スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ジョニー、税金逃れてスイスへ移住

 2006-12-19
568913453.jpg先週、フランスの国民的ロック・スター、ジョニー・アリデーが、スイスへ移住すると発表。理由は「多くのフランス人と同じく、税金払わせられるのにうんざりしたから」。つまり、税金対策です。

あれ?ベルギー国籍申請してなかったっけ?と思って調べたら、却下されて取得できなかったようです。で、今度はスイスに移住。

他にも税金対策でスイスに渡ったフランス人は少なくない。歌手のシャルル・アズナヴール、テニス選手のアメリー・モレスモ、元F1レーサーのアラン・プロストなど。また、企業家ではエリック・プジョー(車やさん)、アラン・アフルルー(眼鏡やさん)など。有名俳優、アラン・ドロンは、スイスに移住するのみならず、1995年にスイス国籍も取得したそうです。

061215141021.x18crc7o1_le-president-de-l-ump-nicolas-sarkozy--d--et-johnnb.jpgジョニーは、ニコラ・サルコジのお友だちで、大統領選を応援。夏の党大会では肩を並べて写った写真が、サルコジ氏の恰好の宣伝材料に。
しかし、これだけ仲間としてアピールしていたジョニーが国外脱出となると、サルコジ氏にダメージがあるのでは?
ジョニーの税金亡命に、サルコジ内相は「この国に問題があるということ」と述べています。
まあ、さすがにあれだけスターの後光にあずかろうとしたのだから、今更ジョニー批判もできないでしょうし、お友だちなら肩をもたないといけませんね。それとも、大統領選で、大金持ちへの税金徴収を軽くする公約を盛り込んじゃいますか?

その他の政治家たちはサルコジ氏とは異なる意見。
ジャック・シラク大統領は「アーティストとして賞賛するが、市民の態度としてはちょっと残念に思う」とのこと。
また、ドミニク・ド・ヴィルパン首相は「支払う税金を少なくするためにフランスを去るというのは、わが国の税務状況からして、正当とは思えない」、「非常に残念に思う」。
左派からはやはり批判的な意見。社会党書記長のフランソワ・オランドは「自国の、共和国の観念があるなら、その国の税金を払いつづけるものだ」と述べています。

政治家以外では、女優のジャンヌ・モローのコメントもありました。
061216205928.r8wh6x8o0_la-comedienne-jeanne-moreau-dans-une-suite-de-l-h-b.jpg同じようにスイスへ移住するのでは、という噂もあったようですが、完全否定。税金亡命は「完全に私の倫理に反する」とのこと。「隠匿は大嫌い。私には市民としての権利があるし、ということは義務がある。それは全く当然なことだと思います」とキッパリ。彼女のお住まいはパリ(郊外のイヴリンヌだったような)。

ジョニーと同じく税金対策で15年前からスイスに住居をかまえる元テニス選手、デヴィス・カップのフランス・チーム監督を務めるギィ・フォジェは、ジョニーの移住に理解を示しています。「住みたいところに住んで、やりたいことをやっていいと思うし、サッカー選手たちが、同じ税理的理由でスペインやイタリア、イギリスに行くのとかわらない」とコメント。しかし、「自分はフランスにも税金を払っている」、「別にスイスも税金面で楽園ではない」、「現役ではないから収入も以前ほどではないし、税金対策としてスイスに住む利益は実際、今はない」と強調。やっぱり、「自国に税金を払いたくないから国外へ行った」ってあまり威張って言える感じじゃないですよね。

ただし、ギィ・フォジェは、他の有名人や企業家だけでなく、いわゆる「優秀な頭脳」が国外へ流出していることも想起すべきで、フランス社会の内部システムに問題があると指摘。
この点は、すでに経団連会長のローランス・パリゾも触れています。
その辺の問題は、一緒くたにしていいのかどうか、ちょっと疑問ですが…。

参照:
Le Mondeより

Yahoo Franceより
「Jeanne Moreau: l'exil fiscal "completement a l'oppose de mon ethique"」(AFP)
「L'ancien tennisman Guy Forget comprend l'exil fiscal de Johnny et d'autres」(AFP)

それにしても、ル・モンドWEB版のこの記事に対する読者のリアクションがなかなか面白い。現在、225までいってまして、最新の30個くらいしか読んでませんが。名案と思ったのは、JACQUES P.さんのコメント。「ジョニーのアルバムを買わないようにし、コンサートに行くのをやめ、ラジオも彼の局を流すのを制限する。そうすればジョニーの収入が減り、税金に悩まされなくなるからフランスに戻ってくるだろう。つまり、ジョニー・アリディがフランスのシステムをボイコットするんだから、こちらもジョニーをボイコットしよう」というもの。

個人的には、例えば国際的に活躍するプロのテニス選手の場合、収入はフランス以外で得ることの方が多いだろうし、動く範囲も視野も普通のフランス人よりもうちょっと広いだろうし、税金のことも含めて、国外に移住するのはありかな?と思います。でも、ジョニーやフロラン・パニ(同じく税金逃れて国外移住組)の場合、フランス以外で売れているとは思えない。アルバムを買ったりコンサートに行ったりして、彼らを支えているのはフランスの庶民なわけだし。それであげた収益なんだから税金くらい払ってよ、と思う…のは、安直でしょうか。
まあ、私はやっぱり庶民だからな~。ジョニーがどれくらい稼いでてどれくらい税金とられているのか想像もつかないから、なんとも言えません。
スポンサーサイト
コメント
おもしろい・・。個人的にはJacques Pさんに賛成!しかしスイスにはどんな人が集まってるのかと思いますねー。
【2006/12/20 11:46】 | sakura #- | [edit]
スイス銀行とか、なんとなくスイスって金持ちの国という漠然としたイメージがありますが…。

ジョニーが選んだところ(名前は忘れましたが)は、スキーをするのがメインの田舎みたいです。スイスの新聞は、ジョニーは退屈で死にそうになるにちがいない、そんなに長い間住めないのではないか、と報じているそうです。

それにしても、ジョニー・アリデーが国外脱出って、そんなに大騒ぎになることなんだ~ってちょっとびっくり。やっぱりすごい人気があるんだろうな~と思うと同時に、もしかしてジョニーの納税額がものすごくて、国庫に打撃がかなり大きいのだろうか…とも考えてしまいます。そんなに稼いでいるとも思えないけどなあ~。
【2006/12/22 00:29】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/466-c7cfb9a6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。