スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

オレンジレンジ、またはオレンジ革命(?)

 2007-04-26
一次選で18%以上もの好成績を上げたフランソワ・バイルー。彼は、選挙期間中ずっと「右でも左でもない中道」を主張してきました。そして得票率が2002年の3倍近くという成果を得て、「右と左に分ける既存の政治システムを揺るがす第三の勢力としての中道」を賞賛。政党のカラーも、右が青、左が赤と決まっていますが、バイルー氏率いる中道派UDFはオレンジに。

さて、バイルー氏は二次選に進出はできなかったものの、彼の得た票が決選投票を左右するとして、ニコラ・サルコジとセゴレーヌ・ロワイヤル両陣営から引っ張りだこ。

070424222902.tcsieq2j0_le-candidat-ump---la-presidentielle-nicolas-sarkozb.jpg月曜の党集会で、ニコラ・サルコジの演台に、選挙運動のキャッチコピーが書かれたパネルがいつものように置かれていましたが、なんとそのパネルがオレンジ色に!→
つい日曜の夜まで青かったのに…。

20070425195315.jpgセゴレーヌ・ロワイヤルは、いつものように白いジャケットを羽織っていましたが、なんとオレンジ色のシャツを中に着ていた!→

これって、オレンジの誘惑大作戦?

これは昨日のカナル・プリュスの「グラン・ジュルナル」というTV番組を見て知った話なのですが、ゲストに招かれていたエリック・ベッソンのネクタイもオレンジでした(本人は「偶然」と言っていましたが…)。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/544-68c0c6f5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。