スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ピエール神父逝去

 2007-01-22
例年にない暖かさが続いた一月、再び気温が下がってきた今朝方、ピエール神父逝去の一報が。今朝(1月22日)午前5時25分、入院先のヴァル・ド・グラースで亡くなられました。94歳でした。

20070122231130.jpg一週間ほど前だったと記憶していますが、ヴァル・ド・グラースに入院したというニュースを聞き、よもやと心配したものの、エマウス代表者によれば例年の健康診断とのことで、まだまだお元気なのだろうと思っていました。実は数ヶ月前から体調が芳しくなかったらしいです。

ピエール神父は、フランス人で彼を知らない人はいないだろうと思うくらい有名であり、主に尊敬の念をもって語られる人物。特に「エマウス」という生活支援団体の創設者として知られています。
実際、フランス人に最も好まれている人物として1988年から2003年までの17年間、最上位に名があがっていました。その後、自身からの申し出により、ノミネートされなくなりましたが。

今夜、フランスのTVニュースはピエール神父の訃報を大きく報じました。国営放送フランス2は、夜の番組予定を大幅変更して、ピエール神父の活動を描いたドラマ(ランベール・ウィルソンがピエール神父役!)を放映、深夜の討論番組もピエール神父がテーマ。フランス人にとってピエール神父の存在がいかに大きかったかを改めて感じました。

070122121508.bfiu9mb40_l-abbe-pierre-entoure-de-volontaires-le-3-fevrier-b.jpg彼の名がフランス全土に知られるきっかけとなったのは、厳しい寒さとなった1954年の冬、ラジオで連帯と支援を呼びかけたこと。その日の深夜3時、アパートから追われた60歳代の女性が、パリの真ん中、セバストポール大通りの路上で凍死したのでした。ピエール神父は「友よ、助けてください!」と呼びかけ、生活に困っている人々がいる現状を訴えました。その直後、毛布や食糧、寄付金が次々に届いたそうです。また、彼の運動は、冬の間はアパートから住人を退去させることを禁じる法律へとつながりました。

ピエール神父は、それ以前、1949年にエマウスを創設。更に溯って、戦時中は、ナチス抵抗運動に身を投じ、ユダヤ人逃亡の手助けをしていました。その当時に使った仲間内の通称が「ピエール神父」(本名はアンリ・グルーエス)で、これがそのまま彼の呼び名になりました。

エマウスは現在でも全国各地で活動しており、ボランティアで働く人の数もかなりの数にのぼります。折りしも「ドン・キホーテの子供たち」の活動が注目を集め、住宅に関する新たな権利への討論が再燃していたところ。ピエール神父が50年以上も闘ってきた貧困は、まだまだフランス社会に広く存在しています。

070122175122.vxhdgwc20_portraits-de-l-abbe-pierre-le-22-janvier-2007-devab.jpg水曜日以降、ピエール神父が亡くなったヴァル・ド・グラースにてご遺体を納めた棺を弔問を希望する人々に公開(10時から22時まで)。木曜夜、パリのベルシー体育館で追悼集会が予定されています。また、金曜日にはパリのノートル・ダム寺院にて追悼ミサが行われます。週末に、セーヌ・マリティム県のエストヴィルに埋葬されることになっています。その墓地は、エマウスの人たちの為の区画があり、ピエール神父のかつての友人たちが永眠しているところ。
生前、ピエール神父は「死とは、影からの脱出である。私はそれを望んでいる。生涯を通じて、私は死ぬことを望んでいた」と述べていたそうです。
自身の信仰を保ち、闘いつづけてきた神父。どうぞ安らかにお眠りください。

参照:
ピエール神父についてはフランス語版ウィキペディアが詳しい。
また、今回、ピエール神父の活動道程をかいつまんでまとめたAP通信の記事「L'abbe Pierre: une vie de combats」(フランス語)が読みやすくわかりやすい。
ル・モンドもピエール神父の生涯大きく扱っています。

葬儀等の情報についてはこちら↓を参照しました。

ところで、私事ですが、先週の金曜日から建物の中央暖房と給湯が壊れているようです。今までにも、朝、シャワーを浴びようとしたらお湯が出なくて「ひょぇぇ~~」となったことは2、3回あるのですが、いつも半日くらいで直っていました。今回は週末をはさみ、更に月曜日の今日も直る気配なし。シャワーが浴びれず、仕方ないので、台所で大きな鍋に熱湯を沸かし、浴室に移動させてからバケツに入れ替えて水で適温に調節し、タオルで湯浴み。洗髪など、思いっきりに頭を逆さにしてバケツに突っ込み、朝から頭に血が上って気持ち悪くなったよ…。早くなんとかならないか~。先週末は日中15℃くらいという暖かさだったので助かったけれど、今日など寒くて動けない。以前、中央暖房でないアパートに住んでいた時は、電気代を心配してなるべく戸別暖房をケチったもんで、寒さに耐える毎日を送っていたことを思い出せば、たしかに今の状態に慣れてしまったのは贅沢に過ぎたのかもしれない。しかし、引っ越してくるときにここんちは中央暖房ときいて、昔買ったオイルヒーターは友人に譲ってしまったため、現在、暖房は一切無し、ということろが以前に比べてマイナス。(それに、いくらなんでもお湯は使えた。)今日はあまりに寒くて午後いっぱい何もする気になれず、布団にくるまってじっとしていたのですが、路上でまるまって動かない人の気持ちがよくわかった。ベッドがある分、かなり恵まれているが。
といわけで、住居もなく寒さに耐え忍ぶ人々に思いを馳せ、ひっそりとピエール神父のご冥福をお祈りしています。
スポンサーサイト
コメント
早速のピエール神父逝去の情報のアップありがとうございます。TBさせて下さい。
【2007/01/23 01:55】 | Emmaus #9enIUaYc | [edit]
フランスはこの話題ばかりでした。
リンク、ありがとうございました。でもTBが届かないようです。特に何か制限にひっかかるとは思えないのですが…。はてなと相性が悪いのかな??
【2007/01/23 19:08】 | shiba #ni2T6odE | [edit]
 初めまして。旅行でパリ滞在中にPierre神父のことを知りました。詳細非常に参考になりましたので、勝手ながらTBさせていただきました。ありがとうございました。
【2007/01/28 01:53】 | sakeyan555 #.H9cUrWE | [edit]
ご丁寧にご連絡いただき、どうもありがとうございます。
追悼ミサのときにノートルダム寺院前を通られたのですね。かなり混雑していたのでは、と思います。
追悼ミサに関するフランスAP通信のニュースで、日本の雑誌の写真家がきていて、「ピエール神父は日本で知られているフランス人のうち5本の指に入る」(他にはプラティニ、ジダン、アラン・ドロン、「アメリ」のオードレイ・ゥトゥ)、と言っていたと書いてあったのですが…非常に疑問。
【2007/01/28 23:38】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
こんにちは、ご無沙汰しております。
エマウスのこと、ピエール神父のこと、
リマインダーとしてTBさせてください。
よろしくお願いします。
【2008/02/11 19:04】 | NEPOJA #5l.YEkqk | [edit]
TB、そして記事内リンク、ありがとうございます。
【2008/02/12 14:54】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/486-4a61d9a6
  • [本日の気になる記事]【SCHOLASTICUS LUGDUNENSIS】
    中世ならば聖人か異端か。 こういうことを言ったら敬意を表していないと言われるのか。 ホームレス救済に私財、フランスのピエール神父死去 (読売新聞 - 01月22日 20:01)  【パリ=島崎雅夫】私財を投じ、ホームレスらの救済に一生涯を費やしたフランスのピエール神父(本
【2007/01/23 16:33】
  • 1/27追記【旅人になりたかった石くず】
    昨日載せられなかったもの。エッフェル塔のでかさを物語るもの。実は東京タワーくらいかと思ってましたが、とんでもなかった。足桁のチケット売り場に群がる人々の大きさ参照。これは凱旋門の天辺まで登るための螺旋階段。踊り場が少なくて足腰にくる……!下水溝の蓋上(※
【2007/01/28 09:50】
  • ( °∀°)ノ\" Rue de Charonne 界隈【パリ発NEPOJA日記】
    パリ11区の南にある rue de Charonne、シャロンヌ通り。 バスチーユ側は一時期小さなショップがたくさんできて ちょっとした流行のエリアだったけど、 最近はそれも落ち着いて、道沿いに歩いていくと アンティークの店が点在していたり ちょっとしたブラブラ歩きにい...
【2008/02/12 02:46】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。