スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ぶつぶつ

 2007-05-21
取りあえずの内閣が決まりましたね。

首相はフィヨンでした。ボルローかも?なんて思ったけど、選挙キャンペーンのときから首相はフィヨンにと公言したし、何より、ボルローは人気があって食われるかもしれないのでフィヨンにしとくと安心、という計算があったという噂。っていうか、エリザベット・テシエの占い、ハズレてるじゃん!

私は個人的にフィヨンも好きじゃない。あの陰気な雰囲気、そのくせ結構強硬姿勢なことをさらりと言うし、1995年の大統領選ではシラクを裏切ってバラデュールにつき、そのあと内閣に入れてもらってシラク派になった、と思ったらいつのまにかすっかりサルコジ派に寝返って(内閣再編成のときに追い出されたせいらしい)「後年、ひとはシラクの業績など何も覚えていないだろう、私が手がけた改革以外は」なんて言っちゃう傲慢さ。

070519141427.glmgn5mz0_photo-de-famille-du-gouvernement-fillon--au-palaisb.jpgそれと、内閣には私の嫌いな人がてんこもり。サルコジの選挙キャンペーンでスポークスマンを務めたラシーダ・ダティ法務大臣とか。前内閣でサルコジがまだ内相だった時に、未成年犯罪に関する法律を大幅に改変しようとしたけど、その案を一手に引き受けたのが彼女だったらしい。ってことは、犯罪者になりそうな子供には小学生の頃から目を光らせるという案を作ったのも彼女ってことか。それで今回は、未成年の累犯者に対する処罰制度の改革というサルコジの公約を遂行しようというわけですか。それはサルコジにとっては頼もしい法務大臣でしょうね。ヴァレリー・ペカスは、討論でポロっと「多数派がデモクラシーってことでしょ?」と言ったらしい。そんな人に高等教育システムをいじってほしくない。そして、アズズ・ベガグによると「フィッサ」とアラブ語を使って彼に軽蔑的態度をみせたというブリス・オットフー。そんな人が移民・統合・国民アイデンティティ省を受け持つなんて…空恐ろしい。それから、ロズリーヌ・バシュローなんて、なんで選挙運動の後半にしゃしゃり出てきたかがこれでわかった。2003年の猛暑のとき、大した対応もできなかった元環境大臣。まさか大臣の座(保健・若者・スポーツ大臣)に返り咲くとは全然思ってなかったんだけどな。それにナンバー2がなんで今更アラン・ジュペなのか。シラクはすっかり身内をサルコジにはぎとられましたね。

クシュネールが外務大臣というのは、嫌だなーと思ってたけど、まあ元々社会党に属しているというわりには党の方針からはずれがちなフリーなフレンチ・ドクターでしたから、結局はそれもありかなーと思ったり。大体、彼、イラク介入を支持していたそうだし。

左派の政治家も起用したりして、「開かれた内閣」をアピールしてますが、それならもっと大胆に、環境関係を担う大臣にアラン・ジュペなんてクラッシックな保守派政治家をもってこないで、緑の党からひっぱってくればいいのに。なんだかんだいって、結局自分の身内をうまく配置してる。一応左派の人間と言われているエリック・ベッソンも、今回役職をもらえたことが、最後にサルコジ支持にまわった理由を裏付けましたね。ま、みんな「やっぱり」って思っているでしょうが。
あと、15人の大臣のうち約半数の7人を女性にしたことで「平等」ってこともアピールしているようですが…サルコジがやりたがってるアファーマティヴ・アクション(フランス語ではディスクリミナション・ポジティヴといわれる)のモデルを見せようということなのでしょう。だったら移民系フランス人ももっと入れればいいのに。

というわけで、私は全然「開かれた内閣」だなんて思っちゃいないし、ますますニュースを読む気がなくなりました。
という、ぶつぶつと暗く愚痴なことばかりですみません…。
しばらくはニュース以外のことを書こうかなと思ってみたりしてます。
スポンサーサイト
コメント
ついにサルコが大統領になってしまいましたね笑 でも正直あまり歓迎していない市民も
多いんではないでしょうか?特に20代前半とか。
ギニョルでSuper menteurなんて揶揄されたシラクのほうがだいぶオープンで面白かったですね。
【2007/05/21 04:55】 | 男・岩鬼 #- | [edit]
いや、笑いごとじゃないっすよ(笑)。
まあ、まだこれから総選挙が控えているので、国民議会の勢力図がどうなるか…ですね。世論調査だとUMPが多数派になる可能性が有力なようですが。

今回のフィヨン内閣は、派閥で固めたシラクと違って開かれた内閣、と言われていますが、これのどこが派閥じゃないんだ?と小一時間問いただしたい(古っ)。
ちなみに、最近、ギニョルは見てないのですが、サルコジは忍耐力がなくてすぐキレてハイパーアクティブというキャラクターになっているようです。
【2007/05/21 22:07】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
確かにサルコジにはシラクのような鷹揚さが欠けてる分、批判に弱いような気がしますね。強い人間というのは他人の批判を受け入れて、逆にそれを力にしますし。
左派はその辺をうまく突いていけばいいのではないでしょうかね。中途半端な右派より
明確さのあるサルコのほうが戦いやすいという左派の人もけっこういるようですね。
にしても、この5年は厳しい5年になりますね。特に若者にとっては。
【2007/05/22 13:55】 | 男・岩鬼 #- | [edit]
ついでに私はバイルーが好きです笑。
なんというか今回の選挙の有力候補の中で一番信念を貫いたという印象があります。
サルコジもロワイヤルも大衆に媚びてるところがどうも・・・
彼は演説もうまいようですし、なんといっても安定している。
【2007/05/22 14:03】 | 男・岩鬼 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/559-0601669c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。