スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

解放の悦楽によりAsian dub foundationとDinosaur Jr

 2005-10-16
宿題もやっと一段落ついたことだし、まだやらなきゃいけないことはあるけど解放感満喫中。
というわけで、昨日は久々にいかなる義務感にも囚われない一日を過ごしました。

朝はゆっくり寝坊しつつも、まだ朝市に間に合う時間に起床。晴天が気持ちよいので、同居人と連れ立ってお買い物へ。朝市での収穫はまた後日報告いたします。

午後は音楽を聞きながらインターネット上をぶらぶら。
つい最近、出たばかりのときに買ったAsian dub foundationの「community music」をなんの気なしに引っ張り出してきて聞いてたらはまってしまった。
20051016231912.jpg思い立って検索してみると、かれこれ5年前のアルバムでありました。新しいのが聞きたいなーと更に検索。CDを出しているレーベルのサイトで試聴。ビデオクリップも見られて得した気分。ライブの映像を一曲見てLa fete de l'humaniteに行かなかったことを後悔。
そして忘れかけていた欲望。こんな男の子になりたかったんです。しかしこういう男の子が恋愛の対象にならないのはなぜか。同一化の欲望と所有欲とは異なるからだろうなあ。しかし同一化とは取り込み・摂取を通して自分のものにするということだから、所有欲と全く別ものというわけでもない。所有欲に関係してくるのは、あれだ、対象の可能性ですな。所有という目標のためには自分の対象にとって自分が対象たり得ないといけないわけで。そういう男の子の恋愛対象にはなれないなーという自覚がありつつ、加えて自分の想像領域において思い描くそういうタイプの女の子になりたいとは絶対思わないのであった。性的対象となることへの恐れと嫌悪みたいなものが別の道を見つけてしまったんだろうなあ。

まあそれはいいとして。
Asian dub foundationの他のアルバムを買おうかな、とアマゾン検索。ついでに別のミュージシャンなども試聴。フレンチ・ポップ?というよりシャンソンかな?メトロのポスターを見て気になっていたAgnes Bihl、ウィスパーヴォイス系ボサノヴァKeren Ann、ちょっとイタズラ少女っぽいCamille、などフランス女性ヴォーカルものを一通り試聴しましたが、決め手に欠ける。ニュー・ウェイヴ、パンクの黄金ヒット曲(?)をカヴァーしたNouvelle Vagueはちょっと贅沢して買っちゃおうかなと買い物カゴに入れたのですが…ふと思いついて同居人に聞いてみるともっているというではないか。買わなくてよかった。キャンセルキャンセル。
20051016233025.jpgそうこうしているうちに何故かふと頭に浮かんだDinosaur Jr、一番気に入っていた「Green Mind」など聞きなおしてみると、自分にどれだけ馴染んでいるかがよくわかる。やっぱり好きです。
音楽の趣味はあんまり変わっていないんだなあ。変化が訪れるほどの音楽的影響を最近は受けていないというのもあるけれど。他の方面では色々と趣味が変わったんですけどねえ。…つーか、進歩がないっていうのかな、これは…。

結局、CDは何も買わず。その代わり、PCのスピーカーがイカれてヘッドフォンでしか聞けない状態なので買い替え決定。MP3が聞けるCDプレイヤーはPCしかないし。PCってすごいな、と改めて思ったりして。そういやDVDもTVも見られるんだった。

久々に悦楽の午後でした。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/185-f6b2f0fa
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。