スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

L'operation d'UMP sur Iinternet ~UMPインターネット大作戦~

 2005-11-15
先日、猫屋さんからコメントで紹介されたk. shimozawaさんのブログで、UMPが最大大手検索エンジンGoogleと提携して、或る一定のキーワード検索の際に自己サイトがトップにくるよう仕組んだという話が取り上げられていました。

ちょっと検索して、過去の関連記事を2、3拾い読みしてみました。
該当するキーワードは 「emeutes(暴動)」「banlieue(郊外)」「voitures brulees(放火された車)」など。更にサルコジ内相が発言して議論の的となった「racaille(ごろつき/社会の屑)」も。
11月の最初の週末(5日・6日)、Googleでこのキーワードを検索にかけると、提携スポンサーの広告としてUMPへのリンクがトップに現れるようになっていたそうです。
(↓クリックすると拡大します。)
20051115165555.jpg
更に、UMP党首・サルコジ内相が唱える「毅然とした」政治への支持を集める署名運動もどきのページへの直リンクで、クリックすると政治的内容を伴った短い文章が現れ、それを支持することに同意すると、もっと詳しい内容が書かれたメールが送られてくる仕組みになっていたそうです。
(この同意書フォームはk. shimozawaさんのところに貼られているリンクからみることができました。
http://www.u-m-p.org/site/soutien.php

この話で思い出したのですが、インターネットを利用したUMP宣伝活動は以前にも話題になりました。
chaosmosさんがこれを取り上げると(オフで)聞いたのですが、結局アップせずじまいだったようです。(って、全然更新してないね。)
この連想は誰もがするらしく、今回検索して読んだ記事文中でもやはり触れられていました。それはサルコジ氏の政治メッセージが書かれたメールがばらまかれたという話。このメールは、UMPと関係のない(と通常は思われる)ところへ登録した情報を通じて送られたらしく、しかもSNCF(フランスの国鉄)で切符を買ったときの情報を利用された、つまり公的機関に登録した情報を利用されたらしい。一部では「サルコジ・スパム」と呼ばれ、非UMP支持者から不快感・不満の表明がかなりあったようです。
このメールが本当にUMPから送られてきたものなのか?いたずらじゃないのか?という疑問もあがりましたが、UMPは否定するどころか法的正当性を主張しており、どうやら本物だったらしい。
で、UMPが主張するところによると、登録した情報が他の機関に参照されることを同意している人にしか送っていない、とのこと。しかし、この辺り、「同意した覚えはない」「そういう項目にチェックしたことは一度もない」という人もおり、真相は曖昧。

サルコジ氏のやるキャンペーンはまったく商業活動的。
以前、yucさんへのお返事でコメント欄に書いた事がありますが、若手の党員を使い、海岸でヴァカンス客にUMPのロゴ入りTシャツやらボールペンやらフリスビーやらを配らせたこともあります。
(ちなみに、フリスビーに興味を示し「これいくら?」と聞いた子供に、党員が「無料だよ、サルコジさんからのプレゼントだよー」と答えたら、子供の親が「なにっ、サルコジから!?そのフリスビーをお兄さん返しなさい!」と怒るという場面もあったとか…。)

ところで、ちょっと気になるのはk. shimozawaさんのところからとんだリンク先で目にした記事。PSも同じ戦略を使おうとしたというニュースですが証拠なし。「PSにはお金が無かったのか?それとも最後の最後に呵責を感じたのか?」うーむ。
しかし最後の一言コメントには笑ってしまいました。
「あるブログによると、『セシリア』『セシリア・サルコジ』(註:サルコジ氏の妻の名)というキーワードでもニコラ・サルコジを支援する広告が現れるとか…」


参照した記事:
「L'UMP renchérit sur «racaille» pour soutenir Sarkozy via Google」
「L’UMP utilise Google pour faire sa pub sur Internet」

「L'UMP inaugure l'e-marketing politique」
スポンサーサイト
コメント
ふーむ。
ホリエモンの黒Tシャツを思い出しました。
しかしShibaさん、すばやい。ぜんぜん遅くない。私は今日コピペしただけで疲れてしまいましたYo。
【2005/11/15 18:54】 | 猫屋 #- | [edit]
こんなもんでよろしかったでしょうか?急いで簡単にまとめただけでした。
(っていうか、時間をかけても簡単なのしか書けないですけど。)

それにしても日本語が長ったらしくて読みにくいですね。昔は「国語」に自信があったのに。精進しなければ。
【2005/11/15 19:13】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
乙であります、日本語用法も含めて。

私の日本語は句読点(だっけか)と“の”とカッコの使いすぎ。

ところでネブロ・ポルノサイトのTB襲撃にあってます。今度は対TBスパン戦争ですよ。Shibaさんも気をつけてね。
【2005/11/15 22:13】 | 猫屋 #- | [edit]
なんか二重投稿になってたみたいなのでひとつ消しちゃいました。

猫屋さんの文章は独自のスタイルがあって読みやすくて好きです。
カッコ使いすぎ?そうですか?(それは私だ…。)

うわ、戦争がもうひとつ…。頑張ってください。
【2005/11/16 00:10】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/204-bbe62d8e
【2005/11/16 02:57】
  • [本日の気になる記事]【SCHOLASTICUS LUGDUNENSIS】
    ね式さんから。http://neshiki.typepad.jp/nekoyanagi/2005/11/post_d069.html エマニュエル・トッドの原文とシラク演説冒頭部分フラッシュ見れます。 Shiba さんより。UMP のインターネット大作戦 http://hibinoawa.blog10.fc2.com/blog-entry-204.html こんなことや
【2005/11/16 08:36】
  • 買われた「自由・平等・博愛」@Google.fr【fenestrae】
    昨日の記事を書いていて必要があって、Google.fr で liberté (自由)を検索すると、右側に サルコジ・UMP の広告が出ているの気がついた。 UMPは党内の他の政治家からも文句がでるほど今やほとんどSarkozyの大統領選挙宣伝マシンと化していて、さまざまなマーケティン
【2005/12/04 09:48】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。