スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Paris plage

 2005-07-21
今日からParis plage開催です。
今年ではや4年目。

20050721231259.jpgParis plageとは、「パリ・プラージュ」と読み、「パリ・ビーチ」という意味。夏の間だけセーヌ河岸の車道を通行止めにして、ビーチにするというイベントです。
本当の目的は車道閉鎖による大気汚染の抑制、だったはず。このParis plageが始まる前年は、ただ歩行者天国にしただけでした。セーヌ河岸をゆっくりと散歩したり、ジョギングしたり、ローラーブレードをしたり、いろいろと楽しんでくださいという触れ込みでしたが、実際はあまり人気がなかった。そして付近のレストランやカフェも「人が減って売上げがガタ落ち」と不満顔でした。そこでもっと人が集まって楽しめるようなものにしよう、ということで始まったのがParis plage。これが大成功で、パリの夏の恒例行事となりつつあります。観光客が楽しめるのはもちろん、実はヴァカンスに行かない(または行けない)でパリに残る人も多いのですが、そういった人たちのためのイベントでもあります。昨年は延べ390万近い人がこのセーヌ河岸のビーチを訪れたそうです。

年々、少しずつアイデアが増えていくこのイベント。砂浜にデッキチェア、ハンモック、プール、水しぶきの通路、フリークライミング体験などの他、今年は川に浮かぶレストランや文庫本貸し出し、手漕ぎボート(1895年以来セーヌ川上では禁止されていたそうです)、FNAC主催のコンサートなどが加わったそうです。
そして今年はフランスにおけるブラジル年ということで、緑と黄色を基調とし、ブラジル料理やサンバ、カポエラ(武術舞踊)などが楽しめるとか。
それから、3年前からコロンビア反政府ゲリラに拉致されているイングリッド・ベタンクールさんとその家族の方たちを支援するスペースも設けられています。

実は私、毎夏パリに居残っているのに、一度もParis plageに行ったことがない。行ったことのある人に聞くと、ものすごい人込みでうんざりするのだとか。午前中や夜だったら少し空いているのかな?
今年は、太極拳スペースもあるらしいので、Paris plage初体験してこようかなと思っています。
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://hibinoawa.blog10.fc2.com/tb.php/126-82dd569f
  • 21日、セーヌ川右岸に“パリ・プラージュ”がオープン【??blog】
    {/kaeru_fine/}パリ市長「21日、セーヌ川右岸に“パリ・プラージュ”がオープン」讀読新聞「パリのブラジャー?」{/kaeru_fine/}パリ市長「セーヌ川中州のシテ島の対岸に4キロにわたり、約2000トンの砂を運び込み、60本のヤシの木、200の寝いすを設置」讀読新聞「寝いす?泊
【2005/07/22 11:58】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。