スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

今年の収穫

 2006-09-06
もしや…と思って昨年9月初めの過去エントリーを確認したら、昨日のと同タイトルのものが。発想が永劫回帰的。っていうか、発想が貧困ってことだよなあ。しかも、こういうの、初めてじゃないし…。

さて、今日も真夏の暑さに逆戻り。
秋仕様に色が移ってきたバルコンの植物たちも、夏の最後の太陽を享受している感じ。
というわけで、今年の収穫。

今年は胡瓜に初挑戦。
20060906144553.jpg
この胡瓜は、京都から種を送ってもらった「聖護院節成胡瓜」というもの。実に黒いいぼいぼがついています。
最初は雄花ばかりついて、肝心の雌花がつかず、今までの収穫は3本。少なすぎ!
8月早々に涼しくなってしまったし、葉っぱも枯れてきて、もう終わりか~…と思っていたら、ここへきて雌花が続々と出現。うまくいけばまだあと4本くらいは収穫できそうです。(それでも、普通よりかなり少ないと思うけど。)ありがたや。
フランスの胡瓜と日本の胡瓜は、やっぱりちょっと味が違う。収穫した胡瓜を塩漬けにして食べたら、懐かしい味でした。日本の夏を思い出す。もっと沢山収穫できてたら、ぬか漬けにしたかったな~。

昨年にひきつづき、しし唐も。
20060906145356.jpg
こちらも京都から送ってもらった種から栽培。「伏見甘長」という種類。
こちらの成育は好調で、沢山収穫できました。油で炒めて、ちょっと醤油をたらして食べるとおいしい。

しし唐と同時に種をまいて、名札をつけていなかったため、途中でどっちがどっちか自信喪失しながら育てた鷹の爪。しし唐も鷹の爪も、同じ「唐辛子」だから、ある程度育つまで見分けがつきにくい。花もほとんど同じでした。
20060906145757.jpg
でも、鷹の爪の方が背が高く、実が上向きになります。
じつは、実がピッと上に向かっている唐辛子が見たかったので鷹の爪を栽培したのです。あと、赤くなってくれれば言うことなしなんだけど…どうかな。

もう一つ、今年の春、苗を購入したブルーベリー。
20060906150219.jpg
「atlantique」という種類なのですが、園芸店でこれしか売っていなかった。説明には「やや酸っぱい」と書いてあったので、成った実は、とりあえず同居人に味見をしてもらいました(私は酸っぱいのが苦手)。酸っぱいの大好きな同居人ですら「これはすっぱい!」と言うので、せっかく育てたのに、私は食べていません…。
このブルーベリー、ぎりぎりの大きさの鉢に植え替えたのですが、なんだかすごい勢いで伸びてしまって…生育旺盛すぎ。本によると、ブルーベリーは強剪定しないらしいのですが…。来年、どうしよう。このまま大きな鉢に植え替えて約1メートルのブルーベリーを育てるか。

↓おまけ。5月末に咲いたブルーベリーの花の写真です。
20060906150943.jpg


将来は、日除けのために西側のバルコンにネットを張り、ひょうたんを育てることを夢想。そんで、ひょうたん水筒を作って腰にぶらさげてパリの街を闊歩し、フランス人の羨望の眼差しを受けてみたい。
スポンサーサイト
コメント
うわ~っ、しし唐や鷹の爪、たくさん実がついてますね。胡瓜ってバルコンで出来るものなんですね。
ブルーベリー、実は紫色なのに花は白いんですね~・・・丸くて可愛い花ですね。(^v^)
【2006/09/11 08:35】 | kaori #- | [edit]
ありがとうございます。今年はおかげさまで少しは口に入りました。
早々にダメになってしまった水菜と春菊も、小さいうちに多少食べたので。

じつは、バルコンで大和芋もやっていますの…。上部が枯れたので、そろそろ芋を掘ってみようと思っているところです。他の野菜と違って、生長がどうなっているか全然見えないから、ドキドキ。
【2006/09/11 21:23】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/402-51019da5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。