スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

フィヨン内閣再編成

 2010-11-15
夏休み前に友人が「10月に内閣再編成があるらしい。これは確かな情報」って言っていたけれど、なんかそんな気配ないような…って思っていたら、先週くらいから再編成の話題が浮上、昨日突然(でもないのかな?)フィヨン首相が辞表を出してサルコジに受理されたけど、また首相に任命されて内閣再編成…って、ル・モンドのサイトのトップをさっき見て知って、なんかあっという間の出来事でびっくり。(っていうか、やっぱり前触れあったのかな?知らなかったの私だけ?)

そもそも夏休み前に再編成の噂が出たのも、国民が今の政権に色々と失望して(ベタンクールの献金疑惑とか)やばい感じになってきたからだった。でもそれが夏休み後もずっと続いて(ジプシーたちの強制送還とか)、9月からずっと続いていたストも年金改革への反対ってだけでなく、政府に対する不信と不満がつもっていたせいだし、いつ再編成してもおかしくなかったんだよね、考えてみれば。だけど再編成って私は思いつかなかったなー、なぜか。サルコジが意固地な感じしたし。

で、今回の再編成では、新顔もなくて、面子はかわりばえしないようだけど、ル・モンドがまとめていたポイントによると、まず「移民省」がなくなったというのが大きい。あれ(正式名称なんだっけ、アイデンティティとなんたら、長いし気に入らないのでちゃんと覚えてない)はサルコジ政権で鳴り物入りで新設置だったのになあ。結局、現政権の極右寄り傾向による移民政策は外人排除の色が濃くって、今回の移民省削除はそれが全くの失敗だったということを暗に認めたことになるよなあ。前と同じく内務省の管轄になるそうな。

それと、「ouverture」とか言って一生懸命社会党から内閣に人材をひっぱってきたサルコジの挑発もこれで終わりらしい。2007年の大統領選の真っ最中に、ロワイヤル候補のお膝元からサルコジに寝返ったベッソンは別として。っていうか、もう誰も彼を左派だなんて思ってないよなー。UMPに所属してるし。

ラシダ・ダティとかラマ・ヤドみたいに、サルコジが自慢げに内閣に入れていた、いわゆるマイノリティ、移民系の目立つ任命もなし。

なんかサルコジが大統領の座についた当初は色々と「新しいことをやるぞ」って息巻いていたわりには、結局そういうのは失敗に終わって、昔のような構造に落ち着いた…って気がするんだけど。

って、いったいなんだったんだ!
単なるこけおどしか?

そろそろ次の大統領選が視野に入ってきたから、慌ててるんだろうなー。
ふんどし締めなおし?って感じ?

しかしこれで安定しちゃうと、再来年、忘れっぽい国民がまたふらーっとサルコジに投票するかもわからん。

フランス国民よ、もうちょっと記憶力養ってくれ給えよ。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。