スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ゲルハルト・リヒター展「パノラマ」@ポンピドゥーセンター

 2012-07-31
affiche-RICHTER.jpgすごくよいとの評判をちらっと聞いたので、行ってみたかったリヒター展。ポンピドゥーセンター年間会員の夫と一緒に行くと無料で入れるので、誘ってみたら、なんとなく気が乗らなそうな返事…で、行くのがのびのびになっていました。
そのうち、OVNI(在仏日本人向け無料新聞)に載っていた批評を読んで「別に見逃してもいいや…」という気になっていたのですが、夫が「ヴァカンスから帰ってきたら、残りの開催日数が少なくなるから、今行こう」とようやく重い腰をあげたので、ぶらぶらと散歩がてらにポンピドゥーへ。(とか言いつつ、「観光シーズンだから、もし混んでたらやめよう」と若干弱気。)

思いのほか人はそれほど多くなく、すんなり入れました。しかし入って5分、夫は「ここはさっと見て回って、下の常設展を見に行くから、30分後に本屋で」と私を置いてきぼり…。彼はある程度リヒターの作品を知っていたし、今回の展示にあんまりピンとこなかったのでしょうね。

しかしそういう私も、なんだかすぐに飽きてしまった。いくつか「いいな」と思うものはあったのですが…。
先に批評を読んでしまったから、それに影響されたのか?…いやいや、やっぱりなんだか綺麗すぎてガツンとくるものがないんですよ。あくまでも個人的な感想ですけれどね。

1617_Art-Juin.jpgとにかく筆さばきに長け、色彩バランスに長け、美的感覚に長けているアーティストなのだという印象。いや、ほんと、その点は文句なく素晴らしいです。でもどこか「器用貧乏」な感じ…。

自身の過去、家族の記憶、戦争の傷跡などが垣間見えるときは、たしかに少しはっとさせられます。例えば、写真をもとに、写真のような写実的な描写をベースにしたモノクロ(グレー)基調の作品、ナチスの軍服を来て微笑んでいる叔父の絵など。また、「1977年10月18日」というシリーズは、ドイツにおいて歴史的・政治的に重要な事件、赤軍派のリーダー他4人が刑務所内で自殺した事件に関連した作品で、印象的でした。しかし、他の作品群との関連性・一貫性はなく、なぜその事件をモチーフとして制作したのかよくわからない。絵そのものから何か伝わってくるのかというと、あまりそういう感じもせず、ただ見ているこちら側の知識や興味の対象に呼応して特別な印象を喚起させられているだけという気も…。例えば、爆弾を投下する戦闘機群の絵には、私は特に何も感じませんでした。他のリヒターの個人史に関する作品と違って、それはどこか客観的な観点からの作品だったからかもしれません。ナチス時代のドイツなど、彼自身、過去について何か複雑なものがあるのかもしれませんが、それはあまり表面にでてこない。心理的に辛いのでフタをしてしまっているのか…とにかく、彼にとってこれらの過去はアーティストとして表現する対象にならないのでしょう。それはそれで勿論アリだと思います。でも…うーん、全体的に一(いち)アーティストとして何かどこか薄いというか弱いというか…。
自分にとっては、とりあえずリヒターの作品を知っておくのにはよい展覧会でした。以上。という感じ。(いや、だからね、あくまで個人的な感想ですよ…。)

「ドイツのポップアート」と呼ばれた時代が彼にとって一番よかったのではないでしょうか。ポップで軽くいられた時代が。
Bougie Gerhard Richterちなみにポップ関連で言えば、Sonic Youthのアルバム、「Daydream Nation」のジャケットがリヒターなことに今回初めて気がつきました☆








スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。