スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ヴァカンスとか近況とか

 2010-09-11
ヴァカンスも終わってはや3週間、もう9月も半ばに近づいてきました。
9月に入ってすぐ、パリは涼しくなったなーと思ったけれど、意外やまだちょっぴり暑い。
でも、夏の太陽の光とはやっぱり違ってて、ヴァカンスなんて遠い昔の話みたい…。

実は気が変わってニューカレドニアに行きました。
P1060496-2.jpg

…というのはもちろん嘘です。

いやあ、私にしてはめずらしく泳ぐ気になったくらい、すっごく良い天気に恵まれた幸運な日がありまして、その日の写真を見てみたら、空も海もきれいで、昔行ったニューカレドニアみたーい…なんて思ったのですが、そんなことないかな?
ニューカレドニアにもイル・ドゥ・パン、つまり松島があったし。

ブルターニュの田舎に3週間引っ込んでいましたが、サンマロの近くに住む友達のうちへ遊びにも行きました。
そこのうちに猫が4匹いて、猫アレルギー気味な私はちょっと辛かったけれど、一番チビの黒猫がいたずらっこで可愛かった!
P1060567-2.jpg
P1060573-2.jpg
その友達のところで、Eの少年時代の友人たちも呼んでご飯を食べたのですが…いやあ、びっくりしました。
はじめ、シャンパンで乾杯したのですが、私の隣に座っていた人が「悪いけど僕は赤ワインが飲みたい」と言って、その人の彼女が持って来たワインをあけていて、「ふーん」…って何の気なしにラベルをちらっと見たら!!!
えええ、なにこの超有名シャトーのワイン!?
…という、ボルドーワインでした。素知らぬふりをしつつ、内心すげーびっくりしました。
実は、その彼女というのが、某有名グループのオーナーの娘でして、そのグループは色々やってまして、ボルドーの某有名シャトーも経営しているのです。(ここまで書くと、わかる人にはわかるんだろうな。)
まあ、もちろん、一番下のクラスのワインだったけどね。
2005年、ボルドーはすごく良い年だったはずだけど、別にふつーのワインでした。
って、私にはあんまり味がわからんのと、カラフにうつしたといってもすぐ飲んじゃったからワインがひらいてなかったのでしょう。あーあ、もったいなーい。
私の隣に座っていた彼は、「僕、ワインのことは全然知らないんだけどね、このシャトーのワインは3クラスあって、それぞれ味が違うんだよね。一番上のクラスのはすごく美味しかったなあ」って言っていたけど、そりゃあそうでしょうねえ。後でパリに帰ってからラヴィニアで見たら、その「一番上のクラス」らしきワインは鍵付きショーケースに入っていて、いつも買うワインと桁が違いました。げらげら。

もうひとつ、わかる人にはわかるだろう話なんですが、最近、区役所でpublication des bansがあったらしく、住所が貼り出されているみたいで、知らない人からいっぱい郵便が届くのがおもしろい。売り込みカメラマンばっかりだけど。
スポンサーサイト
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。