スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Japan Expo 7

 2006-07-10
さて、時間的に前後しますが、Wカップ決勝戦に先駆けること土曜日、ジャパン・エクスポ(Japan Expo)に行って参りました。

ジャパン・エクスポは今回7回目を迎え、参加者数が年々増えているらしく、今年はシャルル・ド・ゴール空港近くの大展示会場、Parc des Expositionsにて開催。遠いよ…。
とはいえ、普段は空港までノンストップの急行も、展示会で催し物があるときは特別に停車。パリの北駅から約20分ほどで到着。

7月7日から9日、金・土・日の3日間、開催されていたのですが、Tokyo Style Collectionというファッションショーが行われる土曜日にGO。可愛くて東京モードな若いモデルがいっぱい来るというし、土屋アンナちゃんのコンサートもあるという。(正直言って、ファッションより女の子が見たかったわけね。)同目的(?)のフランス人の友達と連れ立って、いざ「未知の世界」へ。

そう、私にとっては「未知の世界」だったのです。
だって、ジャパン・エクスポといえば「オタクの祭典」というイメージがあったんですよ。宣伝ちらしやポスターにもマンガとかアニメの挿絵が目立つし。漫画家が日本から来てインタビューやサイン会をしたり、コスプレの若者が嬉々としてやって来たりする、まあ日本のコミケみたいな感じかなーという。
しかし、この間のエッフェル塔ピクニックで、Mme Pilotから「メイドカフェが日本から来るんだって!」「私もファッションショーのお手伝いをするのー!」と聞き、何か先験的偏見的イメージ以外のものがありそうな予感に見舞われ、突如興味津々に。サイトを見ると、着物ショーや生け花、剣道、武術のショーなんかもあるみたい。へー、なんだ、アニヲタだけが対象じゃないんだ、結構守備範囲広いじゃん?ってことで行ってみることに。
20060710231218.jpg

展示会場、なかなか広いのでびっくり。
で、中に入ってみると、いきなりマンガブースですよ。やっぱりね。まあ予想してました。私もマンガが大好きな子供だったんで(今でも読み始めると世界に入ってしまいます)、ワクワクする感じはちょっとわからないでもない。でもマンガは日本語で読みたいしな。というわけで素通り。

20060710232210.jpg予想していた通り、コスプレ参加者がちらほら。でも思ったより少なかったです。コスプレのコンクールがあったみたいなんで、気合入ってるのはその参加者くらいだったのかな。ゲームもマンガもアニメも見ない私には、何のコスプレかさっぱり。それでもさすがにセーラームーンはわかった。根強い人気?そのコスプレしてたのは男性だったけどね…。その人の写真を撮り損ねたのは残念。みんな、結構コスプレの人たちに声をかけて撮影させてもらってました。でも、私はいまいち勇気がなく、近づくことも躊躇。遠巻きに見るだけ。

Wカップシーズンだからか、日本のサッカーユニフォームを着ている子も何人か見かけました。誰のを着てるのかな?と名前を見ると10番NAKAMURAとか。10番TSUBASAとか。えっ!?…キャプテン翼。しっかり「captain」と書いた腕章をつけてる。ウケた。つか、脱帽。隣りの子は7番SODA。彼らの写真もとっときゃよかった。後悔。

マンガブースを抜けると、今度はゲームブース。派手な音やめまぐるしい映像、ああ渋谷のゲームセンターを思い出すよ…って雰囲気。
その傍ら、ニンテンドーDSのブースはやたら地味に感じました。あのサイズだし…みんな背中丸めてやってるし。当たり前っちゃあ当たり前なんだけど。
no-tre.jpg
↑ニンテンドーDSといったら脳トレだ!フランスでも売れているらしい。
↓で、脳トレといったらやっぱり川島先生。ちょっとブレてますが。
no-tre2.jpg


さて、お目当てのメイドカフェ!
20060710235109.jpg
この写真を撮っていたら「写真を撮るなら3ユーロ」とフランス語で書いた紙をもったメイドさんが寄ってきた。
えーー、写真撮影に3ユーロ?遠くから撮ってるだけだよ?ポーズ求めてないし、雰囲気撮りたいだけだよ?
なめてんじゃね?
肖像権侵害に対する防衛なのだろうか(にしても肖像権が3ユーロか)、メイドコスプレのプロ意識なのだろうか。と、なんとなく腑に落ちないながらも写真撮影はやめ。
しかし、行列できてるよ。やっぱり人気あるんだ?なんて思いつつ、よくよくみると、お客さんはみんなカップラーメンをすすってる。売ってるものはラーメンとおにぎり、共に6ユーロ(たっけぇ)。お昼どきをちょっと過ぎた時間だったので、おにぎりは売り切れてたのかもしれない。ふと気がつくと、お客さんが危なっかしく自分でカップラーメンを運んでいる。お盆もなし、熱湯の入ったカップを直に手に持って客に運ばせるって…どこが「メイドカフェ」やねん!!
メイドさんはお金もらってお湯を注いでるだけ。写真撮影に3ユーロとるプロ意識あるんだったら、ちゃんとサーブもして欲しいです。メイドをなんだと思ってんだ、ゴルァー。

ってわけで、未知の世界初体験で少々テンションが上がり気味だった私は、ここでブチ切れ。もともと低い血圧が上がったうえに、蒸し暑い会場内、ちょっとふらふらになってしまいました。

とりあえず一周して、エネルギー補給することに。
もう2時を過ぎたというのに、食べ物を売っているスタンドは相変わらず長蛇の列。どうせならお寿司にしようかーと、Matsuri sushiで並ぶこと20分(もっと待ったかもしれない)。買おうと思っていたセットは売り切れ(実はそういうことも予想していたけど)、残っていたのは1パック20ユーロの握りセット。20ユーロ…。シャリが固くなってぼろぼろなんですけど。比較しちゃダメ、と思いながら、頭に浮かぶのはMme Pilotに連れて行ったもらった喜楽亭の江戸前握り(15ユーロ)

さて、気を取り直してTokyo Style Collectionへ。ほぼ予定時間通りに始まった…と思ったら、最初はファイナルファンタジーの宣伝とか。あんまり興味ないんで、その間にまたぶらぶら。しばらくして、「あっ、始まった!」とステージの方へ戻ってみたら、すっごい人だかり!思ったよりステージが低くて、ぜんっぜん見えない!
そこで私が見たファッションはこれくらいです↓
cosplay.jpg
「歯向かうヤツは殺す」。なんのコスプレ…?しかもロリータちっくに挟まれて。どういうトリオなんだ。

土屋アンナちゃんのコンサートも、全然見えず。せめて写真を撮ろう(望遠機能を使えば自分の目よりよく見えるかと思って)と悪戦苦闘していたら、背の高い同伴者が見かねて撮ってくれました↓
20060711002334.jpg
アンナちゃんはNANAの声をやっているそうで(私はこのマンガ、名前しか知らないけど)、コンサートの前にちょこっと流れたNANAのアニメ映像にマッチする声だなー、と納得。
えーと、まあ、普通のロックでした。

自分にとってのメインにはことごとく期待を裏切られた感じ。ファッションショーとコンサートは、ステージまで近寄ろうとしなかったんだから仕方ないか。

さて、このあとはもうちょっとなんですが、ここまでで大分長くなってしまったので、続きは次回。
スポンサーサイト
コメント
>「歯向かうヤツは殺す」。なんのコスプレ…?しかもロリータちっくに挟まれて。どういうトリオなんだ?

これ、もしかして、映画「下妻物語」のコスプレ?
真ん中がアンナで、両サイドのロリータが深キョン・・・・。
【2006/07/11 06:39】 | Zel.co #3.qd4xgI | [edit]
あー、その映画、こっちでも公開されてるみたいです。
土屋アンナってそういう役どころなんですか。深キョンのフリフリドレスの写真は見たんですけど…。
「下妻」、すごい面白いみたいですね。
【2006/07/11 17:02】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
下妻、かなり面白かったです。

アンナは、そういう役どころになってる気がしなくもないです。
【2006/07/11 17:41】 | Zel.co #3.qd4xgI | [edit]
きたのねー
私 アンナさんの通訳とかしたよー
【2006/07/11 22:30】 | 酒番長 #- | [edit]
>Zel.coさん
うーん、見たいな~。
でも多分映画館までは行かない…(苦笑)。

>マダム酒番長
見かけたんだけどさ、遠くて声をかけられなかったんだよー。
イエローバゲット・トマ氏とすれ違ったような気がしたんだけど、日本から来てたのかしら?黄色いTシャツ着てる人だったから勘違いかな?(笑)
【2006/07/11 23:48】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
アンナちゃんはNANAのテレビアニメ版の主題歌だけじゃなかったかな?
彼女は数年前のNHKイタリア語講座でジローラモ大先生(他)にみっちり1年間教えられてたけど、いっこうに上達していなかったような記憶があります。そもそも全然やる気がないっつーか。
妙に断片的におぼえているのは、その前の30分間が必ず観ていたフランス語講座で、この年度の講師・受講者がすんばらしかったからなのです。あー、リヒトamourなんちゃって。

リヒト(元スーパー男子モデル)と一緒に受講生だったのはアニメ声優もするタレント池澤春菜嬢(@夏樹さんの長女、福永武彦の孫)で、確かあの後、渡仏したんではなかったかな。って、日本に当時いないと通じませんかな、この話題。
【2006/07/13 12:28】 | imasaru #- | [edit]
>imasaruさん
超遅レスですみません。ここにお返事し忘れてました…。

そうか、歌だけなのですか。私がみたアニメのクリップがちょうどコンサートのシーンだったので、全部そうなのかなーと思っちゃいました。

ジローラモ大先生と、そのやる気がなさそげながらも「ま、いっかー」みたいなところが、イタリアっぽくてよかったのかも(笑)。

リヒト君というのは見てないです。残念。
私がみていたフランス語講座は、10年以上前だわ…。ドラ・トゥーザンと…その後も見てたはずだけど覚えてない…。ドラがすごく印象的だったからなー。昔、日仏学院で彼女の講座に通ってて、3年くらい前に東京で偶然彼女に会ったら覚えててくれてびっくりしました。
【2006/07/17 21:47】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/364-f159f601
  • 冥土【blog KAMBANART】
    フランスではアニメやマンガなどの、所謂オタク・カルチャーが根付いて久しいのですが、あこがれの地(?)日本の文化を紹介するJAPAN EXPOが今年も開催されたようです。・・・って、オタク文化に片足つっこんでるのに、まったくもって不勉強なんですが、友人達のブログで..
【2006/07/13 12:01】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。