スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

フランス大統領、移民の子供たち

 2007-05-08
今回のフランス大統領選は、他の国からもずいぶん注目を浴びたそうです。まあ、サルコジになることが望ましかったり懸念に感じたりは、それぞれのフランスとの関係によって異なっていたようですが。例えば、アメリカは「カモ~ン、ニコラ!」だったみたい。アフリカ諸国はセネガル生まれのセゴレーヌに期待してたんじゃないでしょうか。
で、日本はどうだったのでしょうか。セゴレーヌ・ロワイヤルが、昔、日本の漫画には女性蔑視や暴力が多く描かれているから、日本社会では女性が大変苦労しているのだろうとコメントしたことがあるとか、はたまたニコラ・サルコジが中国訪問時に相撲のことを「シニョンに油をつけたデブのスポーツのどこが面白いのか」と言ったとか「京都の庭園などうら寂しいだけでちっともよくない」と言ったとか、そういうエピソードは伝わっていたようですが。相撲については、明らかに、親日家で相撲の大ファンのシラクへのあてつけですが、その後、パリに戻ってから平林大使(当時)を昼食に招いて「あんなことは言ってないですよ」と釈明してます。

えっと、また前置きが長くなりました。
人から聞いた話と、ちょっと読んだ新聞から受けた印象では、日本で「サルコジはハンガリー移民の子」ということがよく取り上げられているみたいですね。これ、結構違和感あります。
その事実には間違いないのですが、そのことを意識している人はフランスでは少ないのではないかと思います。サルコジについて、「ハンガリー移民の子が…」という言葉を聞いたことは殆んどありません。ル・ペンが「移民の子はフランス大統領に相応しくない」と言って、UMPとPSから激しく批判されたときくらいでしょうか。私はそのときまでそんなことすっかり忘れてました。「あ、サルコジって移民の子だったっけ、そういえば。それで?」って感じ。ああ、あと、アンチ・サルコのパリジェンヌが、何を思ったか「ハンガリー人の子孫がフランスで何をやろうっていうのよ!」と叫んだとき(ちょっとびびった)。ま、これは、「あなたに投票権がないのはおかしいわ!」と言ってくれて、その話の続きという文脈なのですが。それと、サルコジ本人が、「自分も移民の子だから」と言って、移民に対して差別的であるという批判をかわしたときもありましたが。
ちなみに、「サルコジは移民家族出身」といっても、裕福なブルジョワ移民家族の子で、現在問題になっている「移民差別」とはあまり関係ないと思います。

日本が「移民の子」ということに敏感に反応してしまう現象と、フランスでそれは特に問題にされていないという事実の間にあるズレ…これが、日本の報道のされ方を見て、時に私が居心地を悪くさせられる所以。

じゃあフランスで「移民差別」はないの?「移民問題」とか「同化政策の失敗」といわれる社会問題があるじゃないの?と思われるでしょう。たしかにあります。
ただ、この「移民」とは、今、フランスでは無意識的にマグレブ及びアフリカ系移民と捉えられているように思います。

フランスは、20世紀前半は、スペインとイタリアからの移民が多かった。
この前、あまりの天才ぶりに驚かされたトマ・ピケティの話をフランス人の同僚にしたら「イタリア系の名前だ」と言われました。ついでに、その同僚が言っていたのですが、UMPのジャン-フランソワ・コペの元来の名前はコペコヴスキーだったか、とにかくコペなんとかいうロシア系の名前だったそうです。ロシア的特徴の部分をとって改名したのだとか。苗字だと、どうも「○○の国っぽい」という印象を与えやすいですね。そういえば「サルコジ」だっていかにも東欧っぽいですが。
しかし、苗字は代々引き継がれるものだし、ヨーロッパ大陸系で聞きなれたような名前だったら、「移民の子」といちいち意識しないのではないでしょうか。その場合、名前がフランスっぽければ特に気にされないのではないかと思います。フランス社会では名前で呼び合うことの方が多いし。同じキリスト教系とはいえ、国によって呼び方が微妙に違うので(例えばフランスだとミッシェル、イタリアだとミッチェル?ドイツだとミカエルだし、スペインだとミゲルでしょうか…結構適当言ってますが)、移民家族は子供にフランス風の名前をつけることが多かったようです。
ただし、それはキリスト教文化を背景にした移民の話。彼らはフランス風の名前をつけることにそれほど抵抗はなかったでしょう。

先日、サルコジが「移民と国民アイデンティティ省を開設する」と公約して世間を騒がせた後、フィガロ・マガジンの読者投稿欄に、「名前はそれほど無邪気なものではない」という主旨の文章が掲載されていました。曰く、自分も移民家族の子孫であるが、「われわれの親はフランス風の名前をつけて、社会に同化する意志を示していた」「そこに同化の意欲があった」。

ところで、日本人の移民家族の場合はどうだろうか。日本名とフランス名、両方をつけることが可能ですし、そういう家庭が多いようですが、どちらでも通用するような名前を探すケースもよく見られます。逆にいうと、フランス風ならなんでも…というわけにいかない前提がある。
アジアやマグレブからの移民の場合は、苗字も名前も根本的な違いがあり、むやみやたらとフランス風の名前をつけることに抵抗を感じるのでは。

お父さんがアルジェリア人でお母さんがフランス人という友達がいるのですが、お父さんはアルジェリア戦争のときにフランスに移住してきて、以来、アルジェリアには一度も帰ったことがないそうです。お父さんが母国語を喋ったのを聞いたこともない。でも、その友人の苗字は、お父さんからきているので、マグレブ系。そして名前も。ムスリムでもないしアラビア語も話せないしお父さんの故郷を知らないけれど、彼が名乗ったときには、やはりすぐ「移民の子」と見られてしまうのだろうか、と時々考えてしまう。

以前、ル・モンドに、改名を申し立てる人々の話が載っていました。古くさすぎて恥ずかしいとか、家族と絶縁したときに名前を変えたけれど取り戻したいとか、そういうものもありましたが、移民系の名前の問題が多いようでした。実名はいかにもアラビア系の名前だけれど、仕事のためにフランス風に改名したいという人。これは、まあ、読む前からなんとなく推測できました。しかし、逆もあって、フランス国籍を取得したときにフランス風の名前を申請してしまったけれど、その名前ではムスリムとして巡礼ができないとか、逆にムスリムの中で差別を受けてしまうとか…。

実は、フィガロ・マガジンの読者投稿より前にこのル・モンドの記事を読んでいたので、「移民の子供」と自称するその人の意見内容に、なんともいえない苦い気持ちになりました。
「名前に同化の意欲が示される」などと安易に意見するような人こそが、現在のフランス社会における「移民問題」を深刻化させているのではないか、そしてそのことに気づいていないのではないか。

日本の報道では特に「移民問題」と一口に言ってしまわれがちですが、日本人でもフランス人でも、「移民」という言葉を発するときに自分が一体どういう人たちを指しているのか、問い直してみる必要があると思います。「移民」という言葉を発するその時点で、移民問題の只中にいるかもしれない。そして、「移民問題」とは何かを知るには、そこから始まるのではないかと思います。
スポンサーサイト
コメント
はじめまして。このところの大統領選関係の記事、参考にさせてもらっています。
「移民家族」出身の大統領誕生というのは、Mac-Mahon以来ということなのでしょうけれども、たしかにフランス国内ではあまり言及されませんね。移民の問題というのは、時と場合に応じて、その境界線が動くというのがなんとも。
ところで、Micheleはイタリア人の場合、ミケーレと呼ぶ気がします。『拝啓ミケーレ君』とか。

【2007/05/08 21:35】 | strapontins #- | [edit]
コメント、ありがとうございます。
ときどき、日本の人に「移民が暴れて大変なんでしょ」と言われて、ガーーンとなります。悪意がないのはわかってるので余計に。
なるほど、イタリアではミケーレですか。ミケランジェロですもんね。「拝啓ミケーレ君」、知りませんでした。
【2007/05/08 22:38】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
そろそろ宣伝はおしまいにしなよ。
うざいよ。
【2007/05/10 11:28】 | jp #VWFaYlLU | [edit]
どの程度の学生かしらないが
バイアスのかかった人の論文など読めなくなる。 感情的な論調でくだらぬことを書かない
ことを勧める。
【2007/05/10 11:30】 | jp2 #3ckAi.bQ | [edit]
まあ、「ちらしの裏のメモ」的ブログなんで(サブ・タイトルでことわってますから)…論文でもなんでもないですし。
あなたにとってうざいのは仕方のないことなので、このサイトを再訪されないことをお勧めします。
【2007/05/10 19:04】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
はじめまして。

そうですよ、うざいなら来なきゃいい、読まなきゃいいじゃないですか。
ご自身の気に入るブログに行って時間でもつぶしてください。

shibaさん、私はフランスに興味があってフランス語がいまいちなので、参考になせてもらっています。
これからも楽しみにしています。
【2007/05/11 10:25】 | Rin #- | [edit]
Rinさん、はじめまして。
心優しい励まし、ありがとうございます。
何度も言うようですが、「ちらしの裏のメモ」的ブログなので、どれだけ参考になるかもわからないんですけれど…。
こちらこそこれからもよろしくお願いします。
【2007/05/11 22:35】 | shiba #ni2T6odE | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/554-412ce1e5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。