スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

東西ドイツにおける敗戦直後の喪の作業 その3

 2006-12-17
その1その2からの続き)

ドイツ連邦共和国における喪の作業
連合軍(米・英・仏)の指導のもと、西ドイツでは東ドイツとは異なった政策がとられた。即ち、集団的罪悪感に訴える方針がとられた。

西ドイツにおける防衛反応は、目の前に突き出された現実の残酷さによって強化された。アメリカとイギリスが政治宣伝に使ったイメージ(映像・ポスター)は、現実の惨状をうつしたものであったが、あまりのむごさに国民は耐えられず目を背けようとした。この反応は連合軍が強制収容所を解放した際、その状況を目のあたりにした時の反応と同じであり、心理メカニズムの防衛反応として、おかしなことではない。
しかし、こうした反応は、イメージの残酷さだけに因るものではない。イメージに添えられた「あなたがたドイツ国民全体の責任だ」といった文章に想起される罪悪感を拒絶する反応でもある。
とはいえ、残酷なイメージを宣伝したことが悪いと言うわけではない。イメージのみが、知らなければいけない現実を教えうるであろう。1945年5月から、米英は週刊TVニュースを放映し始めた。これは月に2500万人のドイツ国民が視聴していた。映像を伴ったニュース番組は米英の教育の一環であった。

このような防衛反応の強い状況において、歴史を回顧することは非常にデリケートな問題であった。どこまで暗い過去を想起することができるであろうか?とJ.Solchanyは問うている。しかし同時に、歴史に助けを求める傾向もあった。どのようにしてドイツ国民が悲劇を引き起こしたのかを探求しようとしたのである。「間違いか運命か・歴史的探求」「ドイツ問題と歴史的起源」「ドイツの惨事はいつ始まったのか?」「ドイツ人の運命、歴史的解釈の試み」などといったタイトルに、知識人たちが答えを探し求めた不安感が現れている。

ピエール-イヴ・ゴダールは、そこに集団的な心理的抑圧があったということを強調している。この抑圧は、沈黙によってのみ現れるものではない。それは、クリスタル・ナハト50周年に連邦議会議長フィリップ・イェニンガーの演説が巻き起こした反応を見れば明らかである。彼は、1938年にドイツ国民がユダヤ人を侮辱するときに使った言葉をそのまま引用した。また、ナチス政権の様々な点に触れたが、特に犯罪に対する明確な指摘をした。演説の中で、ドイツ国民がいかに受動的で臆病であったかについて語った。この演説は反感を買い、イェニンガーは辞職せざるをえなくなった。否定的な反応は、この演説がドイツを大量虐殺に導いた憎悪や卑しい感情を呼び起こす可能性があったことから引き起こされたと考えられる。一般大衆の反応は、抑圧している感情に対する防衛のメカニズムが働いたもの、といえるであろう。

ところで、歴史の中での模索は、ナチス時代よりも以前、もっと古い時代に関するものがほとんどで、ときに古代ドイツまで溯ることもあった。多くの書物が、いかにしてナチスや第二次世界大戦へと続く権威主義・領土拡張主義の道へ逸脱してしまったのかを検証した。しかし、Solchanyの指摘によれば、ナチスの残酷さや強制収容所に触れたものはあっても、大量虐殺について触れたものはない。何百万という人間の計画的な虐殺が、ナチスによる他の犯罪の中に埋没してしまったかのようである。知識人たちは単に「最終的な解決」という言葉を想起するにとどめていた。現実を直視することを拒んでいたことは、ドイツの戦後ゼロ年を特徴づけている。

しかし大量虐殺に関する全体的な関心の低さは、ドイツ国内だけでなく国際的なものであった。大量虐殺に直接・間接に関わった他の国々でも、1960年代までは真剣に取り扱われなかった。これは心理的抑圧の理論を否定するどころか裏付けるものだといえる。
集団の心理的抑圧の経過と、それをさらにダイナミックな理論、集団的記憶の理論に移行させて展開することが重要であろう。そして、多様な集団的記憶の競合によってそのダイナミズムは可能となる。

集団的記憶は、社会的カテゴリーによって同じではない。Solchanyが研究対象としたグループは、大学教員などの知識人、医者や心理学者、外交官など、職種は様々であったが、社会的・文化的に優遇された層であった。ナチスに対する省察はこうした層でなされていた。1945-49年の間にナチスに関する討論を掲載した雑誌の読者は、ほとんどが学際的なカテゴリーの人々だった。戦後すぐのナチスに関する討論は、エリート層固有のものであった。
その他の一般層では意見が異なっていた。アメリカの指導者が実施した調査では、人種に関するナチス的見解に近い回答が30%、大量虐殺を肯定する回答は37%であった。1945年11月から1948年1月にかけて、「ナチス的思想は良かったが適用が悪かったのか?それとも思想は悪かったのか?」という質問には、35%が「悪い思想」と答えている。その後、連合軍の「教育」により、この数字が上昇するかと思いきや、逆に減る傾向にあった。連合軍の集団的罪悪感に訴えるやり方は、ナルシシズム(自己愛)的な自我を傷つけ、さらなる防衛反応を引き起こしたのである。

(続く)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/464-b5484174
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。