スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

福島原発事故のレベル7への引き上げ報道(フランスの)について

 2011-04-13
うーん、なんかやっぱり思うことを簡潔に記すことができたらいいのに、思ったまんまでつぶやくと全然考えてることが伝わらないのは当たり前。
なので、福島原発事故のレベル7引き上げ報道で、なんか違和感あったことについて。

レベル7への引き上げは、どこかでさらっと読んで(新聞はネット版ばかりなので目を通したのはタイトルだけってのは多い今日この頃)、「うーん」(「やっぱり」?「とうとう」?)って唸って、それはIAEAが決定したものだと勝手に思ってたんですね。そしたら、ル・モンドで「IAEA(フランス語表記ではAIEA)とIRNS(フランス原子力安全委員会)がレベル7引き上げに驚いている」っていう記事があって、「は?どういうこと?」って理解できなくて記事を読んでみました。そうしたら、チェルノブイリと同レベルへの引き上げは日本の原子力安全委員会が決定したもので、IRNSなんかは「チェルノブイリ事故とは比較にならない」ってことを強調して、困惑しているみたいなことを前面に出して書いてある。そこで「ん?」って思いました。

福島原発事故が起こってから、フランスでは当初、原発推進派の政府が「大丈夫」って言ってたものの、すぐに懸念を表明して、「やっぱりヤバいんじゃん!チェルノブイリみたいになっちまう!」っていう雰囲気だったのです。うちにはテレビがないのでわからないんですが、多分、不安をあおる報道がされてたと思います。周りのフランス人の反応みると、そんな感じです。その頃、日本では、福島原発から放出された放射能の影響は、東京では「人体に影響ない程度」と言われ、とっとと関東脱出したフランス人含めたヨーロッパ人たち(領事館、大使館含め)は白眼視されてました。

それがここへきて、「安全」「影響なし」って言い続けて来た日本が事故の状況を見直してレベルを引き上げ、「チェルノブイリ悪夢」を彷彿とさせてたフランスのメディアが「フランス原子力委員会は驚いてます」「チェルノブイリとは比較になりません」って報道してる。フランスメディアの、この手のひらを返したような態度の変化はなんだ?って。

ひとつには、フランス原子力委員会は基本的に原発推進派なので(安全を監視するのは、原発を擁護するため、原発が安全でないと困るから)、もともとそういう態度ではあった。チェルノブイリのトラウマのあるフランス国民に「チェルノブイリとは構造が違うので、飛散した放射線量も格段に少ないのです」と繰り返し説明していました。ただ、「とっても危険だよ~」というのが一般の理解という雰囲気の中で、IRNSは一生懸命説き伏せているという感じでした。それが、レベル引き上げの報道に伴って、「本当はそれほどひどくない」と思わせるような記事が普通に出てる。これは、フランス国内はもちろん、世界が原発反対に動くと困るからではないか、世論を反原発に向かせないようにという意向が働いているのではないか…と思いました。
いや、もしかしたら、私があまりたくさんニュースを拾ってないので、たまたまそう感じただけかもしれないけれどね。
メディアの世論操作みたいなものに流されないよう気をつけねば。
(ちなみに、ル・モンドの件の記事はこちら。今朝の時点では「AIEA et IRNS supris par la releve vers le niveau 7」とかそんなタイトルだったのが、いつの間にかもっとニュートラルなタイトルに書き換えられてた。)

で、日本の新聞でも同様記事があったので読んでみたら、朝日新聞の記事ではル・モンドの記事とどこか食い違ってる感じでした。私の読み間違いだったのかも?そのあと、毎日新聞の記事では、ル・モンドの内容と整合性があって納得。

「納得」って、別にIAEAの事務次長の言に納得したわけじゃないですけど。IRNSが今まで言ってきたのと同じこと言ってるし。
そして、上にも書きましたが、基本、「原子力安全委員会」なるものは原子力推進派・擁護派だと思ってますから、100%は信用してません。

しかし、日本の原子力安全委員会・保安院とIAEAの間に歩調のずれがあるのも気になる。日本がどこか独走してるのか…それとも各国に任せてそういうものなのか?原発みたいな危ないものは、もっと世界的に協力しあってるもんだと思ってました。

余談ですが、新聞によって書き方違うので、いくつも読んだ方がいいですね…と改めて感じました。もちろん、新聞だけじゃなく、他からも情報収集した方が良いけど。
(そういう私は、最近はル・モンド一辺倒。リベはちょっと読みにくいし、フィガロはある意味で読めない。)

しかし、今まで必死に「大丈夫です」って言い続けてきた日本がレベルを引き上げた…ってのは、白旗?
とうとう非を認めた?
これからの被害を抑えるための真剣な一歩であればよいのですが。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。