣があったそうで、食べ物屋らしき遺跡をよく見かけます。

taverne.jpg


この店で、当時の金貨が詰まったカバンが見つかっています(その金貨は、ナポリの国立考古学博物館に展示されています)。また、カウンターの奥に、壁画がはっきりと残っていて驚き(って、やっぱり修復もされているのでしょうが…)。

他のおうちにも、ヴィーナスの壁画が。

venus.jpg



街の中心近くには大きな公衆浴場跡(Terme Stabiane)があり、その背後に売春宿(Lupanare)も残っています。この辺りは、団体ツアーでも必ず訪れるみたいで、小さな売春宿の中に入るのに行列…。ちょうど団体さんの切れ目があって、ゆっくり写真など撮りながら眺めましたが…春画がいっぱい……。

lupanare1.jpg


lupanare2.jpg

内部には、いくつかの小部屋があり、石造りのベッドらしきものが。ローマ人って小さかったんだなあ~…と、ベッドにちょっと腰掛けて足を伸ばしてみたりしちゃった。

そして、街の中心となっていたのが、広場(foro)。広場というかフォーラムは、ギリシャでいうアゴラのようなもの。ここでニュースが発表されたり、人々が議論を交わしたりしたそうです。
フォーラムと隣接したジュピター神殿跡(Tempio di Giove)を振り向くと、彼方にはヴェスヴィオ火山が。

20070607155205.jpg


あの山からここまで噴煙がやってきたのか…。

ジュピター神殿跡の隣りには、発掘された物が保管されていました。

decouverts.jpg


中には、残っていた人の形を石膏で固めたものも…。

decouverts2.jpg


うう、リアルだ…。それも、顔をおさえているところなど…。
他にも、公衆浴場に人体石膏像がガラスケースに入って展示されていました。

(最近イタリアを旅行された、パリ在住ブロガー・ルビパパさん&ルビママさんもポンペイのお写真を沢山掲載していらっしゃるので、興味のある方は是非。他の人体石膏像もあります…。やっぱり衝撃的ですもんね。つい目を見張っちゃう。)

それにしても、ポンペイ、広いよぅ~~~。

すべてを見てまわるのは大変!
入り口でもらえる地図には、お勧めの2時間コース、4時間コース、6時間コースの順路が記載されているので、自分の都合にあったコースを選んで見学するのが良いかも。

ミシュラン・ガイドに、水飲み場が殆んどないので飲料の用意をして行った方がよい、と書いてありましたが、確かに…。途中、一つだけ水が出る水道を見つけ、空になったペットボトルを満たしました。あれだけ広い中、カフェテリアは一件のみだし、割高だし。日陰が少ないので、特に暑い季節は水分補給に気をつけましょう。


ポンペイへの行き方:
ナポリ中央駅(Stazione Centrale)に接続している私鉄チルクムヴェスビアナ(Circumvesuviana)から、ソレント行き(Sorento)に乗り、ポンペイ・ヴィラ・デイ・ミステラーリ駅(Pompei-Villa dei Misteri)で下車(所要時間約40分)。遺跡入り口(Porta Marina)は駅から歩いて約5分。
又はポッジオマリーノ-サルノ行き(Poggiomarino-Sarno)に乗り、ポンペイ・サントゥアリオ駅(Pompei Santuario)下車(所要時間約50分)。遺跡入り口(Piazza Anfiteatro)は駅から歩いて約15分。

オープン時間:3月~11月 8:30~19:30
       11月~3月 8:30~17:00
       (入場締め切り:クローズの1時間半前)

入場料:11ユーロ

ポンペイ遺跡のホームページ:www.pompeiisites.org

スポンサーサイト
コメント
人体石膏像・・・
あれは、本当、すごく衝撃的ですよね!!

10年前に行きましたが、
私の中では、
ポンペイ=遺跡というより、
ポンペイ=人体石膏像 になってますよ(苦笑)
そのくらい衝撃的でした。
【2007/06/08 04:20】 | Zel.co #3.qd4xgI | [edit]
記事のリンクまではっていただいて、ありがとうございます!
そう、ほんとに広いですよねー。もっといろいろと廻りたかったのですが、体力のないルビ家は、歩きつかれて4時間くらいでダウン・・・
ほんと、ナイトツアーとかがあったら、「なにか」が見えるかもしれませんね。怖いもの見たさもありますが、うーん、遠慮するかなあ??
(こちらからもトラックバックさせていただきました!)
【2007/06/08 17:33】 | ルビパパ・ルビママ #- | [edit]
>Zel.coさん
>私の中では、
>ポンペイ=遺跡というより、
>ポンペイ=人体石膏像 になってますよ(苦笑)
あはは!それほど衝撃的だったということですね~。しかし、まさか自分の体がこれだけの時間を越えて何万、何十万という人に注目されて写真撮られたりすることになろうとは、思ってもみなかったでしょうに…なんて考えてしまいました。

>ルビパパさん・ルビママさん
私も、エルコラーノの後でしたし、足がすっかり棒のようになりましたー。
ナイトツアー…こわいかも~!あれ?ツアーのお客さんが一人多い…とか。でもムードがあっておもしろいかもしれないですね~。
トラックバック、ありがとうございました!
【2007/06/09 16:03】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/568-ccf6e974
  • ポンペイの古代遺跡!【ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記】
    イタリア旅行のお話しも、いよいよ終盤です!カプリ島からは、海岸の街ソレント、ローマ時代のポンペイ遺跡へも足を伸ばしてみました。日本からのツアーですと、ナポリから陸路で行かれる方が多いのではないか
【2007/06/09 01:29】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。