スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ユーロカップ2008予選:フランス対イタリア

 2006-09-06
すでに2008年のユーロ・カップに向けて、予選が始まっています。今夜はフランス対イタリア。ワールド・カップ雪辱戦ともいえる組み合わせです。
なので、ちょっと観るのが怖いような試合でした。フランスに勝って欲しい~と思いつつ、また負けたらガックリきそうで。

とか言いつつ、しっかり見ました。
結果は3-1でフランスの快勝。やった~~!!

試合開始2分でコーナーキックからフランスの得点。ゴヴォーのボレーシュートがきれいに決まりました。この1点目は、ビデオでみるとアシストしたガラスがオフサイドだったので、この点で勝ってしまったら後味悪いな~と思ったのですが、その後すぐ、18分目に2点目。マルーダが長いシュートを打ってブフォンがはじいたのを、アンリ君がさかさず冷静に入れました。直後の20分目でイタリアがコーナーから1点。ジラルディーノがうまく前に出てポーンと。でも、これも実はオフサイドみたいだったので、フランスの1点目と相殺かな。
しかし、前半20分でこれだけ得点があると、試合が濃いですね~。前半が長く感じられました。
600899841.jpg相変わらず平均年齢が高いフランスチーム、後半が心配でしたが、勢いと早い試合展開でフランスがリードする雰囲気は変わらず。終始、フランスが引っ張っていた感じです。
後半、55分目に、サニョールからのロングパスをゴヴォーがヘディングで3点目。ボールをゴールへ送った頭が、そのままディフェンスのカンナバロの頭とモロに激突、二人ともかなり痛がっていました。ゴヴォーは喜ぶ余裕もないという感じ。ほんと、痛そ~。

前回の対戦で問題になったジダンは引退、マテラッティは出場停止処分で、二人ともいない試合でしたが、ページをめくって新たな対戦という感じでした。といっても、やっぱりフランスの意気込みはすごくて、イタリアには勝つぞ!って雰囲気が伝わってきましたけど。
最近、マテラッティはイタリアのスポーツ新聞のインタビューに、相変わらずジダンからの詫びの言葉がないと言っていたらしいけど、もういいじゃんって感じ。いつまで言ってんの?って。みんなやってることだから自分は全然悪くないって主張してるところが往生際悪いっていうか。(つか、子供の論理かよ。)今回の試合に出られなかったことが不満で、自分に対する処分が厳しすぎるようなことをこぼしていたみたいだけど、マテラッティが出てても勝てなかったと思うよ。
イタリアは、監督が変わったから、調子が出ないのかな?それとも不正疑惑の一件が落ち着いちゃって脱力してるのか…。現在、予選グループの最下位から2番目。まあ、まだ始まったばかりだから、この先順位がどう変わるかわからない。

でも、イタリアの国歌斉唱でブーイングはナシだよ~。
あと、ナショナルチームとしては引退を表明していたマッケレレが呼び出されて、所属チームの監督から怒りの発言があったらしいけど(しかもその発言が「彼は黒人奴隷じゃない」とかで、ちょっとやばかったみたいだけど)、FIFAの横柄さなども含めて、この問題はなかなか解決しなさそう。それにしても、強いサッカー選手ほど試合がめちゃ多くて、大変だなあ。
スポンサーサイト
コメント
ワタクシ、今ひとつユーロ選手権(予選)に対して思い入れが持てないのは日本ではメディアの煽りがないからでしょうか?チャンピオンズリーグはけっこう煽っているが。(我ながら情けない)
とりあえずフランスが勝ったのは嬉しいです。ただ、いつまでもマケレレたち兄貴頼りではやっぱり不安。早めに世代交代はした方がいいのかも。

マテ野郎は勝手にほざいてろって感想なんですが…
カシャンの親子を招待した件で、与党と右派政治家から批判が出てるという報道もありましたね。こっちは勝手に言わせとくわけにはいかないのかな。これも政治家からの煽りの一種か…
【2006/09/08 10:52】 | imasaru #6ilpfs42 | [edit]
そーですねえ、ユーロカップはホント、参加国も試合やるところもヨーロッパだけですもんねえ。
CLは、世界的なスター選手が出てくるから面白い、というのがありますよね。(でも、結局、スターを確保できる資金力の話も絡むので、時々いやになりますけど…。)

今回のフランス代表チームは、予選2戦を終えて、リベリ、ゴヴォー、マルーダの若手らが素晴らしく活躍しました。ジダンが抜けて、それはそれで風通しがよくなった(?)という気もしたりして。ただ、ディフェンスは、相変わらずマッケレレ、テュラム、ヴィエラ辺りの年齢高め層に頼ってる感じですね~。

カシャン家族招待の件については、移民問題を選挙キャンペーンの核にもっていってポイントを稼ぎたいサルコジ派にとって、内相の成果を宣伝したいところでしょうから、人気のあるサッカー選手がイニシアティブをとって人道主義的活動したりすると目障りなんでしょうね。あと、テュラムに対して批判的に何か口出ししてたのは極右のフィリップ・ド・ヴィリエだし。
スポーツ相(元来はシラク派らしい)は、「選手には、自分が招待したい人を呼ぶ権利がある」と言っていたし、まあいいんじゃないんでしょうか。
サルコジ派は、せいぜい、自分とこの若手党員にすら「政治的思想なんてなさそうなのに何で?」と言われているドク・ジネコを看板にしてろってんだ。
【2006/09/09 23:19】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/403-cf721506
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。