スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

サルコジ支持者

 2005-11-24
猫屋さんが紹介されていた俳優カソヴィッツのブログ、なかなか気合の入ったアンチ・サルコジぶりでしたが、fenestraeさんのところで続編発見。サルコジ氏本人がコメント欄へ書き込みをしたらしいです。
このコメント欄、量が多すぎるのか、私のPCでは画面上に文字が重なって現れ、見ることができませんでした。後日再挑戦してみたいと思います。(それにしてもすごい量…。全部読む気力ないなあ。)
fenestraeさんが仰るように、ブログが一般市民の意見という形を借りて政治家のキャンペーンの道具になっていくのかもしれません。そういえば、先のフィンケルクロート(最後の「ト」はやっぱり発音するのですね)のインタビュー原語版をネットで探していたとき、あるPS所属議員のブログを見たのですが、郊外の暴動について書かれた記事のコメント欄に「PSの無力さに呆れる。私は2007年もFNに投票する」みたいな書き込みが続いていて、これが実際の市民の声なのか…と思い、サルコジ支持率の数字が具現化したのをみた気がしました。が、同時に、PSに不信を抱いている人間が当該党員のブログを読むきっかけってなんなのだろう?と疑問に思い、なんだか不穏なものを感じたり…。

ところで、今日、例のカソヴィッツ・ブログ上論争の話をフランス人の同僚にしたところ、彼女がサルコジ支持者だということが判明しました。
sarkozy.jpg彼女曰く、サルコジ氏の言葉遣いは確かに乱暴。だけど「フランス人の大半が彼を支持している」し、「フランス人みんなが思っていることを言っている」んだそうで…。
60%って大半か?と内心つっこみ。「フランス人みんな」というところには苦笑。しかし、サルコジ支持者を目の当たりにして、しかもこんな身近にいたということにある意味新鮮さを感じ、なんか感心したというか感動したというか。「ああ、『一般的』フランス人がここにいる!とうとう私の目の前に!」みたいな。まあ、もともとフランス人の友人・知人が極端に少ないんですけれども。
で、黙って「うんうん」と聞いていたら、「多くのアラブ人や黒人がRMIstで恩恵受けてて、40年も勤勉に働いたフランス人の年金が大した額じゃないなんておかしい」というようなことを言われ、そのときはさすがに「それはシステムの問題で移民の問題ではない」と釘をささざるをえませんでした。
仕事中のお喋りなので(いや、ちゃんと働いてますよ~)、議論するわけにもいかないし、そんな気もなかったので、話はそれ以上発展しませんでした。まあどっちにしても私はトロいし日頃はっきりした考えをもっていないため、すぐに反論できないんだけども。
でもやっぱりなんかおかしいと感じて、後から考えてみると、RMIstってことはその受給資格があるわけなんだよねえ。ただそれをもらうためだけにフランスに移住してきた移民ではないと思うのですが。(そういう人たちもいるのかもしれないが…「多くの」人がそうだとは思いません。)
彼女をはじめ、「私は人種差別主義者じゃないけど」という前置きをしてから話をするフランス人はわりと一般的なように思います。しかしその実、「人種」と「移民」「外国人」が重なる部分となると、なんだか「差別」が曖昧になってくるような気がします。それについて実際考える人は少ないのでは。
私は自分自身が外国人なのでそれだけこの問題に感じやすくなっていて、その分一般的フランス人のそういった態度が気になるのかもしれませんがね…。
スポンサーサイト
コメント
こんばんは。
サルコジ氏のお返事は NouvelObsの下記のページに再録されています。
http://permanent.nouvelobs.com/politique/20051122.OBS6180.html

「サルコジ支持者」、私も似たような経験をしつつあります。

J'suis-pAs-racii-st'mais ... いい枕詞ですよね。次にくる内容が予想できて(笑)。一気に言うのがコツ。

【2005/11/25 01:40】 | fenestrae #S1xi4FKw | [edit]
はじめまして。
>それはシステムの問題で移民の問題ではない
これが諸悪の根源なのではと私は思います。フランスでは決まりやシステム自体の良し悪しはおいといたとして、システムを機能させて行くことがまったく出来ていないと感じます。弱者の援助のためであるシステムを悪用する人を取り締まる、決まりを破る人を罰する、ということが今まではなぜか悪いことのように思われていたフランス社会ですがそれを今「する」と言っているのがサルコジ氏だけなので支持が上がったのではないでしょうか。他にいないのですよね、そういう人が。数十年来のラクシズムにうんざりしているフランス人は結構多いと思います。
【2005/11/25 13:33】 | ふらんす #- | [edit]
>fenestraeさん
あっ、ありがとうございます!
(私はなんかツメが甘いんだなあ…。)
しかし、ほんとに長いですね。ひとのブログでこんな長いコメント残すのって…感覚が違うなあ、なんて思ってしまいました。
で、ざっと目を通してみて、正直なところなんかむかむかっと(以下略)。

>ふらんすさん
はじめまして。
コメント、ありがとうございます。
悪用は多いみたいですね。その辺、フランスの社会制度には穴が多すぎるのではないかという気がします。しかし、穴がある、というのは、悪用であるかどうかがの決定が恣意的であるということも含まれると思います。何が悪用と言われるかわからない状態で取り締まりが強化されるのが、私は怖いです。
【2005/11/26 00:48】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/212-ef49f593
【2005/11/25 11:51】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。