スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

さよならWカップ2006

 2006-07-10
傷心の一夜が明けました。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

決勝戦については、あんまり語る気になれません。
一言だけ↓
ジダンのあんな最後ってないよなーー!!

その後、頭突きの顛末などがニュースに載っていますね。いちいち書きませんが。本人の口から聞くまでは「噂」の域を出ませんし。

さて、試合内容そのものはおいといて、自分がどのように決勝を過ごしたかは語っちゃう。
昨日はシャトレ付近に出かけ、前半はなぜか「ナンチャッテ寿司屋・中華とタイ料理もありレストラン」で。隣りのグループにイタリア人青年が二人混ざっており、背後のゲイカップルもイタリア人で、国歌斉唱のときは4人とも歌っていたようだ。ゲイカップルはサッカーにまるで興味なかったみたいだったけど(そういや何故かゲイカップルの多い店だった)。イタリア人ってつい国歌を歌っちゃうものなのかな。
ハーフタイムで勘定払って移動、後半から友達とバーで合流。っつっても、席は別々。
特別に解放されていたイベント用地下室は満員御礼、後から入った私たちは一番後ろに立って観戦。
「Allez les bleus!」といういつもの応援を聞いて、ふと「今日のブルーユニフォームはイタリアだから、ブルーを応援したらダメじゃん?」とか疑問に思ったり。
喚き、拍手し、盛り上がって…試合終了。負けたので、終了と同時に声もなく、またはため息と共に、大半の人が立ち去った。
私たちがいたのはラテン・バーで南米系の人が多いようだったけど、イタリア人も混じっていて、終わってからメダル授与のとき、テュラムが泣いていて、こっちももらい泣きしそうだったところへ、イタリア人親爺が後ろからげらげら笑いやがってむかつきました。
終わって外に出てみたら、ずいぶん静か。当たり前か。でもユニフォームや国旗を身に付けたサポーターがいっぱいそぞろ歩き。
リボリ通りをとぼとぼ歩いていたら、イタリア国旗を掲げた車とオートバイがクラクションを鳴らしながら走り去った。
そうだ、シャンゼリゼはどうなってるんだろう?と、興味本位で地下鉄で移動。
車両通行止めは変わりなく、歩行者天国になっていました。しかし、やはり人出はそれほどでもない。高級店に雇われたのであろうセキュリティのお兄ちゃんたちは緊張感なし、店の前のベンチでだべってました。たまたまTVインタビューを受けているイタリア人サポーター集団に遭遇。
20060710190243.jpg

20060710193214.jpg

20060710190326.jpg

やはり彼らは少数。200人くらい?それでもシャンゼリゼを凱旋門に向けてはしゃぎながら行進。ときどき花火があがったり爆竹が飛ぶ。私も傍らで「イッタリア!イッタリア!」と言ってみたけど全然おもしろくなかった。更にやけくそで「on n'a pas gagne~! on n'a pas gagne~!」と口ずさんでみたら、一緒にいた同居人にたしなめられました。
20060710190649.jpg

凱旋門には、フランス代表チームの各選手の顔が投影されていました。しかしでかすぎて、角度によっては誰だかよくわからない。(髭面ドラソーは角度に関係なくわかったけど)。
下の写真は誰?ヴィエラ?マッケレレか?
20060710190712.jpg

一番上には「Merci les bleus(ありがとう、ブルー)」「Toujours derriere vous(いつも応援しています)」という文字。

ああ、やっぱり98年の優勝は貴重な経験だったのだなあ。今回の個人的リベンジ叶わず、改めてひしひしと実感。

ジダン世代は今回で引退。昔はサッカーなんかちっとも興味のなかった私がWカップにこんなに燃えるとは自分でも意外なんですが、それも彼らがフランスチームを勝たせてきたおかげでWカップが面白くなったから。この1ヶ月、楽しかったです。Merci les bleus!
スポンサーサイト
コメント
にわかサッカーファンとして私も今回はホント楽しませてもらいました。もちろんピザかじりながら。
そうそう、うちの家にも「on n'a pas gagne~! 」が聞こえてきましたよー、あれってshibaさんだったんですね!

【2006/07/10 23:03】 | poisson-r #ZSBUhThY | [edit]
こっちは中田の引退にショックがはしってます。引き際の美学か、キング・カズのように、わたしと同年代にしてまだ現役にこだわるか。わたしはカズに共感すると同時に中田の「新たな旅」にも共感してしまいます。ただ青年実業家というのはどうかなあ。もう金はいっぱいあるんだろうし。
【2006/07/11 04:11】 | pianoman in Matsudo #- | [edit]
おつかれさま~
後半の途中「ラ・マルセイエーズ」がベルリンのスタンドで合唱された時、バーにいたオーディエンスは唱和しなかったですか?個人的に国歌に関してはいろいろ思うところありなのですが、このフランス国歌の曲調は確かに戦意を鼓舞するものがあるような気がします(歌詞はまあアレですけど)。
延長のあの場面で歌われてジダンに聴こえてきたら,ちょっと違った結果になったかな~。そんなん耳に入らんか。
【2006/07/11 07:10】 | imasaru #6ilpfs42 | [edit]
>poisson-rさん
バスティーユに聞こえるほど大声で歌ってないですよ~(笑)。
準決勝のときはご近所が大騒ぎだったようですが、眠れました?

>pianomanさん
まー中田らしい選択かなあ?という気もしますが。(正直、中田には興味ないのでどーでもいい。)
お金が好きか、お金の問題じゃないか、どっちかでしょうね。

>imasaruさん
乙カレー!です(なぜか2ちゃん用語に一発変換)

ラ・マルセイエーズ、バーでは歌ってませんでしたね。
>このフランス国歌の曲調は確かに戦意を鼓舞するものがあるような気がします
もともと軍歌ですからねー。オリジナルタイトルは「ライン軍のための戦争歌」だそうです。(↓の「dico」参照
http://www.ilyfunet.com/ovni/2005/571/apropo.php
でも私、この国歌、メロディーが好きです。
昔はつい「らーぶ、らーぶ、らーぶ」(by ビートルズ)と続けてしまいそうになってました。
【2006/07/11 16:58】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
今さらながら・・・
1ケ月、お疲れ様でした。

あのシャンゼリゼに行ってたんですね・・・。うらやましいです。

レベルが高いサッカーが見たければいつでも見れ、見る目のこえてるサポーターに囲まれてる環境がうらやましい・・・。

日本はいつになったら、
そういう環境になることやら・・・。


shibaさんと、
こんなにサッカーの話しがでるなんて、想像もしてませんでした。

W杯は終わっちゃいましたが、
今後とも、よろしくお願いします。
【2006/07/11 17:50】 | Zel.co #- | [edit]
>Zel.coさん
お疲れさまでした~。
楽しかったですね!
いやあ、こっちはかなり落ち込みましたけどね~(苦笑)。

サッカーは、ケーブルTVに入ってたら沢山見られるみたいですけどね。うちはなかなか見る機会ないですよ。って、それじゃあ日本と一緒か(笑)。
スタジアムに見に行くほど好きなわけではないので…。ま、にわかミーハーファンということです。
そんな私の戯言でも、今後もお付き合いいただければ嬉しいです。

次はユーロカップかな!(ってまだ2年も先ですが。)
【2006/07/11 23:58】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
ルマンに所属してる松井大輔選手、中田が引退した今、今後の日本をしょってたつ選手なだけに、フランスにサッカー見にいく日本人増えるかも??!

shibaさん、にわかなんですか?
文面からは、見えないですよ~。
フランスサポーターの質が私の想像以上にレベルが高いって証明ですね。 本当にうらやましい環境です。


ユーロ2008楽しみですね~。
見に行きたいな・・・・。
【2006/07/12 03:21】 | Zel.co #- | [edit]
あはは、私、知ったかぶりが得意みたいです。
大体は、TVの解説者の言ったこと聞きかじってるだけなんですよ。

この夏に、もう次のユーロカップの予選が始まるみたいですね。フランスは早速9月にイタリアと対戦するらしいです。
雪辱なるか?
【2006/07/12 22:34】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/363-44715cee
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。