スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Le meeting de Segolene Royal au 01 mai

 2007-05-05
5月1日、メーデーに、パリのシャルレティ競技場でセゴレーヌ・ロワイヤルの選挙集会がありました。
セゴレーヌ・ロワイヤルを支持するミュージシャンなどが多数参加、ほぼ無料野外コンサートのようなイベントとなりました。
その二日前、4月29日日曜日にベルシー体育館で行われたニコラ・サルコジの選挙集会も、ジョニー・アリデイ、ジャン・レノ、アンリ・サルバドールなど、超有名人が集まったようです。ベルシー体育館は、立ち見を含めても17000~18000人ほどしか入れないと言われていますが、サルコジ選挙委員会によると、約2万人が入場したとのこと。また、それに加えて、会場の外の巨大スクリーンを通じて集会に参加した人が2万人いると発表、合計4万人近くがニコラ・サルコジの選挙集会に参加したと言われています。
セゴレーヌ・ロワイヤルの集会も、ベルシー体育館で…という話がありましたが、参加人数を考えると入りきらないということで、13区にあるシャルレティ競技場にしたらしい。しかし、野外競技場なので、天気が心配されていました。予報では雨と言われていましたが…当日は快晴!

で、私も行ってみました。
↓会場へ向かう人の群れ。
lenree.jpg

午後3時半会場、5時開始と聞いていましたが、5時ちょっと前に到着したらもう満員とのことで、入り口の門が閉められていました。そ、そんな~!
つめかけた人々の間から、「扉を開けろ!」「入りたい!」とシュプレヒコールが。その傍ら、次々に門を乗り越える若者たち…。
lentree2.jpg

lentree3.jpg
前日、ミュージシャンが「我々のウッドストックをやるんだ!」とコメントしていたけれど、ほんと、ウッドストックみたい(?)。(ちなみに、ウッドストックを引き合いに出したのは、サルコジがベルシーの集会で「68年運動が悪の根源」的発言をしたことへのあてつけだと思われ。)すごいパワーだな~、さすがにこれはできんよ…と眺めていたら、後ろから「ディジョン」と書いたのぼりを持ったグループが到着。えー、ディジョンから来たの!?
ientree4.jpg
地方からわざわざ来たのに入れないなんて可哀想すぎる…と思っていたら、係員から「中の人たちに詰めてもらってますから、もうちょっと余裕ができたら門を開けます」という発表。観客席はもう一杯だけど、フィールドにはまだ入れるとのこと。30分ほど待っていたら、門がちょっとだけ開き、押すな押すなの人の波にもまれつつ、やっと中に入れました。

中に入ってみたら…すごい人!
stade.jpg
stade2.jpg
でも、フィールドは、閉め切るほど満員ではないのになあ。
後で入り口の方を振り返ったら、ディジョン隊も入れたようで、よかったよかった。
ballon.jpg
↑「社会主義者であることは誇り」と書かれたMJS(社会党の若い人たちのグループ)の飛行船。

ステージは、ほんと、野外コンサートといった趣。
stage.jpg
遠すぎて見えないので、スクリーンで我慢。コンサートは…若手ミュージシャンが多く、正直言って、知らない人ばかりだったし、とりあえず入るのに疲れてしまって、あんまり聞いてなかった。すごく人気があるらしいCaliは良かったです。

7時過ぎ、セゴレーヌ・ロワイヤルが登場。
sego.jpg
様々なスローガンやポスターが掲げられ、拍手で迎えられました。
stade3.jpg

セゴレーヌ・ロワイヤルの演説の間、随所で拍手が。そして、ニコラ・サルコジの政策や言葉が引用されると、ブーイング。
演説に聞き入る人々は、みんな明るい表情で、特に若い人たちの顔には希望があらわれていたように感じます。
spectateurs.jpg
20070505141458.jpg
↑「私たちにとって〔大統領は〕彼女」と書かれたプラカードを掲げた女の子。

セゴレーヌ・ロワイヤルの演説が終わってから、8時頃さっさと出てしまったけれど、ニュースを見たら、そのあとヤニック・ノアが歌ったらしく、9時半までやっていたそうな。
やはり約4万人が参加したとのこと。

とてもハッピーな集会でした。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/551-70e91531
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。