スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

14juillet2006

 2006-07-15
昨日は、起きたらもうすっかりシャンゼリゼの行進は終わってました。毎年のことだけど。

シラク大統領の恒例インタビューも見ず。
カナール・アンシェネにも書いてあったみたいだけど、多分、ジダンのTVインタビューの方が視聴率高かっただろうな…。

夜は、花火見物にでかけました。
今年は、トロカデロ広場ではなく、シャン・ド・マルスが会場。
去年はセーヌ河岸で見たけど、今年はどうしようか?と言いながら地下鉄に乗ったら、超満員で、途中で降りられず、結局エコール・ミリテールまで行っちゃいました。
それにしても、今、去年のを読み返したら「バトー・ムーシュに乗って見物するのもいいかも」とか書いてる…。そんなこと全然忘れてた。
エコール・ミリテール前に到着したのは9時45分頃。もうかなりの人が場所取りしていました。でも、まだまだ明るい。
effeil.jpg
上の写真は、10時ちょうどになったときのイルミネーション。きらきらと瞬いているのですが、明るくてちょっとわかりにくいですね。人々から歓声と拍手があがりました。
待っている間、風があり、寒くなってきた…。風邪ひきそう!日中は30℃を越す暑さなのに~。

予定より5分遅れて10時35分、花火開始。
今年はモーツァルト生誕250周年を記念して、モーツァルトの楽曲に合わせた花火のショーとなりました。
日本の花火大会と違うなーと思うところは、「音楽と花火のスペクタクル」だということ。音楽に合わせた連続性や色の組み合わせ、異なるタイプの花火のコンビネーションなどで盛り上げます。
20060715224507.jpg
20060715224601.jpg
「魔笛」のアリア(?教養がなくてわからない)には、パステルカラーでカワイイ花火。音楽に合ってる感じ。
20060715224524.jpg
シャンパン色の花火がはじけると、なんとなく大人のパーティーな気分。
20060715224630.jpg
そして、bouquet finalと呼ばれる最後の盛り上がり。去年、日本で花火大会を見たフランス人が「bouquet finalがなくて残念だった」という感想をもったそうで、それを聞いた時「そんなことないだろ~」って私は思ったのですが…やっぱ違うわ、コレ。
20060715224536.jpg
20060715224548.jpg
もう、なんでもありっ!ってくらいな勢い。ちょっと笑っちゃいました。
花火が終了すると同時にエッフェル塔の電飾が。
20060715230031.jpg
観客、大喜びです。

帰りは、めちゃくちゃ混んで、地下鉄の駅に入れない状態。2駅先まで歩きました。
Invalide6.jpg
金色のアンバリッドを見ながらぶらぶらと。

しかし、寒かったなあ。
大気汚染のせいもあるのか、今日は鼻水が出て咽喉が痛い。やっぱり風邪?
スポンサーサイト
コメント
こんな、ご立派な花火大会があったなんて全く知りませんでした。パソコンに向かっていたら、突然、雷のような爆発音が鳴り響いたので「どこかで花火やってるみたい・・」くらいにしか思っていませんでした。こんなに豪華な花火だと事前に知っていたら観に行ったのに・・・。(悔)
【2006/07/16 09:48】 | kaori #- | [edit]
え~~、毎年恒例じゃないっすかぁ~!
kaoriさんのおうちは、歩いて帰れる距離なのにね、もったいなーい!
日本みたいに、しょっちゅう花火大会があればいいのにねー。
【2006/07/16 18:25】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/370-fc7f13da
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。