スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

退役軍人への恩給と映画「Indigenes」

 2006-09-27
昨日のニュースで既に報じられていましたが、今日、正式に旧植民地出身の退役軍人に対する恩給の引き上げの決定が、アムラウィ・メカシェラ(Hamlaoui Mekachera)退役軍人担当大臣により発表されました。

第二次世界大戦において、フランスの旧植民地からフランス軍に統合され、フランスのために戦った兵士たちがいました。
しかし、現在まで、彼らに支払われている恩給はフランス国籍の退役軍人よりも低く、最高でもフランス人への恩給の30%だったそうです。
これは、1959年にド・ゴール内閣によって、フランスから独立した旧植民地国籍の退役軍人への恩給の凍結が決定されて以来、国籍によって受給の差が開いていて、近年、問題視されていたこと。
1996年、何十年も沈黙されてきたこの問題に、セネガル人のアマドゥ・ディオプ(Amadou Diop)が訴えを起こしました。彼は1937年2月から1959年4月まで、フランス軍に属していた退役軍人。2001年12月10日、国務院(Conseil d'Etat)は、国家がこの問題に取り組むべしと決定。国務院は、「1959年以来、独立した旧植民地国の退役軍人に対する恩給に差をもうけていることは、国籍による差別を禁止している欧州人権憲法に反する」という判断を下しています。現在、ディオプ氏は亡くなっていますが、過去40年間分の恩給を受ける権利を認められました。
そして、2002年にジョスパン内閣がこの問題に着手、その後、ラファラン内閣に引き継がれました。しかし、非フランス国籍退役軍人に対する恩給は、現地物価に合わせた額にとどまり、フランス人との差は是正されないままでした。
それがこのたび、どんな国籍であろうとも、フランス退役軍人は同じ額の恩給をもらう権利がやっと認められたということです。

しかしながら、過去に溯っての支給はないそうです。退役軍人担当大臣は、それよりも、傷痍軍人への恩給と、退役軍人の年給を優先するべき、という考えを述べています。
また、アムラウィ・メカシェラは「遅くなっても永遠にないよりいい。45年間、この問題は誰からも扱われずにいた」と強調。「どの内閣も、一銭も払わず、全くイニシアティブをとらなかった。ジャン-ピエール・ラファラン内閣と、ドミニック・ド・ヴィルパン内閣が、この問題を検討し始め、解決策をもたらした。私はそれを誇りに思い、嬉しく思う」と成果を称えたそうです。
しかし、もともと恩給を凍結したのはド・ゴールだということをお忘れなく…。それに、国務院の決定によるとはいえ、問題を取り扱い始めたのはジョスパンなのでは。ま、メカシュラ氏はド・ヴィルパン内閣の構成員なのだから、こういう評価は当たり前か?

afficheindigenes.jpgところで、この発表が映画「Indigenes」の公開初日と重なりました。
ラシード・ブシャル監督のこの映画は、フランス軍に認められて第二次世界大戦で前線に送られた、植民地出身の兵士達の運命を描いたもの。今年のカンヌ映画祭では、主な役どころの俳優が全員揃って主演男優賞を受賞しました。
9月初め、この映画の封切りに先駆けてシャンゼリゼで上映会が開かれ、シラク大統領夫妻も出席。

シラク大統領は、今日の退役軍人の恩給に関する決定に関し、「血の代償を払った人々、そして多くはフランス人であるその子供や孫達に、それを与える義務がある」と述べたそうです。また、「それは連帯、正義、感謝の問題だったのだ」とも。更に、政府代表によって「この措置は正当であり、また、フランスにとって、国の歴史にこの記憶を完全に繰り入れる一つの方法でもある」という大統領の言葉も伝えられました。
ド・ヴィルパン首相も、退役軍人たちを前にした演説で、「開かれたフランス、出身や文化の感性の多様さを尊重するフランスにおいて、あなたがたは象徴の価値があります」と述べ、彼らに感謝と賞賛の意を伝えました。また、「この感謝の気持ちを具体的に表すことを、フランス国家は長い間なかなかしなかった」という反省の声も。

「移民の支援と情報のグループ(le Groupe d'information et de soutien des immigres、略してGisti)」のボランティア、ベルナール・オブレは「勿論、映画監督がこの主題に興味をもつのはいいことです。しかし、国家と世論が目覚めるのに、この映画(「Indigenes」)を待たなければならなかったことが不思議です」という感想をもらしています。

なにはともあれ、世間の人々が、忘れられていた(隠されていた?)大事なことを知るチャンスとして、この映画は大きな役割を果たしそうです。

参照:
Yahoo Franceより

「La France va augmenter les pensions des ex-soldats des colonies」(Reuters)
「Le gouvernement decide d'aligner les pensions des anciens combattants des ex-colonies sur celles des Francais」(AP)
「Veterans coloniaux et veterans francais desormais egaux」(Reuters)
スポンサーサイト
コメント
TB飛んでいないようなので、コメント欄にて。今回のに限らず、いい記事の紹介や翻訳、いつも貴重なものと思って読んでいます。
【2006/09/28 16:44】 | KIYONOBUMIE(き) #- | [edit]
わざわざご連絡いただき、ありがとうございます。お手数おかけいたします。
芸のない「そのまんま翻訳」ニュース紹介とか、読みにくそうなヘタな翻訳とか多くて恐縮です…。
【2006/09/29 00:14】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/416-0932bf8f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。