スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

Beaujolais Nouveau 2010

 2010-11-24
そういや今年、まだ飲んでない。

某有名京都在住フードフリーライター&ブロガーのブログで、大型電気店に「ボージョレヌーヴォー」と看板が掲げてあって、正しい発音表記に感動、尊敬した…って書いてあったけど、まあたしかに日本で一般にカタカナ表記されるように「ボジョレー」ではないとしても、「ボージョレ」って日本語にすると最初の「ボ」が強まってイントネーション的にヘンな発音になる気がするがどうか。「ボジョレ」っていうのが一番近いのかも。

で、せっかく解禁日はお休みだったっていうのに、なんか毎日冴えない天気だし夕方5時半にはもう暗いし、Eは風邪ひいて寝込んでるし…って、だらだらしてて試飲会などには行きませんでした。なんかねえ、お祭りモノだし、一人で行ってもつまんないだろうし。いつもお誘いする友人に声をかけそびれたし。Eの行きつけのワイン屋の隣の料理専門本屋まで行ったのに、ワイン屋の前は中をのぞき見つつ通り過ぎた。

そのワイン屋の並びの本屋はメトロを乗り継いで小1時間かかるところなのだけど、前の週に寄ったときに見つけた本がどうしても読みたくなってわざわざ買いに行ったのでした。Alice Feiringの「La bataille du vin et de l'amour : comment j'ai sauve le monde de la parkerisation」です。ぐぐってみたけど、日本語には訳されてなさそう。この著者はワインライターなんだけど、日本では知られていないみたいだし。しかし、読み出したら止まらず、めちゃめちゃ面白い。こういう本、書きたいねえ。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。