スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

L'universite d'ete : UMP

 2005-09-04
新年度に向けての各党、夏の決起大会(とういのでしょうか?)が終わったようです。

といっても、UMPは少し遅く、この週末(9月3日、4日)でした。
大西洋岸のラ・ボールというところで行われ、ド・ヴィルパン首相とサルコジUMP党首が海辺のホテルで朝食を共にする場面などが報道されていました。
UMPに属するシラク大統領が金曜の夜に緊急入院するというハプニングがあり、また、以前からド・ヴィルパン首相とサルコジ内相のライバル関係や、UMP党首としてのサルコジ氏の大統領選への野心が注目されていたこともあり、今回の夏のUMP集会に関するニュースは、他の政党集会よりも多かったような気がします。

さて、ド・ヴィルパン首相は今後の具体的な政策について発表したばかりですが、彼が「フランスの模範」を「真直ぐに立てなおす」ことを目標とすると言ったのに対し、サルコジUMP党首はそれを「新しく作り出す」こと、「今までの30年と決別する」ことを目指すと述べました。
20050904235859.jpgメディアはこの辺りに二人の間のライバル関係が表れていると指摘。
何より、サルコジ氏の党首演説で「UMPは内閣の後ろにいるのではなく、展望を定めるため、(中略)内閣の前にたっている」と強調するあたりや、来るべき大統領選に触れ「私は共に勝つこと、共に負けることを知っている」と述べるあたり、ド・ヴィルパン首相よりも優勢であることを示そうとしたような印象を受けました。
(内相である限り、内閣ではド・ヴィルパン首相よりも下だが、党の中では党首のサルコジ氏の方が優位。また、ド・ヴィルパン首相は選挙に出馬したことが一度もない。以前にもサルコジ氏は「普通選挙を経験したことのない人物を全面的に信頼することはできない」と発言したことも。)
大統領選に出馬する人物を選ぶのは党の意向で、としながらも、シラク大統領が入院した今となっては3期目への出馬の可能性は当然薄れるわけで、サルコジ氏に有利なったことは明白。自分が候補者に選ばれることに自信満々な気がします。
ただ、サルコジ氏は最近、奥さんの浮気をパリ・マッチ誌にスクープされ、傷心であるとかないとか。以前から不仲説は噂されていたのですが。

それに対して、先日の記事にも書いた通り、ド・ヴィルパン内相は大統領選への出馬は考えていないとのこと。

参照:Le Mondeの記事
「Sarkozy impulse une strategie presidentielle fondee sur un discours de rupture」
スポンサーサイト
コメント
フランスでどれだけ伝えられているかわかりませんが、日本はいま参院選の真っ最中で連日マスコミでは自民党の郵政反対議員と小泉総理の対決が面白おかしく伝えられています。下馬評では自民の圧勝のようで、わたしはすでにこの選挙に冷めてしまってます。それでもマスコミは「刺客」の女性候補を大々的にとりあげはしゃぎまわっています。今朝ウチの最寄駅には「新党日本」の代表となった田中康夫知事が駅頭で通勤客に握手作戦を繰り広げていました。一瞬記念に握手でもしてみようかと考えましたが、「なんとなくクリスタル」も読んだことないのでやめときました。
【2005/09/05 10:04】 | pianoman in Matsudo #- | [edit]
はじめまして!
FC2つながりでこちらに辿り着きました。

シラク大統領入院のニュースを聞いた瞬間、サルコジ氏のほくそ笑む顔が頭に浮かんでしまいました。別に彼に何をされた訳でもないのですが(笑)、この名前に過敏と言える位に反応してしまう私です。。。

弁護士出身で弁の立つことこの上ないですから、国民が彼の発言に踊らされても仕方ないことかも知れませんね。あの『販促活動』を見ていると、本気で苛立ってしまいます。

LES INCONNUS(フランスにお住まいなら多分ご存知かと。。。)のスケッチで、政治家の選挙広告を題材にしたものがあるんですが、その中で「Il faut jamais traiter les gens cons, mais faut pas oublier qu'ils le sont.」って言うのがあるんですが、まさに!ですね。
【2005/09/05 18:08】 | yuc #ek/jDrEE | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/09/05 18:32】 | # | [edit]
>pianomanさん
「新党日本」っていう党もあるんですね…もうワケワカラン。
どこの国も政治はメディアゲーム化していますね。しかし日本の場合は、政治家がメディアを利用するというより、逆にメディアで目立った人、知名度が高い人が勝つようになっているような気がします。どっちにしても有権者がメディアに左右されていることには変わりないかもしれませんが。

田中康夫~~~!「なんとなくクリスタル」は、私も読んだことがないです。話題になった頃、キモイような気がして読まず嫌いでした。
【2005/09/05 21:15】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
>yucさん
はじめまして。

yucさんもアンチ・サルコジですか(笑)。

「販促活動」、まさにそうですね。
この夏、海辺でUMPの名前入りボールペンやらフリスビーを若い党員たちに配らせたそうで、アメリカ式キャンペーンか、商業的キャンペーンのようだなと思いました。

Les Inconnus、面白いですよね。
私は、言葉の問題が大きくてフランスのユーモアってわからないものが多いのですが、彼らのは爆笑できます。
【2005/09/05 21:20】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2005/09/06 09:42】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/161-8e14d9e2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。