スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

不法滞在者の検挙と衝突

 2007-03-25
ニコラ・サルコジは26日月曜日に内相を辞任することを発表。しかし辞任まであと数日となった今、サルコジ内相と彼が長を務める警察に対する批判が噴出する事件が起きました。

20日の火曜日、パリ19区の小学校前で、警察と学童の親たちが衝突。警察は、近くのバーで、学校に孫を迎えに来た中国人男性を尋問、連行しようとしました。この男性は不法滞在者でした。その場に居合わせた他の親たちや教師がこれに反発、男性を乗せたパトカーを取り囲み、連行を阻止しようとしましたが、警察は沈静化のために催涙ガスを撒布。大人ばかりでなく、下校しようとしていた子供たちにも催涙ガスの被害が及んだようです。

その様子の一部(「釈放しろ」と叫び抗議する親たち)を撮影した映像がインターネット上で流布されています。ル・モンドから拾ってきたのがこれ↓です。


問題の衝突が起こったのは、ベルヴィル地区のランパル通りにある小学校の前。ランパル通りは、ベルヴィルの地下鉄の駅からピレネー通りへ向かってベルヴィル通りの坂道を登っていく途中、パシフィックとコクミンという大きな中華レストランの間を左に入る通り。付近には豆腐専門店もあるし、中華街ベルヴィルによく行く人なら、一度くらいはこの小学校の前を通ったことがあるのでは。

RESF(国境なき教育網)は、「共和国の価値として最後の砦」といえる学校にまで警察の手入れが入ったとして怒りをあらわしています。ロイター通信が伝えたところによると、前日にもランパル通りの小学校前で、不法滞在中の学童の母親を連行しようとした警察が他の親たちの激しい抗議を受け、事を荒立てるのを避けて連行をあきらめたという経緯があったそうです。

以前にも、慈善団体「心のレストラン」が路上生活者や経済的に貧しい人を対象に食糧配給にまわったレピュブリック(パリ10区・11区)で、突然警察がやってきて不法滞在者の検挙を行ったことがありました。

このような場で不法滞在者の検挙を行う警察にNPO団体から批判が出ています。

また、ランパル小学校前で抗議行動を起こした小学校長と学童の親二名の計三名が拘留されました。ヴァレリー・ブコザ校長はパトカーを損傷させた責任を問われて、他二名は暴動を誘発させたという容疑で、それぞれ数時間の拘留を受けた後、釈放されました。
子供の家族が連行されそうになったのを阻止しようとした校長の拘留は、更なる反発と批判を招きました。左派および中道右派の候補者たちはこぞってサルコジ内相を非難。セゴレーヌ・ロワイヤルはニースでの集会で「これは私たちが求めるフランスではない。こんな風に国民性を擁護するべきではない、全く反対のやり方だ」と述べています。

海外県マルティニークを訪問中のサルコジ内相は、「この件には論議を要するような問題はない」とコメント。校長の拘留は司法の決定に基づくもので、警察に対する暴力行為があったことから検事が要請したものであると説明しています。検事局、警察責任者や警官の労働組合らが、この見解を肯定。
また、内相は、学校内または学校付近で不法滞在者検挙を行ってはならないとする文書を警視庁に回していると主張。これに反したと言えるパリ警視庁長官ピエール・ミュッツとは距離を置く態度をとっています。

パリ近郊都市警察の責任者であるアラン・ガルデールは、ラジオ局RTLで、問題の検挙はもともと飲料小売店の取締りに関するもので、移民を対象にしたわけではないと説明。

警察側と学童の親や教師たちとの間に一種の誤解があったのかもしれません。しかし、後者の側にそういった誤解が生じた根拠が全くないわけではないし、子供がいるところで催涙ガスを使うのはどうかと思います。ある母親は「警察は市民をまもってくれるものと子供に教えているのに、こんな行為を目の当たりにさせられて、なんと言っていいかわからない」と言っています。

参照:
Yahoo Franceより

「RESF denonce de nouvelles "rafles" d'etrangers a Paris」(Reuters)
「Nicolas Sarkozy vise apres l'arrestation d'une enseignante」(Reuters)
Le Mondeより


スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/522-a7ef9101
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。