スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

そしてフランスは続く

 2007-05-07
サルコジが大統領になっちゃった。
…。
まあ、仕方ないですね。
結構前から心の準備はしていたので、「あ~あ、とうとう現実になっちゃった…」って、そんな感じ。でもやっぱりどこかに憤りはあります。

土曜日くらいから、セゴレーヌ派は既に諦めムードになっていて、昨日の日曜、彼ら彼女らは絶望感を抱きながら投票に行ったらしい。ル・モンドに、投票所で拾った有権者の声と写真がアップされていて、12区の投票所で、まだまだ元気そうなおばあちゃんが「希望はないけど、大事だと思ったから来ました。私の最後の投票になるかもしれないからね…もうすぐ90歳だもの、5年後にはいないだろうから…子供のため、孫のため、曾孫のためを思ってね」と話していて、涙が浮かんでしまった。
"Il n'y a pas de suspense"
LEMONDE.FR | 06.05.07

© Le Monde.fr

20070507234100.jpg20時の発表の5分後にはセゴレーヌ・ロワイヤルの声明があって、ずっと笑顔で人々に応えていて、個人的にはそれに救われた感じはあります。「メルシー、セゴレーヌ」という支持者たちのかけ声が、明るくてよかったです。
社会党陣営では、彼女が笑顔なのに驚いて、「自分が負けたことがわかってるのか」と怒る人もいたらしいけど。いいじゃん、爽やかで。
この選挙期間中、特に最後の二週間、色々なことを考えさせられたし、色々と分かった気がする。メルシー、セゴレーヌ!

TVでは、両候補所属政党の人がなんか喋っていたけど、映像はサルコジが車で移動するのをずっと追っているだけなので、そんなの見ても別にな~って感じだし、もうどうでもいいやってワインを飲んでました。コンコルド広場ではすごい人だかりだったようですが。
その傍ら、バスティーユ広場ではアンチ・サルコのデモがあったらしいですね。リヨンやレンヌ、モンペリエでも小競り合いがあったそうで。ル・モンドに、デイリーモーションから集めた映像のページがありました。
バスティーユ広場で、石畳を掘って舗石を機動隊に投げつけてるの、「きみら、68年運動かい」と内心突っ込みを入れてしまった。

今日のル・モンドを読んでいたら、オルネー・スー・ボワでも衝突があったとのことですが、どうやら警察の方が先に手を出したらしい。ただ集まって喋ってるだけなのに、物々しい装備の警察が固まって防御かつ攻撃の構えをみせたら、空気が緊張するのは当たり前な気がするけど…。しかも先に殴ってどうすんだよ、バカバカしい。

今日の夜も、アンチ・サルコのデモがあったみたい。でも、一応、デモクラシーに則って、国民の投票(しかも直接選挙)で選ばれた大統領だからね…。「壊し屋」がでるデモはまずい。もっと有意義な表現行動をしないと。

さっき、France3で、選挙期間中、4人の候補者(サルコジ、ロワイヤル、バイルー、ル・ペン)を追ったルポルタージュをやっていて、「ああ、こんなことあったよね」って思い出しつつ、「ここでもっと批判してやればよかったのに」とか悔しく思いました。一次選と二次選の間、やたら落ち着きをみせたサルコジですが、その前の「暴言」はひどかったからね。このルポルタージュをみて、人々がサルコジを大統領に選んでしまったことを後悔しなけりゃいいけど…と思いました。
ちなみに、このルポルタージュの中で、ちょうど私が居合わせた場面があったのですが、おでこだけ写ってた。あはは。
スポンサーサイト
コメント
もしかすると「サルコジ大統領」はフランス人最後の「やる気」なのかもしれませんね。この幻影が破れた後が面白くなるのでしょう。日本みたいに「もうアジアの経済大国の役は中国やインドにまかせて、おれたちはマッタリと生きようぜ」となったときに面白くなってくるのです。いっそのこと日本は農業国にもどって黒船以前、つまりもう一度鎖国する、というのが理想なんですけど(わたしの周りでも農業をやりたいという人がすごく増えてていて、うち一人はかなり本気のようで、そのための資金を貯めています)。アーミッシュのように宗教的共同体が近代化を拒否するなら、国家単位でこれを拒否するというのもアリなのではないでしょうか(地球環境にもやさしい)。M・ナイト・シャマランの『ヴィレッジ』はそういう意味で示唆的な映画でした。
【2007/05/08 03:41】 | pianoman in Matsudo #- | [edit]
はいほー!
めっちゃめちゃめちゃ久しぶりにや~。

メールをしようと思いつつ、手軽なこっちに来てしまっただす。

なんだかフランス情勢さっぱりなのですが、shibaさんのブログでしっかり勉強させてもらうだよ。
小耳にはさんでるかもですが、来月末か7月にはパリに引っ越すだ。あ、まだ自分のブログでは発表してないので、カキコなしで!

会えるのを楽しみにしているよ~。
さ、べんきょーすっか。
【2007/05/08 07:56】 | Nori  #- | [edit]
おつかれさんです~
メーデーのセゴ集会に立ち会われたshibaさんだからこその口惜しさお察しします。
(しかし、8時早々の敗北宣言は早すぎな気がしたけど。。。)

>人々がサルコジを大統領に選んでしまったことを後悔しなけりゃいいけど…

おおいに後悔してもらいましょうよ。議会選挙もあるんでしょ?
左翼体質人間の私はフランス社会党が日本社会党の運命を辿らないことを願ってます。
【2007/05/08 10:41】 | imasaru #6ilpfs42 | [edit]
>pianomanさん
鎖国っすかー。農業国に戻って自給自足できますかね?
アーミッシュって何?と思ったら、去年ツール・ド・フランスで優勝したフロイト・ランディスってペンシルバニアの出身で故郷の様子がTVに写ってたけど、なんかそんな感じの町でしたね。電気が通ってないとか。近代化はノーなのに最新薬物はOKなのだろうか。

>Noriさん
おーー!!パリに帰ってくるの?やったー!
ご主人、あの大リストラが発表された会社じゃなかったっけ?
サヨ・ブログですから、勉強になるかどうかわからんねえ(笑)。

>imasaruさん
一次選のときは、ベルギーとかスイスのサイトに接続できなくて、結果はきっちり20時まで待ったのですが、決選投票の日は何故かどちらもガンガン見れて、もう18時には完全に諦めてた私としては、ま、20時ちょい過ぎの早速の声明はさすがに異例らしいですが、あんまり違和感なかったかなー。
総選挙がねえ…どうなるかねえ…。
それより、内閣に左派の人を入れるとか言ってて、またムカついてます。エリック・ベッソンとクロード・アレーグルならいくらでもくれてやるけどさ。ベルナール・クシュネールとか勘弁してもらいたい。
【2007/05/08 22:32】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
妻は最近帰化したのでもちろんSRに投票したみたいですが、彼女の詰めの甘さは痛い。細かいことは大統領の仕事じゃない、という気持ちはわからないわけではないけど、明らかにデキる人が期待されているムードの中で、いい加減なこと(原発の発電量に占める割合とか、障害者の通常学級への受け入れ具合とか)を攻撃的姿勢で言ったのは致命的でしたね。NSの緻密な批判はいろんな人がしていたのに、それを討論に生かせなかったのは単なる戦術のミスではなく、本人の資質の問題でしょう。他に適役も見当たらないので、土井だのみだったころの日本社会党を思い出し、ちょっと不安です。
ま、候補者だけの問題ではなく、あきらかに60歳以上は古き良き、みんなががむしゃらに働いて、治安も良かった時代を約束するNSに、25歳から34際は年金制度が自分たちの重荷になるのを恐れてNSに大規模に投票した節がありますね。それ以外の年齢層はどちらかというとSR。一種の世代間闘争なのがちょっと日本と違うかも。
【2007/05/10 21:42】 | yoshi #- | [edit]
あの討論で、「大統領は平静でないと…」と、まるで自分がさんざん聞かされてきたことを繰り返しているだけのようなサルコジに向かって、「不当なことの前では怒るのが大統領の資質」とバシッと言い返したロワイヤルには「おぉ~!」となったんですけどねー。内容が間違ってたのは痛かったですね。原発に関しては、サルコジも間違ってましたけどね。あの討論の直後、仏語ウィキペディアのEPRの項が「第4世代」に書き換えられたらしいですよ。ははは。

セゴレーヌ・ロワイヤルの場合、有権者を説得させるレトリックなどの資質もそうだけど、やっぱり分裂気味な社会党内部の問題も大きかったと思います。反対に、サルコジの場合、UMPを乗っ取り、こつこつとまとめあげた成果がでたという感じですね。

なるほど、年金の不安というのがあったか。
あと、定年退職していても年金と資産がある60歳以上の有権者については、サルコジの政策方針によって安定した裕福な生活が送れるだろうという魅力を感じている、という分析をどこかで読みました。相続税がなくなったら、今の時代に苦労している子供に資産をのこせるという安心感もあったかもですね。
【2007/05/11 22:30】 | shiba #ni2T6odE | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/553-911eef5f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。