スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「Buvons nature !」:ナチュラル・ワイン試飲会

 2006-12-04
20061204125911.jpgナチュラル・ワインの試飲会情報を入手。昨日の夕方、行ってきました。
場所は凱旋門から少し歩いたところにある、L'espace Beaujonにて。

事前にぱっと見た感じ、日本に輸入されているナチュラル・ワインの有名どころも来ているようだったので楽しみにしていました。入り口でリストをもらうと、参加生産者は10。飲んでみたいと思っていた生産者の名前を見つけ、内心小躍りしながら、3ユーロ払って試飲用グラスをもらいます。
会場はカルチャー・センターのようなところで、スペースも小さめ、集まっている人たちは業界の人ばかりだったようで、熱心に生産者と話をしていていたり、「元気~?」などと挨拶しあっていたり、和気あいあいとした雰囲気。そんな中、ワインのボキャブラリーをもたないので黙々と試飲してる私って・・・。

さて、最初にまわったのは2005年が初めての収穫だというエリーズ・ブリニョ。同行した同居人はあまり好みではなかったようだけど、私は「Chhhhh・・・」というペティヨン・ナチュレル(微発砲ワイン)が気に入って購入。シュナン50%、シャルドネ50%。日本酒の麹みたいな甘さを感じるのですけど・・・専門的にはなんというのかわからない。
それから、ジャン-ピエール・ロビノのジャニエールを4種類ほど試飲。口に含んだ途端、経験のあるビオ生産者が丹精こめて作った感じが伝わってきました。樽で12ヶ月とか18ヶ月、シュール・リでゆっくり寝かせるそうです。しかし価格表を遠目にみたけど、ロビノさんのワインは高いっすよ・・・。
お隣にドメーヌ・リショー。ケランヌの赤と、名前を忘れてしまいましたがもうひとつの赤の二つのみ。どちらも2005年。ケランヌは開けたてでしたが、すでにおいしい!色も味も美しい。ここのワインはとぶように売れていた様子。それも箱買いばっかり(こういうところでは箱買いが常識なのかな?)。いやあ納得です。私も購入したかったのですが、お金をおろしてくるのを忘れて手持ち金がなし…。まあパリ市内のワイン屋で買えますけどもね。ちなみに学者っぽい風情、グレーの髪に青い瞳のリショーさん、カッコよかったです。
それから、ビネールは、ヴァンダージュ・タルディブの甘いものと合わせて10種類くらいあり、そのうち8種類を試飲させてもらいました。どれもこれも美味しい!吐き出さずについつい飲み込んでしまいました。個人的には、グレープフルーツの香りが心地良いリースリングと、花の香りが広がるゲベルツトラミネールが最高でした。
その後は、試飲しすぎて段々味がわからなくなってきちゃいました。ドメーヌ・デ・グリオットとシリル・アロンゾは白のみ試飲。どちらもすっきりした味わい。赤も試したかったなあ。ところで、最初に間違って裏口から入りそうになったとき、にっこり笑って「入り口はあちらですよ」と教えてくれたのがアロンゾさんでした。ドメーヌ・デ・グリオットの人も気取らない素朴な雰囲気だったし、ワイン生産者って感じのいい人が多くていいよな~。
ル・マゼルは白1つ、赤3つを試飲。珍しいポルタンという品種の赤を一本購入。品種をもじって「C'est Im-portant(これは重要)」という名前。

夜7時までのはずだったのですが、私たちがその場を後にした7時15分過ぎでも、まだわいわいと賑わっていました(身内ばかりなのでしょうが・・・)。
帰りにシャンゼリゼのイルミネーションでも見て・・・と思っていたけれど、ちょっと酔っ払ってふらふら。購入したワインも持っていたし、寄り道せずに帰りました。
スポンサーサイト
コメント
グレープフルーツ大好き!としてはリースリング!すんごい気になる~~!!
花の香りが広がるゲベルツトラミネールも!
味が想像できるようで出来ない。
機会があったら飲みたいと思いマス!!
ちょびっとずつお酒を味わうようになった今日この頃です(もちろん適量ね)
【2006/12/06 04:53】 | yuko #- | [edit]
Binnerのワイン、実は初めて飲んだのですが、噂にたがわず超おいしかったです!
アルザスでは、Ostertagのも美味しいですよ(って、シルヴァネーしか飲んだことないけど)。
最近、白はアタリが多くて、白の方が好きになってきたかも。

お酒の適量を知るのって難しいよね~。
【2006/12/07 21:40】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/452-3bedced2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。