スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ニコラ・サルコジのエイズ予防(をしない)キャンペーン・ポスター

 2007-03-30
先週末、23日から25日の3日間、Sidactionというエイズ・キャンペーンがフランスで行われました。このキャンペーンの名前は、エイズのフランス語「SIDA」+「行動」という意味の「ACTION」。エイズの予防・撲滅のために行動を起こそう、という意味が込められているのだと思います。
このキャンペーンにはテレビ局が協賛しており、期間中、赤いリボンを結んだようなシンボル・マークと募金のための電話番号が、TV画面の端にずっと表示されていました。
Sidactionは、もともとアンチ・エイズ活動をしている団体が集まって始まったもので、エイズに関する研究や予防キャンペーン活動またエイズ患者の支援のための募金を目的としています。

ところで、先日、パリの街中でセゴレーヌ・ロワイヤルの写っているポスターが目に止まり、「また雑誌の広告かな」くらいに思ってふと印刷されている文章を読んだら、「もし私がHIVウィルス保持者だったら、私に投票しますか?」と書かれていました。これはAIDESというアンチ・エイズ団体の手によるもの。
実はこのポスター、他の候補者たちのものもあるそうです(計8名)。すべて同じ文章・同じ作り。
但し、ニコラ・サルコジだけもう一枚、特別ヴァージョンが。

v_7_ill_889120_sarkozyaides.jpgAIDESによると、協力を求めた大統領選候補者たちの中で唯一ニコラ・サルコジからは何の返答もなかったそう。一月末から何度も電話やメールでコンタクトをとろうと試みたものの、「現在検討中です」「多忙につき近々こちらからご連絡します」といったこたえが返ってくるばかり。痺れを切らしたAIDESは、「ニコラ・サルコジはエイズ予防に対して何もやる気がない」と結論づけ、このポスターを作成。ずばり「もし私がエイズに何の対策をしなくても私に投票しますか?」という文章つき。

しかし、AIDESのサイトの最新ニュースをみると、サルコジ氏からの手紙の内容が載っているので、結局はちゃんと返事がもらえたみたいです。このポスターの発表後のようですけどね。

参照:
Le Mondeより

AIDESのサイト内
「Voteriez-vous pour moi meme si j'en ai rien a cirer du sida ?」
スポンサーサイト
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/03/31 16:03】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/528-d7631c76
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。