スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

演説の解釈:ジャック・シラクの本心は?

 2007-03-13
さて、シラク大統領TV演説に関する話の続きです。

ニコラ・サルコジは、日曜のジャック・シラクの演説について、「堂々として誠実」であったと感じ、「感動的瞬間」だったと述べています。

nicolas-sarkozy-devant-un-portrait-de-jacques-chirb.jpgところで、サルコジ氏は、演説の前から、ジャック・シラクはもう出馬しないだろうし、その場合は自分の後援についてくれることを願う、と述べていました。勿論、シラク氏の影響力を見込んでのこと。
しかし、シラク大統領は演説中、特定の候補者支持については触れませんでした。「時機を見て誰を支持するか発表する」とのことですが、3月19日に憲法委員会による候補者名簿の公示までは発言を控えるそうです。
演説に関するコメントに付け加えて、サルコジ氏は、シラク大統領とじっくり話し合いをしており必ず自分の選挙運動に加わってくれる、と自信をみせています。

同時に、「自分は誰かの後継者などと感じたことはない」と述べ、ジャック・シラクの政治を受け継ぐ気はないことを表明したサルコジ氏。「私には父がいますが、ジャック・シラクではありません。私はもう52歳で、立候補するのにも自分の政策案を提示するのにも、誰かの許可を求める必要などない」と皮肉混じりに述べています。
サルコジ氏の選挙運動宣伝文句のひとつに「rupture tranquille(穏やかな断絶)」というものがあり、今までの政治に区切りをつけ、社会システムを革新しようという意図を表しています。つまり、サルコジ氏は、現大統領の政治の延長をやる気はないということ。

ジャック・シラクとニコラ・サルコジの関係は芳しくない、というより仲が悪い、というのが一般的な見方。というのは、1995年の大統領選のとき、ニコラ・サルコジはシラク派から突然離脱してバラデュール候補の選挙運動についてしまった為。2002年、RPRからUMPへと転身した保守政党の中でも、サルコジ氏が徐々に台頭してきてUMP党首となると、シラク派とサルコジ派の分裂があり、特に党唯一の候補者選出まではそれが顕著に浮き出ていました。

PS書記長フランソワ・オランドは、シラク大統領は自党候補者の後援につくだろうが、TV演説の中ではサルコジ氏に対する警句を発していた、と見ています。特に、フランスの社会形態を維持し、極端な思想や過激主義と決して手を組むな、と述べたところがポイントで、「何故なら、ジャック・シラクはニコラ・サルコジのことをよく知っていて、彼がフランスをどういう状態へ陥らせるか、危険を承知しているから。」

実は、数日前、ニコラ・サルコジは「移民と国民性省」を設ける考えを明らかにし、これに対して左派や人権保護団体から「外国人排斥傾向」「ル・ペン主義」という批判が相次いでいました。反対陣営の大部分の見方としては、こうしたサルコジ氏の政策案は極右の票をとりこもうと狙ったものだろう、ということ。

最近の世論調査で一次選得票予想がセゴレーヌ・ロワイヤルと並び、いまや「第三の男」の座が確固となったフランソワ・バイルーも、オランド氏とほぼ同内容の発言をしています。曰く、「(シラク大統領の演説の中には)価値観とそれを擁護する必要性の話があったが、ニコラ・サルコジが物事を提示するやり方は全くそれにそぐわない。」シラク大統領がサルコジ氏に警告していたことは明らか、とのこと。また、大統領が擁護するよう説いたフランスの共和国観念は、まさに自分が重要だと考えて国民に呼びかけているもの、と強調。しかしそれでもシラク大統領はサルコジ候補の後援にまわらざるをえないだろうと予想しつつ、フランス国民は「義務による連帯と自らの好みによる連帯の違い」がわかるにちがいない、と述べています。

サルコジ候補陣営は、演説の中に既にサルコジ氏支持の兆しがあったという見解。長年シラク氏の側近であり、現在はサルコジ氏の政策顧問を務めるフランソワ・フィヨンによれば、「ジャック・シラクは自分の信じていることを吐露したのだが、誰も理解できないだろう」とのことで、サルコジ氏支持表明は演説の中の行間に現れていたらしい。

果たして、ジャック・シラクの本心はいかに…。

参照:
Yahoo Franceより

「Sarkozy entre continuite et rupture avec Chirac」(AP)
「Hollande ironise sur le possible soutien de Chirac a Sarkozy」(AP)
「Bayrou: des "rappels à l'ordre" a Sarkozy dans les messages de Chirac」(AFP)
「Sarkozy et Bayrou se disputent le message de Chirac」(Reuters)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/515-1bc0058e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。