スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

サッカー考・ワールドカップによせて (国民的感情編) その1

 2006-07-17
先日書いたもの、「社会的イメージ編」とか名づけてますけど、社会的イメージとは関連薄かったかも。
ま、いーや、タイトル負けしてるのはいつものことです。

さて、先日、ル・フィガロのOpinion欄がジダン関係ばっかりだったと書きましたが、通常は記事が2つのところ3つあり(まあ3つのときも間々あるんですが)、特にシリーズ化してテーマを決めていないときは違う話題に関するものが並ぶことが多いのに、その日は全部ジダンまたはジダンの頭突きに関する記事。勿論、多くの人がショックを受けた事件であったし、あのインタビューのあった翌日であるし、ほとんどのメディアにそれに関する記事が多々現れ、色々な反応があり、色々な意見があり、それは当然のことだったと思います。でも、私は、あのOpinion欄にはうんざりしました。それは、先に紹介した哲学者の記事と、弁護士(フランソワ・シュロー)と神父(ジャン-マリー・プティクレール)の記事でした。弁護士のは、「巧みな頭突きで、我々の無礼に対する素晴らしい評判を復活させた(D'un heureux coup de tete, il a ressuscite notre belle reputation d'insolence)」というタイトルで、文学調にジダンを賞賛、メディアの気まぐれを皮肉り、頭突きを食らわせて退場したジダンのおかげで「国家の或る精神の勝利」を見た、という内容。最後のは、「道を誤ったアイドルを処罰した審判に喝采(Bravo a l'arbitre qui a sanctionne l'idole fourvoyee)」、つまり、ジダンは子供たちの模範となるべきで、あんな行為はするべきではなかった、すぐに処罰を与えた審判は偉い…とかなんとか。
「哲学者」「弁護士」「神父」が並んで出てきてジダンのことを語ってる時点で、私としては既に鼻白む感じなんですけど、「現代社会の空虚」とか「国家の精神」とか、そんなご大層なことを語られると更に…。結局、ジダンがあのように振舞ったことで「人間らしさが感じられた」「身近に感じられるようになった」と解釈される一方で、ジダンをシンボル化して語ることで盛り上がり、結局またイコン(聖像)化してるじゃん!と。無責任だなー、私たちって…。
それらは、解釈という意味では、精神分析と同じように恣意的で、星占いと同じくらい無責任なものだと思う(という直感)。

ところで、私もワールド・カップにおける熱狂について考えてみました。それが、この前書いた「もやもやと考えつつ、自分の中ではっきりしたこと」の二つ目。それは、「サポーターの熱狂と国民としての感情の関係」。
まあ、これもまた独り善がりな考察ですけどね。
長くなっちゃったので、区切りつつ。

日本にいた頃は、昨日書いたように、話題性のあるスポーツに「国民的な盛り上がり」を感じて、どうもそれを全面的に受け止められなかった。特にオリンピックやワールド・カップなどの「国対抗」ものの場合。例えば、今回のワールド・カップにしても、サッカーに関心なかったり日本を応援してないと、冗談半分に「非国民」とか言われることもなきにしもあらず(試しに「ワールドカップ」「非国民」というサーチワードでぐぐってみたら沢山出てくるから、ありふれた発想なんだと思う)、で、更に、それについてはみんな了解済みみたいなところがあって、言われた人が激烈に怒ることは滅多にないだろうと思う。でも、この日本語の「非国民」という言葉、人によって感じ方は違うだろうけど、私にはどうも太平洋戦争中の言葉という印象が強い。「非国民」というのは、「愛国心」がないことを非難する言葉として戦時中に使われたもの、そして逆にいうと、非難することで「愛国心」を強要している言葉というイメージがある。

「愛国心」というのは、日本人が戦後、なかなか大声で主張できなかったものではないかと思う。軍国主義的な国家の戦時中のイデオロギー、「みんな、同じように」行動し、唯一性・至高性のある大和民族・日本国民としての誇りを持とう、他民族は我々よりもレベルが低く軽蔑すべきやつらだ…とするプロパガンダを、「愛国心」という言葉は呼び覚ましていたと思う。「愛国心」という言葉そのものも戦時中に積極的に呼びかけられていたものなわけだし。戦後の日本で、戦争の亡霊、またはトラウマにより、国を愛することを抑圧する部分があったのではないかと思う。
(私がそう考えるのは、教育による感化の影響があるかもしれない。私の通ったところは、小・中・高を通して左寄りの学校だったようだ。ずっと公立だったので、日教組が強かったのかもしれない。今にして思えば、小学校の最初の二年間通った学校はちょっと変わっていた。「君が代」を絶対に「国歌」とは言わなかった。教師は子供たちにそれを歌わせたくないようだった。歌詞の内容も、その頃教わったような気がする。最近、日本人の友達と国歌の話になったとき、別に歌詞の内容など知らずに歌っていた、教わらなかったと言っていた。)
戦後50年まで日本で暮らしていた中で、スポーツで自国のチームを応援することにある種の気まずさを私は感じていた。「愛国心」につきまとう暗いイメージが拭えないでいるのに、それを表現することのように感じられたからだ。それに加えて、日本での「国民的支持」の現象。私が自国チームを応援することにためらいがあったのは、ただ戦後のトラウマを引き継いだからだけでなく、「みんな一緒」を当然とする社会、応援に参加しない人を「非国民」と呼ぶ社会をそこに感じていたからだと思う。熱狂+「愛国心」の強要、というシェーマが導き出すものに不安を感じていた。今でも、それにはひっかかるものがある。

(続く)
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/372-0b105a4b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。