スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Le "contrat nouvelles embauches" (CNE)

 2005-08-04
9月1日から施行と言われていた「新雇用契約」(でいいのかな?)が今日、8月4日からに前倒しとなりました。

これは従業員20人以下の会社に適応可能な契約で、この契約ならCDI(Contrat Duree indetermine:無期限契約)雇用でも、2年の間ならいつでも会社側から契約破棄(つまり解雇)することができるようになります。ただし、契約開始から6ヶ月間なら2週間前、6ヶ月以上なら4週間前に解雇予告をしなければいけません。そして、解雇に際して雇用者側はその理由を証明する必要はありません。被雇用者は解雇された場合、違約金または給付金をもらうことができます。

零細企業の雇用主はこの新雇用契約を歓迎。これからはフレキシブルに有用な人材を採用できるからだと思います。
対して労働組合は、雇用の不安定、契約の濫用の恐れなどを指摘。9月末に反対デモを呼びかけています。

雇用の不安定性に関しては、銀行でローンが組めなくなったり、賃貸住宅を借りるのに不利になったりするという影響も心配されています。
また、契約の濫用はすぐに思いつくことで、なにせ解雇理由を証明しなくてよいのですから、ひどい場合だと雇用者側の気分次第ということもあり得る。そして何より、会社が余計に保険を払わなければいけないCDD(Contrat Duree Determine:期限付き契約)の代わりにこのCNE(新雇用契約)を結ぶ可能性があります。CDDのところをCNEにするだけなら、この新しい契約形態によって雇用が増えるということにはならない、と社会党のオランド書記長は批判しています。そして、最初から期限がわかっているのに、表向き無期限契約として雇用されるのでは、労働者が裏切られるようなものでは…。

ところで、労働組合のデモが何故9月末か。それは今、ヴァカンスだから。
で、新雇用契約を前倒し施行したのも、内閣のヴァカンス前にやっちゃおうということだと思うけど、フランス国民の大半はもうすでにヴァカンスに出ている。今やっちゃえばそれだけ反発が少ない。という計算が働いているような気がしてなりません。

参考:Le Mondeの記事

※ちなみに今更ですが、このブログのフランス語はアクサン表記なしです。


それにしても、一緒に働いているフランス人と話していてイヤになるのは、雇用主は、労働者を搾取をしようとするものだと思っているらしいところ。(私たちの雇用主はそういうお人柄ではなさそうなのですが…。)ただ彼女がそういう考えなだけかもしれないし、フランス人の一般的な風潮かどうかわかりません。でも労働組合がこれだけ強いところをみると、やはり一般的にそう考える傾向があるみたいです。労働者は雇用主よりも弱いから権利を主張して自己防衛しなくちゃダメだっていうのが前提。もうね、雇用主対労働者の対立構図、そういう単純な図式をイデオロギー化して普及させるのはそろそろやめようよ~って思うんですけど。
労働者が弱いのはいいけど、だからって権利の濫用はやめてほしい。そういうことをやっているから事態が硬直化する。対立は深まる。
その反面、労働者を搾取する悪い雇用主が存在するのは事実。そういう雇用主がまた対立構図のイメージを強固にするわけで。
雇用主と労働者の間に、ちゃんと信頼関係が築けるのが理想だなあ。

それにしても、この新雇用契約によって、クビにならないようにがんばろーって思って働くようになるのかな?なんかネガティブな反動でいやだなあ。そうやって脅かさないと働かないのかなあ。

うーむ、世の中には根性の悪いやつがいっぱいいるのかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
私は勤めだして六、七年になりますが、そのあいだいろいろなことを考えさせられました。雇用者と労働者の関係ですが、日本においても搾取の対象であることに変わりがないです。
で、おそらく状況は昔より厳しいようにおもわれます。実際にいろいろな人が入社しては辞め、あるいは解雇されるのをみるにつけ、やはり会社勤めにむかない人がいることは確かです。そのなかでも近年非常に目につくのが精神的病による通勤不能の人です。わたしの実感ですが、いま日本のサラリーマンの15人に一人くらいは鬱に代表される精神病者ないしその予備軍なのではないでしょうか。大企業でこういう人たちがどういう扱いをうけているのかわからないのですが、私が勤めているような中小ないし零細企業の経営者の認識は鬱なんて病気の存在すらみとめない、それはただの怠けだ、というきわめて粗雑なものです。しかし実際問題「病気じゃ大変だね好きなだけ休んでなおってからまたきてね」というわけにいかないのも事実です。昔はそういう人もなんとなく会社に残ることができたのでしょうが、いまはなかなか難しい。
で、こんなにも心の病を抱える人が増えた原因をわたしなりに考えると、大きくいってつぎのような点にあるのではないかとおもわれます。1.バブルの崩壊による経済状態の悪化。2.家庭の崩壊。3.終身雇用の崩壊。そしてこれらの問題の背景にはいずれも資本主義というシステムが横たわっている。そしてこれを変えるにはとてつもない革命運動が必要であるとされ、20世紀は社会主義という実験を行い失敗しました。
しかしいま日本ではこの資本主義のシステムにたいし未曾有の反体制運動が起きています。それは「少子化」という現象です。もちろんこれは誰かが扇動して起きたような現象ではありません。むしろ個々人の理由は「子どもに金をつかうぐらいなら自分たちだけで使いたい(これは実際に会社にいる既婚女性の意見です)」といった利己的なものというべきでしょう。しかし別の見方をすれば、これは労働力の再生産を停止するというマルクスもレーニンも思いつかなかったような究極の労働運動なのではないでしょうか。この静かな変動に比べれば、60年代・70年代の学生運動などはその非徹底性といい、子どもの遊びに見えてきます。なぜならこれまで革命家を自称する人たちは革命がいまだ実現していないにも関わらず、そういう社会に平気で次世代の労働力として搾取の対象となる子どもを産みつづけてきたからです。
この未曾有の革命運動がどういう帰結を齎すのかいまのところまだ先は見えませんが。この現象に対し国家や資本主義が税制をはじめとするシステム的問題に対応を迫られるのは間違いないでしょう。そのときに資本主義の矛盾を解消するような方向に向かえばいいのですが……
【2005/08/05 02:46】 | pianoman in Matsudo #- | [edit]
日本の近年の労働者は搾取されているという、一種被害者的意識が薄いように思います。労働者の権利もあまり主張されないし。フランスの労働者にはサービス残業なんて考えられないほどの「悪」です。それは精神的な面での違いもあるだろうし、歴史的な面での違いもあると思います。フランスって20世紀の初めには労働者がヴァカンスを「勝ち取った」国ですもの。

日本は昔から鬱傾向の大きい土壌ですね。それが不景気により色々なところで締め付けられて、追い討ちをかけられている感じがします。

少子化現象は明らかに経済システムに影響を及ぼすものだと思いますが、何かがおかしいような気がします。知り合いのフランス人は「僕は子供を作らない。人間の集団自殺に参加するんだ」と言っていました。日本経済は確実に破綻するとずっと言われ続けていますが、どこかで何かを変えていかないと国自体が破綻するような気がします。
【2005/08/06 00:30】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]
思うに少子化現象はある意味で「集団自殺」に近い面をもっているとおもいます。そこで、思い出すのが昭和初期に起きた「死のう団」事件です。この事件が革命と形而上学の交差点であることを見抜いたのは埴谷雄高だけでした。そして埴谷自身も子どもを作らないことを積極的に実践した人です。まあ「少子化」は平成の「死のう団」ともいえるかもしれません。そういえば日本の自殺者はついに年間三万人にも達したそうで、これは先進国でも異常な数字だと思うんですけど。やはり問題はもはや金のことではなく、生死を賭した形而上学的、実存的領域に移りつつあるというべきでしょうか。しかしこの状況はある意味で戦争前夜のきな臭さを感じさせる部分もあって危険なものでもあります。いま日本に必要なのはバタイユ的埴谷雄高の登場かもしれませんねえ。
【2005/08/06 07:40】 | pianoman in Matsudo #- | [edit]
「産業革命」ってなんで「革命」なんだろ、ただ生産技術が新しくなってそれに伴った社会の変化なのに…って子供の頃はぼんやり思ってました。革命って市民蜂起という印象が強くて。しかしそこからシステムががらっと変わってしまったわけで、やっぱりすごい革命だったんですよね。意図して起こったわけではなく、小文字のhistoireの集まりで成り行きでそうなったのだとしても、歴史を通してみるとやっぱり前時代との断絶。同じくらい大きな変革はいつ起こるのでしょうか。それともすでに起こりつつあるのでしょうか。「ある意味で戦争前夜のきな臭さを感じさせる」というのは、pianomanさんが言わんとしている完全な意味でかどうかはわかりませんが、なんとなくわかる気がします。
でも「バタイユ的埴谷雄高」は全然わかりまへん…。
【2005/08/06 15:16】 | shiba #h/1ZVhMA | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/138-b45d0e04
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。