スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

戦没者の慰霊のこと

 2006-08-15
今日、フランスはマリア被昇天祭の祝日で一日うだうだしてましたが、そういえば日本は終戦記念日であった。
こちらで日付が変わった直後、ニュースで小泉首相が靖国神社に参拝したと知りました。

アジアから距離をおいているから少し違った見方をしてしまうのかもしれませんが、日本も近隣国も、本腰を入れて対話をする態勢が整っていない、またその準備が整う気配もないように思えて残念です。

ル・モンドに、日本の靖国問題に関する記事があり、そこで初めて興亜観音という観音像があることを知りました。こちらは日中戦争に出征した松井石根(まついいわね)により建てられたそうです。松井将軍は、もともと日中友好論者だったそうで、日中両国の戦死者の霊を「『怨親平等』に、ひとしく弔慰、供養するために」この観音像を建立したということです。彼自身、東京裁判でA級戦犯として死刑判決を受けています。他に東条英機ら、7名のA級戦犯の遺骨が納められているそうです。

ところで、靖国神社参拝の最近の争点は、A級戦犯の霊も合祀されていることらしいですが、そうなると興亜観音なんかはかなりやばいのかな…。「被害者」である中国人を、A級戦犯と一緒に祀っているということだから。
でも、これは仏教的な考え方なのか、「あの世では敵味方がない」(ル・モンドの記事内より引用)ということに、私は妙に納得させられて、「『怨親平等』に、ひとしく弔慰、供養する」ことがそんなに悪いことのように思えませんでした。寧ろ、心が寛いような気がしました。

問題は、「誰が」供養するか、ということなのでしょう。観音様は、多分自分の意志に反して戦わなければならなかった松井将軍によって建てられたし、国家とは離別した場で生まれた。そして、日中両軍の戦死者と日本のA級戦犯が一緒に祀られた観音様に手を合わせることは、怨みや憎しみを越えて、そこに祀られたすべての霊を悼むことのように思います。

しかし、靖国神社は、もともと天皇がまだ神であった明治時代に、天皇の指示によって建てられた神社。だから、太平洋戦争中にはまだ活きていた、それどころか過剰に強調された、神=天皇という考え方が基盤となっている神社であり、国の神社。それで、靖国神社は軍国主義とはやっぱり無関係ではないと思うし、そこに太平洋戦争の戦没者の霊を弔うというのは、微妙な問題なのでは…。

あと、どうも気になるのが、「神社」というからには、やっぱり神道で、宗教に属するんですよね。政教分離の考えから言えば、国のために戦死した霊を、国としてのひとつの神社(というものが認められていること自体ヘンだと思うけど)に祀るというのはおかしいような。宗教的に慰霊するのだったら、遺族がそれぞれ自分の家でやったらいいんじゃないのかなー。なんだか、結局、国に徴集されて死んだらそのまま吸い取られるみたいで、個人的に嫌です。
国として、自国のために戦った兵士のための慰霊は、宗教に関係のない記念碑でしたらいいんじゃないの、と思うのですが。

小泉首相は、国の暗い過去とつながりの深い靖国神社ではなく、宗教に関係のない場所で、戦没者の慰霊をすることだけでは物足りないのかな。何故靖国参拝に固執するのかわからない。

更に、どうも納得いかないのは(これは誰かが書いていたのをどっかで読んだのだけど)、「個人として(私的に)」参拝すると言い訳しながら、なんで選挙のとき公約なんかにしてたの?実は公約にしてたなんて知らなかったけど。(しかもそれってわざわざ公約にすることなの?)なんか非論理的で頭にきます。

参考:
スポンサーサイト
コメント
それにしても日本人の宗教観がいかに曖昧かついい加減であるかは、首相の「戦死した人たちは靖国神社で仏様になられた」という発言からも明瞭です。しかもやっかいなことはそれが日本の宗教の独特な地盤になっているということでしょう(本地垂迹説などもその一例です)。梅原猛は「わたしにはどうも神道というものがわからない」と嘆いていましたが、そもそも神道自体が何なのか大多数の日本人はわかっていないのです。キリスト教やユダヤ教のように経典がないことも神道の理解にとって致命的なことでしょう。しかしそれでも日本人にはなんとはなしに八百万の神がいるようにおもわれていて、皆はなにかにつけ神社にお参りにいっている。
この問題について田中優子がテレビで発言していたのですが。そもそも地方に自然発生的にあらわれた神社と国家のイデオロギー装置としてつくられた靖国神社は区別されなければならない、と。わたしも同感です。この両者を混同することがますます問題を複雑にしているようにおもわれます。
靖国参拝に賛成する人も反対する人もそもそも神道とは何なのか、天皇とは何なのかという問題を置き去りにしたまま不毛な議論を続けていているようにみえてなりません。
【2006/08/16 04:04】 | pianoman in Matsudo #- | [edit]
みんなが一番心配してるのは過去の二の轍を踏んでしまわないかということですよね。住んでる人間にしてみればありえないといってのけられますが、心配なのは神社の裏に住み着いた鬼子たちです。どうしても小泉さんばかりいわれますが私はダミーだとしか思えません。本当にやばい連中は表には出てきていないと思います。そういう連中がマスコミやメディアをいじり出したときが危険信号だと思います。なにせ日本人はいいも悪いも流されやすいですからね。
【2006/08/16 05:27】 | numa69 #- | [edit]
今日も暑い!日本からこんにちは。

一昨日ぐらいから意識的にテレビは見ないようにしていましたが、偶然つけるとそのたび同じ顔ぶれ(去年もほぼ一緒)が出て来て、噛み合ない議論というか言い合いをやってて、毎度私の血圧を上げてくれました。ま、主たる原因はいつも1人の女性作家さんですけど。
そんなわけで、ついつい頭の中ではいろいろ考えてしまっていたのでコメントさせてください。

pianomanさんの記述にもありますが、私も古くから日本人の生活に関わりあった神社と靖国神社とは異なる性格の宗教施設だと理解しています。宗教施設と書きましたが、その成り立ちから言ってもきわめて政治性を帯びていると思います。
靖国神社側は今でも特権的に国家護持を受けて当然というスタンスなのでしょう。(そういう意味では麻生太郎外相の非宗教法人化、国家施設化提唱なんてのは渡りに船、というよりそれこそが目的なのでは←なので、一層危険だと思っています。まあ実現しそうじゃないけど)
で、私は靖国神社そのものが国家神道と戦前の軍国主義的イデオロギーのアマルガムであり、いまだそれを超克(リセット)していないと考えるので、存在自体今のままでは受容しがたいのです。

小泉首相の公約っていうのは自民党総裁選の時の公約かな。党の大きな支持基盤の一つである遺族会の票を得るための。総選挙では多分口にしない。違憲問題を避けて通れなくなるし。

もう一つ、「祀る」という言葉自体が「神として崇める」というニュアンスなので、仏教で供養する=霊を弔う というのとはやはり性質が違うんではないかと思います。
その辺を曖昧にしてるのが日本人の宗教観と言うこともできるのでしょうが、死者に対するアプローチに関しては割と区別されてるんじゃないかな。

言葉足らずの割に長くてすみません~
【2006/08/16 09:01】 | imasaru #6ilpfs42 | [edit]
あー、みなさんのコメントを読ませていただき、日本で展開されている議論にやっぱり疎いなーということを再確認すると共に、結局似たような考え方をしている人たちがいるんだなーということで、ちょっと安心したところがあります。
頂いたコメントを読んで、自分が言いたかったけど明確にならなかったことが言い表わされていて納得して嬉しかった反面、ちゃんと伝わるように表現できていたのか不安になりました。日本語が不自由になってきたことに焦燥を感じつつ、相変わらずの知識不足が身にしみます。

>pianomanさん
実は、このエントリーを書くとき、そもそも靖国神社って何なんだろう?と考えようとして、自分は神道が何かわかっていないことに気づきました。で、神道って何だろうと考えたとき、他の宗教と比べると、仰るように経典がないし、一神教のような体系がないし、宗教としてかなり異質なもの、得体の知れないもののような気がしました。そういうわけで、「梅原猛は『わたしにはどうも神道というものがわからない』と嘆いていました」という言葉に、ちょっとほっとしたというか、納得したというか。
本文であのように書いておきながらこんなことを言うのもなんですが、改めて思い返してみると、私は靖国神社を宗教的なものと感じたことがないような気がします。それだけに不気味さを感じていたのですが、それは「国家のイデオロギー装置としてつくられた」ということ、まさにそれに由来していた不気味さなのでは、と思います。そして、そのイデオロギーは宗教的要素を利用していたものである、と。
首相の靖国参拝問題で、A級戦犯の分祀が解決策のひとつとして出てきているようですが、本当の問題はそこじゃないんじゃないか、と、遠くからじりじりと見ています。付け足していうと、分祀で本当に中国と韓国の気がおさまるのか疑問(その点に絞って批判している彼らも間違っている気がします)。

>numa69さん
今日のル・フィガロの国際面にも、小泉首相の靖国参拝が記事になっていました。そこで読んだのですが、靖国神社が新たに作った日本の歴史紹介ビデオがめちゃくちゃらしいですね。
って、そういうことじゃないのかな??
神社の裏…今はなき学館に住み着いていた子たちのことを思い出してしまった(笑)。

>imasaruさん
靖国神社を非宗教法人化すればいいだろうという考え方って、結局、靖国神社というものの存在・その成り立ちにつながった問題なのだということが何もわかってないんだなーという感じがします。
うむむ、本文中、「祀る」と「霊を弔う」という言葉の混在で、私の無知を露呈してしまいました。お恥ずかしい。私なぞ、神道と仏教の明確な境もよくわからない「曖昧な宗教観」の最たる者ですな。「神社の仏様」とか言わないように気をつけよう。
【2006/08/16 22:32】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/387-fee82e98
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。