スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

パノプティコンはデモクラシー的装置である

 2006-01-16
思い出しメモ。

フーコーの「監獄の誕生」(実は私は未読です)の中で有名なパノプティコンでありますが、これはベンサムが発明した監視装置。主に監獄や教育機関、病院など、監視が必要な施設のために設計されたもの。
どういう仕組みかというと、真ん中に塔があってその周囲を環状に建物が取り囲んでおり、前者は監視する者、後者は監視される者の場所で、後者の個々の部屋には光を通すように窓ガラスが二枚平行にはめ込まれ、監視塔から中の様子が丸見えになるようにできている。また、監視される者からは塔の中が見えないようになっている。
この装置によって、建物の各部屋に入れられた者を四六時中監視することができ、また、監視する側が不在でもわからないようになっている。つまり、この装置は「不断の監視」を可能にする。

監視する者がされる者から見えないならば、監視塔に誰が入っても同じ効果を得ることができる。監視人だろうが、施設の責任者だろうが、見学者だろうが、監視人の妻だろうが、子どもだろうが、誰が入っても同じ効果を得ることができるのである。
ベンサムはこれを「デモクラシー」と呼んでいる。
(参照:Michel FOUCAULT, Le Pouvoir psychiatrique, Cours au College de France 1973-1974, Ed.Gallimard-Seuil, 2003, p.78)
スポンサーサイト
コメント
ちらっとTVつけたら、フォージェルだっけ、あのいやな男がロイック・フリジョン(うろ覚えでスペルもわからんが、元エルフ社長)にインタヴューしてた。見ましたか?

私はまさにフーコーのことを考えていました。
【2006/01/16 03:16】 | 猫屋 #- | [edit]
あ、その時間はTF1で「プリティ・ウーマン」を見てました(苦笑)。
私は、ジュリア・ロバーツって口でっけえな~とかリチャード・ギアってこんな役ばっかりじゃね?とか考えていました。
【2006/01/17 01:37】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
「プリティ・ウーマン」って公開時は好きだったけど、今見ると少しずっこけない?
ジュリア・ロバーツの口は村上春樹が、CDが出てきそうとか形容してましたね。Rギアは終わっちゃったね、仏教徒。
ってフーコーの話だったのに、、
【2006/01/17 12:44】 | 猫屋 #- | [edit]
いやあ、今回初めてみたんですよ、実は。>「プリティ・ウーマン」
やっぱり出てくるファッションを見て「あれ、この映画って80年代だっけ?」とギャップを感じました。でも1990年公開(製作?)、ぎりぎり80年代が終わったところだったんですね。ストーリーにも、なかなかにバブリーな雰囲気を感じたりして。さすがに15年前だと明白に時代が違う感じがしますね。
リチャード・ギアは、出てくるなり同居人が「小泉」と指さして笑ってました。
本当はF2の「Insomnia」(アル・パチーノ)を見たかったんですが、夕飯の支度がずれこんで最初から見られなかったので、頭を使わずとも筋を追える「プリティ・ウーマン」に決定。完全にだらけモードな日曜夜でした。

というわけで、フーコーの話からこんなレベルになってしまってすみません…。私ではこの程度にしかなりませんです。
【2006/01/17 23:38】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
困ったもんだ。
【2006/01/18 02:04】 | 猫屋 #- | [edit]
インソムニアはいまいちでした。
どうしても「キューブ」をのレヴェルを想定してしまうので……。
【2006/01/18 11:20】 | pianoman in Matsudo #- | [edit]

失礼「キューブ」ではなく「メメント」でした。
【2006/01/18 11:21】 | pianoman in Matsudo #- | [edit]
>猫屋さん
はい、困ったもんです。すみません。
どうしましょ。

>pianomanさん
「インソムニア」は粗筋を読んで重そうだなーと、だらだら日曜ナイトには回避したんですが、面白そうですね。「メメント」はもっと面白そう。
私、記憶系のって好きなんです。
「メメント」って知らなかったのでぐぐってストーリーを読んだのですが、小川洋子の小説を思い出してしまいました。80分しか記憶を維持できなくなった高名な元数学者と家政婦とその娘の話。未読ですが、書評を見てぜひ読みたいと思った本の一冊です。
【2006/01/18 16:48】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
困ったもんだの対象は、フーコーよりジュリア・ロバ-ツのcd収納庫に反応しちゃう猫屋の感性だし。

ところでこんど封切りの『Bkoreback Mountain 』ってカウボーイ・ゲイの秘められた愛を中国監督が撮ったつー映画、評判いいんだけど本当にいい映画なんだろうか、、見ようかどうか迷ってます。
【2006/01/18 23:58】 | 猫屋 #- | [edit]
いえいえ、こちらのレベルの影響が多分にありますでしょう。

カウボーイ・ゲイですか…。それも中国…。うーん、エロそう(と勝手な想像)。
【2006/01/20 00:40】 | shiba #ni2T6odE | [edit]
こんな所まで出ばってしまってすみません。Shibaさん初めまして、いつも拝読しています。カウボーイ・ゲイ映画の監督について長々書いたのでここでお知らせしてもいいですか?(もうしてるけど)
猫屋さんすみません。URL拾って下さい。花園枯れてますけど。
こういう話題だと調子に乗って出入りしそうなんで、お邪魔だったらそれとなくお知らせください。
【2006/01/21 04:40】 | imasaru #- | [edit]
あ、どうもここでお会いするとは奇遇ですなあ。でも問題はまだ見に行ってないんでしてこの映画、次回見るのは平成ポンポコ狸合戦の予定です。なんと今頃パリ封切りなんだよね。
【2006/01/21 06:16】 | 猫屋 #- | [edit]
しかしフーコーはどこに行ってしまったのだろうか、、、
【2006/01/21 06:17】 | 猫屋 #- | [edit]
>imasaruさん
初めまして。コメント、ありがとうございます。
私も猫屋さんブログのコメント欄でimasaruさんのお名前は密かに存じ上げておりました。はは。
ここ2,3日、ぼけーっとしてて、レスもつけずに放置してすみませんでした。横レス歓迎でございますゆえ。
「映画」というカテゴリーを作ったわりにはちっとも映画の話題がでてこないブログです。最近はTVでしか映画を見ていないという出不精ぶり…。
でもやっぱり映画の話を読む・聞くのは好きです。
imasaruさんのところにもお邪魔させていただきます。

>猫屋さん
今週のTele Cine Obsにこの映画のことが載っていましたね。ピューリタンだったのか~と私の想像がかなり道をはずれていたことを知って、恥。
昨日、なにげなく聞いていたラジオのCMで、美声男性がドラマチックに「ポンポコ~」と宣伝していて妙な感じでした。

自身がゲイのフーコーがカウボーイ・ゲイ映画見たら喜ぶでしょうかね…と無理矢理フーコーを呼び戻したりして。
【2006/01/22 15:36】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/254-b84ecc7e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。