スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

政治界も少しずつ新年度

 2006-09-01
各政党でUniversite d'eteという、新年度に向けての集会をやっておりますが、ニュースは見出しに目を通す程度、あんまり状況についていけておりません。(昨夜はPRISON BREAK、今夜はN.C.I.S.が始まったので、TVばっかり見ています。)そんな程度ですが、大まかに状況をお伝えします。

今夏の集会で話題にのぼるのは、そろそろ視野に入ってきた大統領選出馬候補者のこと。昨年度はサルコジかロワイヤルか、と言われ続けていましたが、実際は誰が候補者として出るかまだ決まっていません。

セゴレンヌ・ロワイヤルが所属する社会党は、大統領選に出たい人たちが沢山いるので混戦模様のようです。彼女の他、ドミニック・ストロス-カーン、ジャック・ラング、ローラン・ファビウスらが大統領選への意欲を見せていますが、それぞれの派閥が争っている感じ。11月には、誰を候補者として立てるか決めるための党内選挙が行われる予定ですが、政治生活からの引退宣言をしたジョスパン氏もこの党内選挙に名乗りを挙げる気配が濃厚。

サルコジ内相が党首を務めるUMPでも夏季集会が始まりました。
060901204732.fvojjhll1_dominique-de-villepin--g--et-nicolas-sarkozy----mab.jpg今日が初日だったようですが、ド・ヴィルパン首相が演説をし、ニコラ・サルコジを称え、感謝の意を表したとか。昨年度は、クリアストリームのこともあったし、ライバルである二人の関係はうまくいっていないという見方が主流でしたが…なんだかんだいって、やっぱり同じ党所属だもんね。なんといっても、新年度に向けての党集会だし。
更に、ド・ヴィルパン首相は、以前から重ねて言っているように、大統領選出馬の意志はないとのこと。やっぱりUMPはサルコジ党首が候補者になるのかな。
ところで、サルコジ内相は先日、雇用者組合のMEDEF夏季集会に呼ばれ、演説をしましたが、セゴレンヌ・ロワイヤルを暗に皮肉り、「大統領選は美人コンテストじゃないし~」と言っていました。このおっさん、また同じこと言ってる。他に気の利いたことは言えんのか。

もう夏季集会が終わった緑の党は、大統領選出馬候補を決めるための選挙を既に終えています。この選挙はかなりもめて、結局ドミニック・ヴォワネを候補者とすることに落ち着きました。しかし、自然を紹介するTV番組で有名なニコラ・ユロが今夏の集会に招かれ、「彼を候補者に」という声も出ているとかなんとか。

ちなみに、緑の党や共産党は左派で統一候補を立てるとか立てないとか言ってますが、結局意見がまとまらなくて立てられないのでは…という気がします。

極右、FNの党首、ジャン-マリー・ル・ペンは、昔仲間割れしたブリューノ・メグレと関係修復へ歩み寄っているらしいです。
ル・ペン氏は今日、フランス2のニュースに出ていたみたいだけど、見逃しました。

今、把握しているのはそんなところです。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/398-51208200
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。