スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ブリューノ・ガッシォが「ギニョール」から降板

 2007-01-16
有料放送テレビ局カナル・プリュスで人気の風刺人形劇「レ・ギニョール・ド・ランフォ(les Guignols de l'info)」(略して「ギニョール」)のシナリオ作家、ブリューノ・ガッシォが、大統領選後の6月にこの番組の担当を降りると、日刊紙ヴァール・マタンに発表。

guignols.jpg「ギニョール」は、民放テレビ局TF1の20時ニュースを模した作り。人気キャスター、パトリック・ポワヴル・ダルヴォールの人形がニュースを伝え、彼の背後にある画面のようなステージに、主要人物の人形が出てきて、その内容のパロディが繰り広げられるというもの。繰り返し登場する人物は大体決まっていて、その時期の大統領や首相、各大臣、各政党のリーダーなどの政治家、または注目されるスポーツ選手や歌手など。

この番組が世間における政治家のイメージに与える影響はバカにできません。1995年、シラク大統領が当選したときには、リンゴを手に国民に愛想を振り撒く姿を風刺、逆に親しみやすいイメージを流布し、これがかなり選挙に影響した、という意見を聞いたことがあります。

ギニョールはかなり笑わせてくれますが、時には「ちょっとやりすぎなのでは…」と思うことも。節度あるモラルの持ち主である友人は「時々見ていて気分が悪くなる」と言っていました。たしかにね。
最近、久々にこの番組の総集編(「best of」)を見たら、ニコラ・サルコジのからかわれどころは背の低さでした。身体的特徴はどうなのかなぁ…と思います。
しかし、この番組を非難する政治家は殆んどいません。オープンな精神で寛容さを見せるのがよしとされているかららしい。

さて、ブリューノ・ガッシォについては仏語版ウィキペディアにも項目があります。
bruno.jpgそれによると、1992年にカナル・プリュスに入社以来、「レ・ギニョール・ド・ランフォ」のシナリオ制作に携わっています。また、1996年からしばらくの間、ジョゼ・ガルシアと組んでお笑い番組を担当。2002年に、ユニヴァーサル・グループ倒産のとばっちりを受けたカナル・プリュスの社長交代劇では、社員代表として抗議運動を展開。以来、カナル・プリュスの新幹部にとっては要注意人物に。しかし、「フィクション・フランセーズ」部門の共同ディレクターとなり、会社内での地位を確立。

ところで、2002年のカナル・プリュス社長交代劇の際、6月から12月までの半年の間、ブリューノ・ガッシォの行動が秘密裡に監視されていたことが、昨年4月に発売されたある本の中で暴露されています。この本は、フランス対外治安総局(DGSE)の元諜報員、ピエール・マルティネによって書かれた「DGSE:service action, Un agent sort de l'ombre(影から出てきたエージェント)」。著者は、カナル・プリュスの社長が交代してすぐに、新幹部への反抗運動を牽引する者としてブリューノ・ガッシォの名があがった、と綴っています。そして幹部の一人ジル・カエランに指示されたピエール・マルティネは、ブリューノ・ガッシォの行動をこっそりと偵察。ガッシォ氏のEメールは盗み見され、電話は盗聴されていた、とのこと。更に、ジル・カエランはブリューノ・ガッシォのスクーターの中にドラッグを隠し入れる計画や、売春婦を使って告訴させることなどを考えていたとか。結局、それらはうまくいかず、ピエール・マルティネはカナル・プリュスを離れたそうです。
おそろしや、大企業の幹部…。
この本の出版後、ブリューノ・ガッシォは「個人のプライバシーの侵害」で起訴。
その後、この件はどうなったのかわかりませんが…ブリューノ・ガッシォは1月24日に出廷予定。昨年11月、女性と一緒にいるところを写真にとられ、ジャーナリストを殴って怪我を負わせた疑い。

h_4_ill_855002_chirac-guignol.jpgそんなこんながありつつも、人気を博し、カナル・プリュスの看板番組であリ続けた「ギニョール」。番組スタート当時からの制作オリジナル・メンバーで、残っているのはブリューノ・ガッシォのみ。彼が抜けることで、カナル・プリュスの一時代の終止符が打たれる、とル・モンド紙は報じています。しかし、ガッシォ氏は「フィクション・フランセーズ」制作の中心人物として局内には残る見込み。
とはいえ、15年近くも制作してきたのだから、多少の名残惜しさもありそうなもの。実際、「ジャック・シラクが出馬して大統領選に勝ったら、私も続けるでしょう」と述べています。もしかして、ギニョール内でジャック・シラクのキャラクターが彼の一番のお気に入りなのかも…(ちょっと頷ける)。

参照:
Le Mondeより



その他
telesatelliteサイト内ニュース

スポンサーサイト
コメント
ええかげんにせえ、フランス人。
ほんま東日本大震災についてちゃかした同番組、絶対許さへんさかいにな。
どんなに文化的に優れてても、人間性腐ってる集団の悲しさ、国を挙げて考えろ!
【2011/04/30 14:52】 | nagomi #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/05/01 19:08】 | # | [edit]
こんにちは。
日本の報道で(新聞のネット)、ギニョルが原発事故のことを題材にしたらしいことは読みました。しかし、実際にどんなものだったのか見ていないので何とも言えません。カナル・プリュスのHPから検索して見ようと思えば見られると思うのですが、今は個人的にそこまで時間を割く気になりませんので、確認しません。

たしかに、日本の報道だけ読むとかなり侮辱的に思えます。私も「ひどい」と思いました。しかし日本の新聞記事に書かれていない要素もあるのではないかとも思います。憶測ですが、「原爆の唯一の被害国でありながら原子力の危険性を顧みず原発推進している」ことへの批判とか…。でも、日本よりフランスの方が原子炉が多いですし、割合としてもかなりの部分で原子力に頼っていますから、日本を批判するのも変な話だと思います。

ただ、本当に怒りを覚えているのであれば、そういう方はカナル・プリュスに直接抗議するべきだと思います。そういう声が多ければ彼らも考えなおすかもしれません。

>nagomiさん
心底怒りを覚え、抗議したいのであれば、ここで言ってもあまり意味がないと思います。カナル・プリュスにそのように直接伝える方が良いと思います。
【2011/05/02 22:30】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/483-89f4d18c
【2008/05/20 14:29】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。