スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

スパッカナポリ(Via dei TribunaliとNapoli Sotterranea)

 2007-06-01
B.クローチェ通りと並行して、スパッカナポリを横断するもうひとつの主要道路がトリブナリ通り。

spaccanapoli4.jpg


この通りには古い教会がそこここに建ち、いかにも「旧市街」の風格。おまけに、おいしそうなピザ屋やトラットリアがちらほら(残念ながら試せなかったけど…)。

さて、今回のナポリ旅行で、最も楽しみにしていたものの一つが、地下遺跡見学。その入り口が、トリブナリ通りにあります。
下の写真は、地下遺跡見学ツアー入り口前のトリブナリ通りの様子。右端に案内の看板が写っています。

20070531150950.jpg




地下遺跡ツアーのホームページはこちら(日本語も有り)。
入り口は、サン・パオロ・マジョーレ教会の左横、奥まったところにあります。

20070531152137.jpg


ツアーは主にイタリア語、英語らしいのですが、時間によってはフランス語もあります。日本語は…?確認しませんでしたが、ホームページに日本語があるし、入り口に日本語のカードも用意されていたので、時々あるのかも??

私たちが行った土曜日10時はイタリア語と英語のみでした。ガイドはフランス人で、3ヶ国語(伊・英・仏)のガイドをしているジェロームさん。7人中5人(私も含めて)がフランス語希望の見学者で、もしかしてフランス語にチェンジしてくれるかも…と淡い期待を抱くも、他の2人は英語の人。もとももと英語ツアーだったので、残念ながら変更なし。

ツアーは二部に分かれています。
私たちは、まず古代ギリシア・ローマ劇場ツアーから。
劇場跡へ通じる入り口へは、サン・パオロ・マジョーレ教会右横の細い通り、チンクエ・サント通りをのぼっていきます。

20070531160132.jpg


外見はごく普通のアパートの入り口。そして、中も、ごく普通の典型的庶民住居、「バッソ・ナポレターノ」。しかし、ベッドをずらして床を持ち上げると、地下への入り口が。そして、せまい階段を降りていくと、古代ギリシャ・ローマ劇場跡があります。

teatro.jpg


この劇場でネロ皇帝が自作の歌を披露したとか。彼は庶民に金を払って聴衆として買い、数日にわたって公演したそうで、地震が起こったときも歌をやめなかったという記述が残っているそうです。

狭いバック・ステージ通路を歩いてみることができます。

20070531164526.jpg


劇場跡で発掘されているのはほんの一部。その他の部分は、ナポリの人々の住居の下に眠っています。見学できる部分も、古代劇場跡と知らずに数年前まではガレージとして使われていたとのこと。たしかに、裏から出ると、普通の中庭…。

20070531165913.jpg



さて、再びトリブナリ通りに戻り、今度は地下道と貯水槽跡へのツアー。地下40m(!?)へ降ります。こちらは、劇場跡よりも広いのですが、その分暗かったので写真がうまく撮れませんでした(ナポリ・ソッテラネアのホームページ内ツアー紹介のページから写真を見ることができます)。
古代ギリシャ人の採石場、ギリシャ人の後にネアポリスの住人となったローマ人が建設して以来、ナポリの生活を支えてきた水道や貯水槽などを見学。一部、あまりに狭いので電気がひけない通路があり、ひとりづつロウソクを手にして探検。この通路に入る前に「閉暗所恐怖症の人はいないですか?」と緊張した面持ちで尋ねられてドキドキ。お腹がつっかえて入れない人もいそうな気がする…。
教会の下にあたる部分では、修道士が食糧貯蔵とワイン作りに使っていた蔵もあります。その後ろには、地上へ続く四角い螺旋階段が延々とのびています。
また、この地下空間は、第二次世界大戦時には防空壕に使われ、当時のおもちゃやベッドが見つかっています。壁には「ママ、泣かないで」という落書きなどが残っています。
1943年、攻め入ってきたナチスを撃退するまでの「ナポリの4日間」(イタリアでは有名な史実らしい)では、この地下がレジスタンスたちの隠れ家となって重要な役割を果たしたそうです。レジスタンスが引いた電線も残っています。
残念ながら、戦後、使われなくなった地下空間には廃棄物が捨てられたりして塞がれてしまった部分が多くあるそうです。

ツアーの最後は…最初に降りてきた階段を(トーゼンながら)えいほえいほと上って終了。ぜいぜい。毎日何回も上り下りしてるガイドさん、大変だなあ~。

ツアーは90分前後ということですが、2時間みておいた方が良いかも。
遠い昔に思いを馳せる静寂さを求めるなら、グループ見学や混雑が予想される週末は避けた方が無難。
地下は夏でもかなり涼しいので、トレーナーやカーディガンなど上に着るものを用意していきましょう。
月~金曜:12時、14時、16時(木曜は21時もあり)
土、日、祝日:10時、12時、14時、16時、18時
入場料 10ユーロ(campania arte cardで10%引き)

(ナポリ・ソッテラネアのHP以外では、在ナポリ日本人の方が作っているサイト、Piazza Italia「ナポリを歩こう」を参考にさせていただきました。)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/564-75542f5c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。